【インタビュー】

テレビ屋の声 - 第18回 フジ・竹内誠氏、『ワイドナショー』と今年の『27時間テレビ』が生放送でない理由

1 中居正広に前室で呼び止められ…

  • <<
  • <

1/3

注目を集めるテレビ番組のディレクター、プロデューサー、放送作家、脚本家たちを、プロフェッショナルとしての尊敬の念を込めて"テレビ屋"と呼び、作り手の素顔を通して、番組の面白さを探っていく連載インタビュー「テレビ屋の声」

今回の"テレビ屋"は、『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~)をはじめ、ダウンタウン・松本人志の出演番組で演出を担当し、今週末に放送される大型特番『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(9月9日18:30~10日21:24)の総合演出を務めるフジテレビの竹内誠氏。ニュースや時事ネタを扱う『ワイドナショー』も、内容を大幅に刷新する今年の『27時間テレビ』も、生放送の方がハマりそうなイメージだが、いずれも事前収録で制作されている。その狙いは何か――。


竹内 誠
1971年兵庫県神戸市出身。神戸大学法学部卒業後、96年に毎日放送入社。05年にフジテレビジョンに入社し、現在は『ワイドナショー』『IPPPONグランプリ』『人志松本のすべらない話』『下がり上がり』などで演出を担当。

――当連載に前回登場したTBSテレビの合田隆信さんが、フジテレビが厳しい状況の中で、『ワイドナショー』や『IPPONグランプリ』といった良い番組を作り続けている原動力を聞きたいと言っていました。

いやいや、松本人志さんがすごいんです(笑)

――フジテレビの前はMBS(毎日放送)にいて、一時期TBSで合田さんの下でお仕事をされていたそうですね。

MBSでは、東京支社に移ってから制作会社のイーストで『ジャングルTV~タモリの法則~』(1994~2002年)に1年いて、ひょんなことからTBSに来て、合田さんの『学校へ行こう!』(97~05年)や、TOKIOさんの24時間特番『ファイトTV24』(01年)をやりました。その後、MBSに戻って『ダウンタウン・セブン』(01~03年)で初めて松本さんとお仕事させていただき、それが1年半で終わってしまい、またイーストに戻って、島田紳助さんの『世界バリバリ★バリュー』(03~08年)の立ち上げをやりました。その後フジテレビの中途採用試験を受けたんです。

――もともとフジテレビに行きたいという思いがあったのですか?

子供の頃から憧れていましたからね。昔は8チャンしか見ていませんでした(笑)。最初は宮道(治朗)さん(現・コンテンツ事業センタープロデュース事業室長兼VR事業部長)の下で『ネプリーグ』の立ち上げを手伝って、くりぃむしちゅーさんの『ヴァケスケ』(05~06年)や、『とんねるずのみなさんのおかげでした』をやった後に、『人志松本の○○な話』(09~12年)で久々に松本さんとご一緒にさせていただき、その年に『IPPONグランプリ』も始まって、13年から『ワイドナショー』が始まりました。

――最初は深夜で始まって、異例の60分枠でしたよね。

そこはちょっと強引に枠を取りました。30分じゃ話しきれないですからね。

――その後、『笑っていいとも!増刊号』終了後の今の時間帯に移動して、すっかり定着しました。ズバリ、人気の秘密はなんでしょうか?

松本さんの力というのはもちろんですけど、「おじさんたちは話したいんだなぁ」という感じがありますね。武田鉄矢さんが収録終わりにクロークで「今日俺たち頑張ったよなぁ!」って言ってくれたんですよ。それを聞いて、「この番組はおじさんたちが引っ張っていくかも」と思ったんです。そしたら、泉谷しげるさんも「しゃべりやすいなぁ」と言ってくれて。中居正広さんはおじさんじゃないですが、最初の収録終わりに前室で呼び止められて「また呼んで、竹内くん」と言ってくれたので、準レギュラーになっていただきました。

――コメンテーターの皆さんがしゃべりやすい環境があるんですね。

もちろんそういう環境づくりは僕たちの仕事なんですけど、実はもともとニュースや時事問題についてしゃべりたい思いがあって、その場を『ワイドナショー』で得たんじゃないですかね。皆さん、びっくりするくらいお話しいただけるんですよ。

――長嶋一茂さんや石原良純さんは、テレビ朝日の情報番組でもコメンテーターをされていますが、『ワイドナショー』での方が生き生きとしている印象があります。

普通の情報番組のように、生放送も何回かやったんですけど、皆さんコメントにストッパーがかかるんですよね。収録だとたっぷりしゃべっお話しされて、終わってから「あれ、切っておいて」とも言われないので、「じゃあ生でもしゃべれるじゃないか!」って思ったりもするんですけど(笑)

――やはり構えてしまうんでしょうね(笑)。日曜午前への進出当初「ワイドナショー浮上のカギは生放送」なんて書いてるメディアもありましたが、今後も収録のスタイルがいいんですね。

金曜の夜に収録して、土曜の夜には仕上げますから、僕らが寝ずに頑張ればいいだけの話なので(笑)。だから、スタッフも体力のある若い人にどんどんチャンスを与えています。『ワイドナショー』は、ADからディレクターに昇格するのがすごく早くて、25歳でディレクターになってるスタッフもいますからね。

『ワイドナショー』(フジテレビ系、毎週日曜10:00~)
「普段スクープされる側の芸能人が個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」をコンセプトに、芸能ニュースや時事問題などの話題や人物を取り上げていく番組。
(C)フジテレビ

――収録はどれくらい回すんですか?

1時間15分の放送ですけど、1時間25分くらいですかね。オープニングでアイドリングトークをしてるところなどはちょっと切ったりしてますけど、他はほとんど使っています。

――コメンテーターの人選も絶妙だと思います。

これは僕らの力だけじゃなくて、"松本人志さんの歴史"というのが大きいと思います。武田鉄矢さんは紳助さんと仲良かったので、『松紳』(00~06年)などでつながりのあった松本さんとの相性の良さは、そこまでの歴史を感じます。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 中居正広に前室で呼び止められ…
(2) 松本人志は「ウソをつかない」
(3) 27時間テレビが終わったら"村上信五の時代"が来る
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事