【インタビュー】

千原ジュニアに、いま何が起きているのか? 「思い描いていた芸人像とズレがある」 - ブレない軸足支える話芸と妻の存在 【連載「話題の人」第3回】

1 『にけつッ!!』『チハラトーク』の違い

  • <<
  • <

1/3

『にけつッ!!』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週火曜24:54~)ではケンドーコバヤシ、毎月行われているトークライブ『チハラトーク』では兄・せいじを相手に、日常生活の様々な出来事を笑いに変える千原ジュニア(43)。いつも楽しませてもらいながら、何となく気になっていたことがあった。

お笑い芸人のみならず俳優としても活動し、2015年からはTBS系情報番組『ビビット』(毎週月~金8:00~9:55)でコメンテーターにも挑戦(現在火曜レギュラー)。Amazonプライムのオリジナル番組『千原◯ニアの◯◯-1GP』では企画会議から参加するなど、お笑い芸人の枠を越えての顔も目立っている。2014年に両国国技館で開催したバースデーライブでの落語が話題になったが、『チハラトーク』で兄・せいじから無茶ぶりされた「死神」を朗々と演じてみせたことも記憶に残っている。

お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニア 撮影:蔦野裕

そんな彼が9月21日・22日、東京・草月ホールで単独コントライブ「1P」(いちぴー)を開催する。お笑い芸人としての意欲を感じる一方、その告知コメントには違和感があった。「とにかくやりたいことをやる。『衝動に任せる』といった感じですね。ちょっとここ最近は大人しくしていたので、いろんな意味で“行こう”かなと」。一視聴者、一観客として見ていた彼を「大人しい」と感じたことはなかったからだ。

ジュニアの仕事を「話芸」に集約するとすれば、その原点や理念は一体何なのか。そして、彼自身が薄々感じ取っていた「大人しい」とは。それぞれの“職場”の違いや日常生活の過ごし方、2年前の結婚を経ての変化などから、その「話芸」の真髄に迫る。注目を集める人物に会いに行き、その人柄と言葉に触れるインタビュー連載「話題の人」の第3回は、話芸を磨き続ける芸人・千原ジュニア。

「全然ウケへん!」悪夢にうなされる夜

単独コントライブ「1P」告知ポスター

――「1P」目前ですが、現在はどのような状況ですか?(8月14日に取材)

やるコントがだいたい決まって、それを作り上げている感じですね。2日ありますが、それぞれ同じ内容を予定しています。基本的にはコントをメインとした構成で、これから細かいところを詰めていいきます。

――ソロライブの稽古は、どのようにしてやってらっしゃるんですか?

どうしようかなと思ってますね。「稽古」って不思議ですよね。立ってやるのか、座ってやるのか。ここまでガッツリ一人でコントをやるのは初めてなので……どうしようかな(笑)。でも、どこかのタイミングでやるんでしょうね。8月いっぱいはコントを作って、9月に入ってからそれぞれを磨いていくようなイメージです。

――8月12日放送の『王様のブランチ』(TBS系)にVTR出演した際は、「好きなことをやる」とおっしゃっていましたね。そのほか、何かテーマは決まっているのでしょうか?

「遠慮せずに」という感じです。一人で何かやりたいなと思って会場を押さえて、そこから考えたものばかり。「前からこのコントをやりたかった」みたいなことはありません。「1P 」はオナニー、「2P」はセックスですよね? そういう意味なので、「好きなようにやらせてもらっているのをお客さんに覗いてもらう」という感じです。

――今回のライブが決定し、コメントを出されていました。一視聴者として、「大人しい」印象はなかったのですがご自身としては思うところがあった。

何となく、「思い描いていた芸人像」とズレがあるというか。もっと好き勝手に楽しくやっているはずやったのになぁと。しがらみとかそういうことではなくて、「自分の脳ミソ」をさらけ出してないというか。自分が考えて面白いと思うものをたくさんの人に見てもらって、共有できたらなと。それで、ライブをしてみようかなとなりました。

ライブをやると決めたのは春ぐらいで、完全に思いつきです。一人でコントライブをしようと思って、空いている会場を探してもらいました。

――コンビのトークライブ「チハラトーク」でいつも使っている草月ホールですね。

いろんな劇場あるんですが、金土日あたりだと空いているのが2年後とか3年後とかなんですよ。このシステム、なんとかしてもらわれへんかなと。舞台なんて「衝動じゃないの?」と思うんですけど。

毎年同じ時期にやられる方もいらっしゃるんでしょうが、僕の場合はやりたくなったらやる。せめて1年ぐらい先までにしといてほしいなと思います。3年後に何をやりたいのかなんて、僕は決められないですもんね。

――別の劇場も検討されていたんですか?

コントに向いている劇場もあるので、そういうところでやってみてもいいのかなとは考えていました。

――「チハラトーク」を観ていて、改修工事後の草月ホールに戻った時に「やりやすい」とおっしゃっていましたね。てっきり、そういう理由でここに決められたのだと。

トークとしてはやりやすいんですけど、コントはそんなに……こんなこと言うとアレですけど(笑)。むちゃくちゃやりやすいわけではないです。

――「やりやすい」のは、具体的にどのような会場なんですか?

何なんでしょうね。なんとなく、肌感でやりやすいと感じるんだと思います。

――会場といえば、40歳の記念に2014年に国技館でライブを開催されましたね。

あれは、「5年後に何かをやるライブをやりませんか」とよしもとのスタッフが言うてきて、「それ、おもしろそうやね」と。それ込みが内容の一部というか。5年前に買った人は2,000円、4年前に買った人は3,000円みたいに高くなっていく設定でした。

――ところが今回は、ほとんどを一人でやる。企画性のあるライブと違って別の苦労がありそうですね。

むちゃくちゃ怖いですね。「全然ウケへん!」と悪夢にうなされて起きることもあります。毎回、ライブでそういうことは経験してきましたけど。逆に40歳記念ライブでそういうことはありませんでした。どちらかというとお祭り要素が強かった。

エピソードトークの源泉

――『チハラトーク』と『にけつッ!!』、いつも楽しく拝見しています。トークライブの前夜にうなされることは?

『チハラトーク』は、数日前に夢でうなされるなんて絶対にないです(笑)。

――『にけつッ!!』は?

『にけつッ!!』は……そうですね。これはこれで、『チハラトーク』とは違いますね。コバ(ケンドーコバヤシ)とはコンビじゃないので。せいじとは、お互い遠慮がまったくない。コバはコバのやり方があるし、それはこちらがとやかく言うことでもないわけで。コバの方が年上ですけど、俺の方が先輩ですし、その分気を使ってくれている部分もあると思います。そういう意味でも、『にけつッ!!』は不思議な番組ですね。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 『にけつッ!!』『チハラトーク』の違い
(2) 2回断った『ビビット』コメンテーター
(3) 結婚直後の突発性難聴と高熱
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事