【レポート】

WoT「第3次PCメーカー対抗トーナメント」連覇の王者GALLERIAに挑んだG-GEAR、白熱した勝負の行方は!? - TGS2017

1 グラドル倉持由香さん・吉田早希さんも参戦だ!

  • <<
  • <

1/3

Wargaming JAPANブースのおねいさん。「World of Tanks」を意識したコスチュームが似合う

連覇の王者GALLERIAチームへの挑戦権を賭けた勝ち抜き戦

東京ゲームショウ2017(TGS2017)の2日目となる9月22日、Wargaming JAPANブースでは、恒例となった「World of Tanks」(WoT)によるPCメーカー対抗トーナメントが行われた。

参加PCメーカー(チーム名)は、サードウェーブデジノス(GALLERIA)、DELL(ARIENWARE)、ツクモ(G-GEAR)、日本エイサー(PREDATOR)、日本HP(OMEN's7)、マウスコンピューター(G-Tune)、ユニットコム(LEVEL∞)の7メーカー。

2015年、2016年ともにGALLERIAチームが勝利を収めている関係か、2017年はGALLERIAチームを除く6チームがトーナメントを行い、その優勝チームがGALLERIAチームと対戦する、という形式に。第3次PCメーカー対抗トーナメントで勝利したチームは、WoTを運営するWargaming.net CEO率いるWargaming ALL Starsと戦うというルールも採用された。なお、例年のことだが、参加するPCメーカーは、外部から助っ人を呼んでもいいことになっている。

World of Tanksは、プレイヤー同士が戦車を駆使して戦う、多人数参加型オンラインゲーム。第3次PCメーカー対抗の基本ルールは7対7のBO3(先に二勝したほうが勝ち)、使用ティアはTier Xまでで、合計ポイントは70まで。ただしチーム内で重戦車、中戦車、軽戦車、駆逐戦車を必ず入れつつ戦車の重複はダメ。戦闘形式は攻撃/防衛戦モードで攻守の選択は、チームリーダーによるじゃんけんで決めるというものだ。

Wargaming JAPANブースでは恒例となったPCメーカー対抗トーナメントが行われた

今年はやや変則ルールで2年連覇のGALLERIAチームとの対戦をかけたトーナメントに

トーナメントルール。Tire 10車両を使用した攻撃/防衛戦で制限時間は7分。先に2勝した方が勝利

第1試合「LEVEL∞」vs「PREDATOR」

ユニットコムのLEVEL∞チームはテクニカルライターの高橋敏也氏とNVIDIAの高橋一則氏の高橋コンビ、そして同じくテクニカルライターの加藤勝明氏が助っ人として参入。一方の日本エイサー・PREDETORチームは助っ人なし。1戦目は攻撃側のLEVEL∞が同士討ちをするハプニングもあり、PREDATORが勝利。2戦目はLEVEL∞がうまくPREDATOR側の車両を落としていき、防御側のLEVEL∞が有利のまま進め勝利と、タイブレークに持ち込まれた。3戦目は中盤まで両者互角、白熱した試合展開となったものの、後半でLEVEL∞が押されPREDATORが初戦を勝ち取った。

ユニットコムの「LEVEL∞」チーム。2017年も戦国戦隊「イイヤマン」(ユニットコムのPCブランド「iiyama PC」のプロモーションキャラクター)のイイヤマンレッドがチームリーダーに

第2試合「G-Tune」vs「OMEN's7」

マウスコンピューターのG-Tuneチームはプロゲーマーのかずのこ氏、グラビアアイドルの"尻職人"こと倉持由香さん、"吉田山"こと吉田早希さんが助っ人に。一方のHPのOMEN's7は前回から一人を除いてメンバーを一新。OMEN by HPカラーの赤いユニフォームで気合いを入れるも、試合は一方的で第一、第二ともG-Tuneが勝利した。

OMEN's7チーム。OMEN by HPカラーの赤いユニフォームで統一

勝利したG-Tuneチームの助っ人(倉持由香さん、吉田早希さん)は記念撮影会。眼福でございます

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) グラドル倉持由香さん・吉田早希さんも参戦だ!
(2) 第3試合は「エイリアンvsプレデター」
(3) ガチ戦略で迎え撃つGALLERIA、WoT選手も助っ人に
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事