マイナビニュース | シゴト | 働き方

関連キーワード

イチオシ記事

職場に「この人のようになりたい」と思う人はいますか?

仕事でピンチのとき、いつもさりげなくフォローしてくれる頼もしい先輩。誰に対しても優しくて、会社のみんなから尊敬されている。私もこんな風になりたいなぁ。今回は、マイナビニュース会員501名に「職場に、この人のようになりたいと思う人はいますか?」と質問してみた。

[11:00 3/25]

新着記事

一覧

女性が仕事選びで重要視すること1位は「●●なく仕事ができる」

メディケア生命保険は3月24日、「イマドキ女子の結婚観・仕事観に関する調査2017」の結果を発表した。調査は3月1日~6日、全国の20歳~39歳の結婚願望のある未婚の有職女性1,000名を対象にインターネットで行われた。

[07:00 3/25]

【特別企画】「K・SWISS」のスニーカーで"オン"の着こなし - 起業家がチャレンジ

営業や出張など長く歩くことが多いビジネスマンであれば、「革靴よりもスニーカーを履きたい!」と思うことが多いだろう。ビジネスには革靴という固定概念がある一方で、シンプルで機能的なスニーカーをスタイリッシュに合わせる人も多い。特に、フットワークの軽さを求められるような業界では、堅苦しい革靴よりも好印象な場合もあるのではないだろうか。そこで今回は、2人の起業家の方に「オン」のビジネスの場でスニーカーを履きこなすならば、どんなコーディネートにしたいか、話を聞いてみた。

[18:03 3/24]

新着記事

一覧

働く女性93.1%が「女性が働くことは普通のこと」と回答

博報堂は3月23日、「働く女性(キャリジョ)の意識調査」の結果を発表した。調査は2月17日~20日、個人年収300万円以上の22~39歳の有職女性437名を対象に、インターネットリサーチで行われた。なお、対象エリアは、東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・神戸・広島・福岡。

[17:07 3/24]

スタジオジブリ、ブランド総合力ランキングで11年ぶりBtoC編首位獲得

日経BPコンサルティングは3月24日、国内のブランドを消費者とビジネスパーソンが評価する調査「ブランド・ジャパン2017」の結果を発表した。BtoC編の「総合力」ランキングでは、アニメーション制作の「スタジオジブリ」が92.8ポイント(偏差値)を獲得し、11年ぶり2回目の首位に返り咲いた。

[16:10 3/24]

【特別企画】天才を知ることで、天才を作る - 世界のジーニアスを紹介する「SAKIGAKE」編集長 安達夏紀

あなたは天才に出会ったことがあるだろうか。漠然とイメージすることができても実際にどのような人物なのかを知っている人は少ないのではないだろうか。2月に正式オープンした「SAKIGAKE」は、世界の文化や生活など常識を覆すような天才たちを紹介していくWEBメディア。世界中の天才と呼ばれる人々や起業家、最新テクノロジー、スタートアップ企業などを紹介していくことで、世界中の最新情報を知ることができるサイトだ。今回は「SAKIGAKE」初代編集長の安達夏紀氏に、同サイトの狙いと今後の展望について話を聞いた。【提供: SAKIGAKE】

[13:02 3/24]

外国人に聞いた「上司・部下・社長になってほしいマンガキャラ」

日本のポップカルチャーとして、海外でも高い人気を誇るマンガやアニメーション。日本にいる外国人の中には、「マンガが好きで日本に来た」「マンガで日本語を勉強した」という人も見受けられる。そこで今回は在日外国人20人に「直属の上司になってほしいマンガ・アニメキャラ」「部下になって欲しいキャラ」「社長になって欲しいキャラ」について聞いてみた。

[11:30 3/24]

会社からの評価に納得していない人は47.9% - その理由は?

頑張って働いているのに給料がなかなか上らない。もっときちんと評価してほしい! 人事評価でそんな不満を抱いたことはないだろうか。今回は、マイナビニュース会員のうち男女501名に「会社からの評価に納得していますか?」と質問してみた。

[11:00 3/24]

【特別企画】働く女性の赤裸々トーク炸裂! 女子会で飛び出した仕事・恋愛・結婚の本音とは?

とあるおしゃれなカフェに、3人の女性が集まろうとしていた。彼女らはSNSを通じて知り合った働く女性たち。長野県に住む一人の女性が「今度東京に行くので、みんなで集まりませんか」と呼びかけたことをきっかけに、女子会を開くことになったのだ。住むところも仕事もまったく異なる3人の女性たち。一体、どんな赤裸々なトークが繰り広げられるのだろうか……。

[12:37 3/23]

管理職になりたくないのはなぜ?

管理職に憧れ、 目標にしているという人もいるだろう。しかしその一方で、最近では「管理職になりたくない」という人も増えているという。そこで今回は、マイナビニュース会員501名のうち、管理職についていない394名に「管理職になりたいですか?」と質問してみた。

[11:00 3/23]

女性62%が「働く目的が変化したことがある」と回答 - きっかけは?

エン・ジャパンは3月16日、同社運営の女性向け求人サイト「エンウィメンズワーク」にて実施した、「働く目的」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は1月26日~2月22日、同サイトを利用する20~40代の女性630名を対象に、インターネットで行われた。

[09:37 3/23]

「プレミアムフライデー」をどう思う? - 在日外国人に聞いた

月末金曜日は午後3時に退社して、買い物や旅行などを楽しんでもらう官民連携のプロジェクト「プレミアムフライデー」。2月24日からスタートした同プロジェクトは経済活性化と働き方の意識改革を目的としたものだが、日本在住の外国人はどのように考えているのだろうか。

[07:30 3/23]

残業が最も少ない業種は「医療・福祉」 - 最も多いのは?

all engineer.jpは3月22日、同社が運営するサイト「fabcross for エンジニア」が実施した、残業に関するアンケート調査の結果を発表した。平均的な1カ月の残業時間を業種別に集計したところ、「教育、学習支援業」が29.5時間と最も多く、次いで「漁業」が26.8時間、「複合サービス事業」が23.8時間となった。

[16:35 3/22]

エイプリルフール、職場でウソをついたことある? 経験アリは32.7%

4月といえば、エイプリルフール! 1年のうち、4月1日だけはウソをついてもいいという風習のことです。プライベートでは、友人や恋人、家族に軽いウソをついて笑いあったりすることも多いかと思いますが、エイプリルフールを職場でも実践しちゃった人ってどのくらいいるの? ということで、マイナビニュース会員のうち働く男女504人にきいてみました。4月1日に職場でウソついたことある?

[16:19 3/22]

新入社員が取っていた許せない行動、2位「遅刻」 - 1位は?

マクロミルは3月22日、新入社員に対する社会人の意識調査の結果を発表した。調査期間は3月8日~9日、有効回答は20歳~69歳の公務員、経営者・役員、会社員(正社員)1,000人。

[16:15 3/22]

「残業検定」オープン - その時間、もしかして残業になるかも?

マイナビニュース シゴトチャンネルに、「残業検定」がオープンしました。弁護士監修による「残業検定」では、残業に関する全16問に回答すると、節約レベルが3段階で表示されます。結果ページの残業に関するチェックポイントやアドバイスを参考に、自分の働き方を振り返ってみてはいかがでしょうか。

[15:25 3/22]

派遣で働くメリット・デメリットは?

エン・ジャパンは3月16日、同社が運営するサイト「エン派遣」にて実施した、「派遣のメリット・デメリット」に関する調査の結果を発表した。調査は1月26日~2月22日、同サイトを利用するユーザー1,788名を対象に、インターネットによるアンケートで行われた。

[17:25 3/21]

子育てと親の介護の「ダブルケア」平均負担額は月8万1,848円

ソニー生命保険と横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 相馬直子准教授、ブリストル大学(英国) 社会・政治・国際学研究科 山下順子講師は3月17日、「ダブルケアに関する調査」の結果を発表した。調査は2016年10月29日~11月6日、全国の大学生以下の子どもを持つ父親・母親2,100名を対象にインターネットで行われた。

[17:43 3/17]

夫の残業時間、「60時間以上」が21.5%

リビングくらしHOW研究所は3月16日、夫の会社での「プレミアムフライデー」実施状況について、事後アンケートの結果を発表した。同調査は3月1日~5日、会社に勤める配偶者がいる女性762名を対象に、サンケイリビング新聞社のWebサイト「リビングWeb」にてアンケートが実施された。

[15:36 3/17]

中小企業の残業理由、1位は? - 2位「仕事量が多い」、3位「人員不足」

エン・ジャパンは3月17日、「残業」についてのアンケート調査結果を発表した。調査は1月25日~2月21日、運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」を利用する従業員数500名以下の企業364社を対象にインターネットで行われた。

[14:43 3/17]

管理職71.8%が「人材の多様化が起きている」と回答 - メリットは?

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)は3月16日、「ダイバーシティ時代の"管理職1,000人の本音"調査」の結果を発表した。調査は2月24日~25日、従業員100人以上の企業で働く管理職1,000名(男性978名、女性22名)を対象に、インターネットで行われた。

[12:20 3/17]

「働き方改革は世間で言われるほど推進されていない」が8割--グーグル調査

グーグルは3月15日、「働き方改革の現状」についての調査結果を発表した。調査は2月25日~26日、全国の20歳~59歳事務系正社員3,093人を対象に行われた。「Google Women Will Project」が、女性だけではなく、男性も含めた様々な人が働き方を変えるための課題と解決策を把握するため、現在の働き方改革の現状や、そのニーズについて調べたもの。

[18:41 3/15]

これだけは気をつけて! 新卒社員に気をつけて欲しいことランキング

気がつけば3月も半ば。入社日が近づいて、ドキドキしている新卒社員の方も多いのではないでしょうか。もうすぐ始まる社会人生活、学生の頃とはガラっと生活スタイルも変わり、覚えることもたくさんあるだろうと思います。そんな中でも、先輩社員が「新社会人よ! これだけは気をつけてくれ!」と思うことってどんなこと? そこで、マイナビニュース会員のうち、30代以上の働く男女に聞いてみました。

[15:34 3/15]

残業する理由、残業時間が多い人ほど「成果を出したい」

all engineer.jpは3月15日、同社が運営するサイト「fabcross for エンジニア」が実施した、残業に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は1月12日~19日、20~59歳の公務員・会社員1万145名を対象に、ネットリサーチで行われた。

[15:03 3/15]

プレミアムフライデー参加企業、売上げ増は27% - 働き方改革への効果は?

プレミアムフライデー推進協議会事務局は3月15日、「プレミアムフライデー」の実施状況に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は3月2日~7日、プレミアムフライデー推進協議会事務局への登録企業4,512社のうち回答のあった654社を対象にインターネットで行われた。

[14:47 3/15]

プレミアムフライデーに早帰りしたのは17% - 退社時間は?

プレミアムフライデー推進協議会事務局は3月15日、「プレミアムフライデー」の実施状況に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は2月27日~28日、全国の20~50代有職者2,015人を対象にインターネットで行われた。

[14:26 3/15]

新社会人が利用したことのあるネット副業サービスは?

もしもは3月15日、同社運営の調査機関「フリーキャリア総研」が実施した「新社会人の働き方」に関する調査結果を発表した。同調査は2月10日~17日、2017年度新社会人(1994年4月2日~1995年4月1日生まれ)の485名を対象に、インターネット調査(調査機関依頼)で行われた。

[13:11 3/15]

日米中韓の高校生、将来への願望が最も低かったのは?

国立青少年教育振興機構は3月13日、日本・米国・中国・韓国の普通科高校生徒を対象とした「高校生の勉強と生活に関する意識調査」の結果を発表した。調査の結果、日本の高校生は将来に対する願望が他国の高校生よりも低いことがわかった。調査期間は2016年9月~11月。

[10:49 3/15]

「家事や育児は協力してやっていると思う」、男女で意識のズレ

リサーチ・アンド・ディベロプメントは3月13日、「生活者総合ライフスタイル調査システム CORE 2017」の結果を発表した。調査時期は2016年10月、有効回答は首都圏に居住する18歳~79歳の個人3,000人。

[10:27 3/15]

子どもに就いてほしい職業ランキング1位は? - 2位医師、3位会社員、看護師

ソニー生命保険は3月14日、「子どもの教育資金に関する調査」の結果を発表した。

[16:40 3/14]

「飲み会の翌日、会社を遅刻・早退・ずる休み」経験は5人に1人

佐藤製薬は3月14日、「春のお花見直前、緊急アンケート~二日酔いで失敗しないために~」調査の結果を発表した。

[13:07 3/14]

バックナンバー

このカテゴリーについて (シゴト>働き方)

 トップへ
企業のあり方や人生の先輩たちから学べることや、仕事・キャリアの考え方、ビジネスパーソンの本音に迫る意識調査をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事