マイナビニュース | 企業IT | エンジニア学習支援

■ITエンジニア学習支援プログラム

スキルアップ・キャリアアップを考えるエンジニアを応援します!

現在マイナビニュースでは、転職エージェントの「マイナビエージェント」とともに、『ITエンジニア学習支援プログラム』を実施しています。
当プログラムにご応募いただいた方のうち、プログラム該当者の方に学習支援としてマイナビ出版が発行するオススメ書籍30冊以上の中から、ご希望の書籍(電子版)を3冊進呈します。詳細は、以下のご案内をご覧ください。


<応募期間>
2018年3月31日 23:59まで ※規定数に達し次第終了いたします。ご了承ください。

<進呈内容>
マイナビ出版が発行する所定のエンジニア向け書籍(電子版)からお好きな書籍を3冊。
※マイナビ出版の運営する電子書籍ストア「Tech Book Zone Manatee」からのダウンロードとなります。

<応募方法>
こちらのページの応募フォームよりご応募ください。
<プログラム該当者への連絡>
応募内容を精査の後、マイナビエージェントより電話・メールにてご連絡を差し上げます。

スペシャルPR

[12:52 11/10]

【特別企画】担当編集が推す! キャリアパスを考えるITエンジニアに読んでほしい書籍7選【前編】

「企業に求められる」「価値のある」エンジニアとして成長し続けていくには? 漫然とプログラミングをしているだけでなく、どうやってステップアップしていくか、若いうちから戦略的なキャリア設計を考える必要がある。しかし変化が激しいIT業界のなか、数年、十数年単位で自分の将来像を見据えるためにはどうすればよいのだろうか。

[15:52 11/1]

【特別企画】システムエンジニアの生存戦略! キャリアアドバイザーに訊く「スキルと考え方」

過去には「35歳定年説」などと言われていたITエンジニアですが、もはやそれは昔のこと。ITエンジニアを求める業界や市場が増え続けていることで人材不足は深刻化しており、現在は40・50代以降の方も活躍している状況です。とはいえ市場の移り変わりは早く、求められるスキルセットも変わり続けているのも事実。そういった状況で、これから先、「求められ続ける」「価値のあり続ける」エンジニアとして自分のキャリアを築いていくためにはどうすればよいのでしょうか。今回、キャリアの岐路に立つITエンジニアと人材を求める企業の間を取り持ち、転職をサポートし続けているキャリアアドバイザーに伺います。IT業界の最前線で働くエンジニアの転職支援をしてきたプロが考える、「ITエンジニアが生き残る」ためのヒントとは……?

[09:21 9/25]

【特別企画】ITエンジニア学習支援プログラム

現在マイナビニュースでは、転職エージェントの「マイナビエージェント」とともに、『ITエンジニア学習支援プログラム』を実施しています。当プログラムにご応募いただいた方のうち、プログラム該当者の方に学習支援としてマイナビ出版が発行するオススメ書籍30冊以上の中から、ご希望の書籍(電子版)を3冊進呈します。詳細は、記事末尾の案内をご覧ください。

関連記事

ゼロからはじめるAzure 第10回 Azure Machine Learningを始めよう(1)- MLStudioの使い方

Azure Machine Learning(以降AzureML)は数あるクラウド上の機械学習PaaSの中でも柔軟性の高い機械学習の開発環境です。本連載では4回に渡ってMLStudioを使用した基本的な機械学習実装から、Webサービスによる公開までをご紹介します。

[10:40 11/21]

ゼロからはじめてみる日本語プログラミング「なでしこ」 第16回 じゃんけんゲームを作ってみよう

筆者が海外旅行に行ったとき、地元の方とじゃんけんをする機会があり、呼び名こそ違うものの、同じルールで勝負できることが新鮮でした。そもそも、じゃんけんは、江戸時代から明治時代にかけて日本で成立し、近代に世界に広まったものだそうです。今回は、日本が世界に誇る「じゃんけん」ゲームのプログラムを作ってみましょう。

[10:34 11/20]

ゼロからはじめてみる日本語プログラミング「なでしこ」 第15回 サイコロとさまざまな擬似乱数

今回、取り上げるのは「乱数」です。乱数とは、サイコロのように、規則性がなく予測不能な数値のことです。一言で言うなら「デタラメな数」ですが、コンピューターでデタラメな数を生成するのは、なかなか難しいものです。と言うのも、コンピューターの良いところは、どんな処理でも文句一つ言わずに繰り返し実行してくれるところなので、急にデタラメにして欲しいと言っても難しいものなのです。

[10:30 11/6]

ゼロからはじめるAzure 第9回 WebJobsを使ったイベント駆動アプリ

タイマーやキュー、ファイルのアップロードのようなイベントをきっかけにアプリケーションを実行できるAzure Functionsと、WebJobsという2つのサービスを使って、イベント駆動アプリケーションの作り方や双方の違いを2回に分けて見ています。前回のAzure Functionsに続き、今回はWebJobsについて説明し、アプリケーションを作成していきます。

[09:10 11/6]

ゼロからはじめてみる日本語プログラミング「なでしこ」 第14回 日本語でシーザー暗号を解読してみよう

最近では機密情報の流出を防ぐため、大切なデータを保存する際には、暗号化して保存するようにと言われています。しかし、その際、どのような暗号化を行うかは重要な問題と言えます。今回は、暗号への理解を深めるために、世界で最も簡単な暗号である「シーザー暗号」を例にして、自作プログラムを作ってみましょう。

[13:54 10/23]

スペシャルPR

[09:21 9/25]

【特別企画】ITエンジニアがAIを学ぶならコレ!おすすめ書籍5選【書籍進呈あり】

AI時代にエンジニアに求められるスキルとはいったい何か? 本記事では、マイナビ出版より刊行しているエンジニア向けAI関連書籍のうち、直近数カ月の売れ筋からオススメ書籍を5冊ご紹介します。実際的に実装に使用できる言語にまつわる書籍、理論について詳細に書かれた書籍などいろいろですが、これらタイトルが売上ランキングの上位を占めている事実から類推しても、AIは避けて通れない、テクノロジートレンドと言えるでしょう。

関連記事

Web技術でデスクトップを開発するNW.js最新版v0.26.0が公開

今月18日、Webの技術を利用してデスクトップアプリを開発するフレームワーク「NW.js」の最新版v0.26.0が公開された。NW.jsを使うと、HTML/CSS/JavaScriptといったWebの技術を利用して、Windows/macOS/Linuxといった各OS向けのデスクトップアプリを開発することができる。NW.jsは、レンダリングエンジンにChromium(Google Chromeのオープンソース版)を利用しているため、Webの表現力を活かしたデスクトップアプリの開発が可能だ。

[13:13 10/23]

Pythonで学ぶ 基礎からの機械学習入門 第3回 教師なし学習・クラスタリングについて学ぼう

本連載では、プログラミング言語Pythonを用いて実際に手を動かしながら機械学習に触れ、機械学習でどんなことができるのかを紹介していきます。今回は、クラスタリングについて学びます。

[11:00 10/19]

ゼロからはじめるDocker 第2回 Dockerをインストールしてみよう

Dockerをコマンドではなくブラウザから管理することができるRancherやportainerといったWebアプリケーションも登場している。しかしこれらを有効に利用するためには、まずはDocker環境を作成できなければならない。そこで今回は、DockerをインストールしてDocker環境を構築する。

[11:00 10/19]

ゼロからはじめるPython 第15回 最新Anacondaに入っている各種ツールを概観しよう

前回、Anacondaを利用して、Pythonの実行環境、各種ライブラリ、開発ツールの一式をインストールした。今回は、Anacondaに同梱されている便利な開発ツールの使い分け、また、簡単な使い方を紹介する。

[10:19 10/16]

ゼロからはじめるDocker 第1回 Dockerとは?

クラウドサービスは、Iaas、Paas、Saasのサービスモデルで提供されており、最近ではサービスモデルのひとつであるIaasをより効率良く活用するために、必要最小限のリソースでアプリケーションを実行できる環境を提供するコンテナ型の仮想サービスが注目を集めている。そこで、コンテナ型の仮想サービスを理解する上で、代表的なソフトウェアであるDockerについて説明する。

[11:00 10/12]

Pythonで学ぶ 基礎からの機械学習入門 第2回 機械学習の環境を整えよう

本連載では、プログラミング言語Pythonを用いて実際に手を動かしながら機械学習に触れ、機械学習でどんなことができるのかを紹介していきます。今回は、Anacondaを利用してPythonで機械学習を行う環境を作っていきます。

[09:00 10/12]

ゼロからはじめてみる日本語プログラミング「なでしこ」 第13回 SNSで縦書きしたい - テキスト回転ツールを作ろう

先日、Twitterを眺めていたら、ツイート(投稿文)を縦書きにすることが流行していました。一瞬、Twitterが縦書き表示に対応したのかと思ったのですが、どうやら違うようです。よくよく見てみると、横書きのテキストが縦書きに見えるように、文字の並べ方を縦に組み替えていただけでした。縦書きに見えるように、スペースを駆使するなどして、縦書き表示に見せかけるというテクニックを使っていたのです。今回はなでしこでプログラムを作って、横書きのテキストを並びかえて縦書きに見えるように整形するプログラムを作ってみましょう。

[10:06 10/10]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>エンジニア学習支援)

 トップへ
『ITエンジニア学習支援プログラム』は、プログラミングの技術を学びたい・キャリアアップを考えたいエンジニアを「マイナビニュース」と転職エージェント「マイナビエージェント」が応援するプログラムです。対象者にはマイナビ出版の書籍から希望の書籍を3冊進呈。

人気記事

一覧

新着記事