マイナビニュース | 企業IT | 情報システム

関連キーワード

イチオシ記事

軍事とIT 第184回 アンテナいろいろ(3)レーダーのアンテナ・その2

今回も、レーダーのアンテナに関する話の続きである。前回はレーダー用アンテナというと連想されやすいリフレクタ・アンテナの話だったが、実のところ、それ以外のタイプのアンテナも多い。まずは身近なところでも見かける機会がある八木アンテナから。

[12:00 3/25]

新着記事

一覧

約10,000種類のコード自動付与、IBM Watson Explorerで保険支払業務の大幅短縮 - 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、日本アイ・ビー・エムの支援による「IBM Watson Explorer」の導入実証実験を3月に終え、2017年度中にその結果を保険金や給付金支払業務への本格活用として開始することを発表した。

[18:50 3/24]

ファーウェイと独テレコム、パブリック・クラウドでIoTに参画

ファーウェイ(華為技術、HUAWEI)とドイツ・テレコムは3月20日(現地時間)、独ハノーバーで開催中のIT見本市である「CeBIT 2017」において、ドイツ・テレコムのパブリック・クラウド・サービスである「オープン・テレコム・クラウド」の最新動向と今後の計画を発表した。両社は今後、同サービスによりIoT市場に参画する意図を表明した。

[17:44 3/24]

新着記事

一覧

NTT Comとマイクロソフト、ハイブリッドクラウド基盤を共同開発

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と日本マイクロソフトは3月24日、企業向けのハイブリッドクラウド基盤の共同開発・営業連携のため、2017年4月より協業を開始すると発表した。

[16:10 3/24]

IoTとクラウド活用、撮影された映像を記録しない「人流解析サービス」 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、設置されたカメラから映像を解析し、年齢・性別など人物の属性や動線の情報の可視化や分析を行えるクラウドサービス「人流解析サービス」を27日より販売する

[14:23 3/24]

ネットギア、オンラインゲームや動画再生に適したスイッチングハブ新製品

ネットギアジャパンは3月24日、ネットワークの遅延に敏感なオンラインゲームや動画ストリーミング再生に最適化したギガビット・スイッチングハブ「Nighthawk S8000」を販売すると発表した。希望小売価格は1万5800円。

[12:58 3/24]

IBM、Hyperledger Fabric v1.0をベースにした最新版「IBM Blockchain」

IBMは、Linux Foundationのオープンソースプロジェクト「Hyperledger Fabric v1.0」をベースにしたエンタープライズ向けブロックチェーン・サービス「IBM Blockchain」最新版をIBMクラウド上で提供することを20日(現地時間)、発表した。

[11:43 3/24]

ブロマイド購入から小冊子プリントまで! 知っておきたいネットプリント活用術

コンビニエンスストアの店頭に設置されたコピー機は今や「マルチコピー機」と呼ばれるなど、多機能化が進んでいる。中でも、筆者が特にオススメしたい機能が「ネットプリント」だ。仕事からプライベートまで、さまざまな使い方できる。そこで本稿では、知られていないけど便利な「ネットプリント」の機能を紹介しよう。

[11:30 3/24]

ベリタス、EUデータ保護規則(GDPR)対応を支援する統合ソリューション

ベリタステクノロジーズは3月23日、まもなく実施されるEU一般データ保護規則(GDPR)に対応するための企業向け統合ソリューションを発表した。同ソリューションは同社の主要製品から構成される。

[11:06 3/24]

セゾン情報、「HULFT IoT」の最新版を提供開始 - PoC専用ライセンスも拡充

セゾン情報システムズは3月23日、独自なHULFTプロトコルでの伝送/暗号化機能/自動リトライ機能でIoT機器からのデータ連携を行うという「HULFT IoT」の最新版である「HULFT IoT Version.1.1」を、3月28日に提供開始すると発表した。価格は月額10万円(税別)から。

[10:30 3/24]

ワコム、デジタルペンと屋内位置情報を連携した検査・報告システム

ワコムとタグキャスト(TAGCAST)は3月23日、デジタルペンに装着したカメラ・モジュールで撮影した写真データに、設備内に設置したビーコンから取得した屋内位置情報を紐付けし、タブレット端末に表示した図面上に張り付けることができる検査・報告システムを開発したと発表した。

[09:30 3/24]

「IoT成功のカギはデータの可用性」 - Veeamバイス・プレジデント

従来のバックアップ/リストア製品とは一線を画した「アベイラビリティソリューション」の提供で新市場を開拓しているVeeam Software。日本法人設立から約1年を経て、国内での知名度も高まってきた。このたび来日した、アジア・日本担当バイス・プレジデントのエフェンディ・イブラヒム氏と、日本法人でシステムズ・エンジニアリング・マネージャーを務める吉田幸春氏に、日本市場の展望を聞いた。

[09:00 3/24]

医療情報基盤、医療従事者専用デジタルサイネージにクラウドサービスを採用

情報技術開発は3月22日、同社のクラウド型サイネージ管理サービス「DAiS Signage」が、医療情報基盤が提供する医療従事者専用デジタルサイネージ「MEDIP VISION」の新システム基盤として採用されたと発表した。

[17:30 3/23]

FC今治、岡田武史氏が開発したサッカーのメソッド普及に向けSAP Sports One導入

SAPジャパンと岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治は3月22日、FC今治がスポーツ専用クラウドソリューション「SAP Sports One Solution for Soccer」の採用を決定したと発表した。

[14:09 3/23]

大丈夫? クラウド活用時のデータ保護対策 第4回 ハイブリッドクラウドにおける災害対策(前編)

今回は、ハイブリッドクラウドのような増大する複合インフラについて、災害から守り、万が一災害に遭った際は確実に復旧させるためには、何を行うべきかを説明します。

[13:30 3/23]

ネットギア、データ保護機能搭載NASのディスクレスモデル

ネットギアジャパンは3月23日、ディスクレスのNASとして、10Gイーサネットポートを標準装備したデスクトップ型の『ReadyNAS 524X』と、1000BASE-T装備の新シリーズ『ReadyNAS 424』『ReadyNAS 422』を、同日より販売すると発表した。

[13:22 3/23]

プライム・ストラテジー、WordPress実行環境「KUSANAGI」のCPI版無償提供

プライム・ストラテジーは3月22日、WordPress実行環境「KUSANAGI」を、KDDIグループが提供するroot権限付き仮想専用サーバ「CHV」のユーザーに対し無償で提供すると発表した。

[11:52 3/23]

カゴヤ、ベアメタルサーバのミドルウェア監視と障害復旧1次対応を提供

カゴヤ・ジャパンは3月23日、ベアメタルサーバー「FLEX」を対象に各種ミドルウェアの監視と障害復旧1次対応をセットで提供するオプション「ミドルウェア監視復旧サービス」を提供開始すると発表した。

[11:30 3/23]

あいおいニッセイ、働き方改革推進に向け全社員1万人超にOffice 365導入

あいおいニッセイ同和損保と日本マイクロソフトは3月22日、マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」を活用した全社員の働き方改革の推進に向けて協力すると発表した。

[11:02 3/23]

CTC、Webブラウザ上で通話やファイル共有ができる「Live Assist」提供

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月22日、米CafeX CommunicationsのWebを通したリアルタイムなコミュニケーションを実現するWebRTCソフトウェア「Live Assist」の提供を開始すると発表した。

[10:33 3/23]

【特別企画】拡大する中堅・中小企業間の収益差。Dell EMCで構築したIT基盤が、「高品質」「短納期」という独自の競争力を支える – 平井精密工業

平井精密工業は自社のIT基盤を整備すべく、2011年にDell EMC製品をもった仮想化環境を構築した。さらに2017年には、同じくDell EMC製品を全面採用することで、同基盤を大きく発展。アメーバ経営を今後も継続するための基盤整備に成功している。本稿ではその経緯を紹介する。

[09:46 3/23]

ちょっと便利なGoogle活用術 第18回 「Google Spotlight Stories」と「Cardboard」でお手軽VRを楽しもう

写真や動画を見ていて、画面の外が気になったことはないだろうか? メインではない場面が気になっても、それを見ることはできないのが当たり前だった。しかし、横にぐるりと1周できるだけでなく地面も空も見られる映像コンテンツをスマートフォン1つで楽しめるのが「Google Spotlight Stories」だ。今回は、このアプリを紹介しよう。

[09:00 3/23]

【特別企画】NTTデータはどのように調達コスト削減を実現したのか - データ分析実践セミナー

2016年12月14日に開催された「データ分析実践セミナー」。その第二弾が、2017年3月3日に東京都新宿区にて開催された。満員御礼となった今回は、さまざまな事例と共に、昨今大きな話題となっているセルフサービスBIについての講演が行われた。

[08:00 3/23]

FC今治、選手の分析・管理に「SAP Sports One Solution for Soccer」を採用

SAPジャパンとサッカークラブ「FC今治」を運営する今治.夢スポーツは3月22日、FC今治が、スポーツ専用クラウドソリューション「SAP Sports One Solution for Soccer」の採用を決定したと発表した。

[20:00 3/22]

トランスコスモス、セコムTSと協業でバックオフィスサービスを強化

トランスコスモスは3月22日、企業内の多様な間接業務を最適化するバックオフィスサービスにおける文書保管業務の強化を目的に、セコムトラストシステムズと協業してサービスを提供する。

[16:46 3/22]

国内企業がデータ管理戦略で重視する項目は? - IDCが700社を調査

IDC Japanは3月22日、2017年版の国内ストレージ需要動向調査の結果を発表した。これによると、国内企業がデータ管理戦略で重視する上位3項目は「データ・セキュリティ(情報漏洩/改竄防止など)の確保」「データ処理の高速化」「低コスト/大容量/長期アーカイブの実現」だったという。

[16:01 3/22]

【特別企画】【IT専門家 2,197名が回答】実態調査から読み解く、本当に導入すべきITインフラとは

驚くべきスピードで常に変化するデジタル社会。このデジタル社会でビジネスを成功させるには、アプリケーションの活用が重要な鍵を握っている。そこでF5ネットワークスは、アプリケーションサービスの導入状況や、アプリケーションサービスに対するニーズの背景、マーケットトレンドを理解することを目的とした「アプリケーションデリバリーの状況」調査を実施した。

[15:01 3/22]

SYSCOM USA、日本企業向けERPデータ収集・参照ソリューションを提供

SYSCOM USAは3月22日、昨年に開設した日本拠点である東京支店において、海外支店を多く持つ日本企業向けに、さまざまな種類のERPパッケージからデータを抽出して、本社にて一元的にデータを参照出来るソリューション「SYSCOM USA KRI Viewer(KRI Viewer)」の提供を開始すると発表した。

[14:42 3/22]

野村信託銀行、個人向けネットバンキングの操作支援に「RemoteOperator」を採用

インターコムは3月21日、同社のクラウド型非対面チャネル画面共有ソリューション「RemoteOperator(リモートオペレーター)」を野村信託銀行が採用したと発表した。

[14:00 3/22]

キヤノンITS、IoT本格導入に向けたPoCサービス提供開始

キヤノンITソリューションズは3月22日、製造業を中心にIoTを本格導入しようとする企業に向け、効果検証等を行うPoC(Proof of Concept:概念実証)サービスの提供を2017年3月下旬より開始すると発表した。

[10:30 3/22]

三井住友カードが実現を目指す、顔認証による決済サービス

2016年末~2017年始の期間で三井住友銀行とNECと共同で[顔認証技術を活用した決済サービスの実証実験](http://news.mynavi.jp/news/2016/12/12/286/)を行った三井住友カード。昨今、認知が広まりつつあるFinTechで同社が目指す顔認証による決済サービスについて、実証実験の結果を踏まえた今後の見通しを聞いた。

[10:00 3/22]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>情報システム)

 トップへ
サーバやストレージといった基本的な話題から、仮想化技術やクラウド、ビッグデータ、業務アプリケーションといった企業向けITの最新情報を紹介します。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事