マイナビニュース | 企業IT | 情報システム

関連キーワード

イチオシ記事

軍事とIT 第215回 光学センサー機器(6)いろいろなところでテレビカメラ

前回は「車両用の光学センサー機器」に言及したが、この時は暗視装置の話が中心だった。実は、暗視装置だけでなく、テレビカメラの搭載事例もある。そして、車両以外の分野でもテレビカメラが使われている。

[11:30 10/21]

新着記事

一覧

マクニカ、C言語ベースのOPC-UAサーバSDKを提供開始

マクニカは10月19日、日本製OPC-UAサーバSDKの提供を開始すると発表した。新製品はC言語ベースのSDKであり、OPC-UA未対応の工作機器を中心とする産業機器に組み込むことで容易にOPC-UAサーバ機能の実装が可能になるという。

[15:20 10/20]

英語学習AIロボット「Musio」で授業 - 埼玉県戸田市教育委員会とSoftBank C&S

埼玉県戸田市教育委員会とソフトバンク コマース&サービス(SoftBank C&S)は20日、同市の公立小・中学校向けに英会話学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)を活用した外国語活動授業を開始することを発表した。

[15:03 10/20]

新着記事

一覧

NEC、六本木の街づくりにAI画像解析技術

20日、NEC(日本電気)と六本木商店街振興組合は、より便利で快適な街づくりの施策検討のため商店街において「FieldAnalys」を用いた実証実験を開始した。

[13:50 10/20]

NTTデータ/レッドハット/EMC、既存資産のデジタル化推進で協業

NTTデータは10月19日、レッドハットおよびEMCジャパン(Dell EMC)と連携し、既存のIT資産のデジタル化を推進する基盤を一般企業に向けて提供開始すると発表した。また、今後コンテナ技術をベースとするPaaS基盤の提供を予定し、そのための共同検証を実施するという。2018年度以降に企業へのPaaS基盤の提供を開始するとともに、グローバル市場への展開を進める。

[09:55 10/20]

HPE、中小企業の拠点向けサーバ「HPE ProLiant ML110 Gen10」など6機種

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は10月19日、中堅・中小企業向けサーバ「HPE Generation10(以下、Gen10)」に「HPE ProLiant ML110 Gen10」「HPE ProLiant ML350 Gen10」「HPE ProLiant DL580 Gen10」「HPE Apollo 2000 Gen10 System」「HPE Apollo 4500 Gen10 System」「HPE SimpliVity 380 Gen10」の6機種を追加し、発売を開始した。

[09:33 10/20]

日本においてVR/AR市場の成長を阻む要因は何か?

IDC Japanは10月19日、AR/VRの市場動向の最新調査に関する説明会を開催した。説明会では、世界と日本のAR/VR市場の最新調査結果に加え、AR/VRが抱える課題、ビジネスに与えるインパクトなどが紹介された。

[09:00 10/20]

【連載特別企画】サテライトオフィス原口社長が教えるLINE WORKSチャット活用術 第15回 LINE WORKSと連携するCRMサービスでビジネスをさらに加速

ビジネス版LINEとして、2017年2月からサービスが開始された「LINE WORKS」。そんな「LINE WORKS」にCRMの機能をアドオンできる「サテライトオフィス・クラウドCRM for LINE WORKS」。本稿では、このクラウド型のアドオンツールを紹介する。

[08:00 10/20]

Colt、SDNベースのオンデマンドサービス開始 - 名古屋ではメトロNWが開通

Coltテクノロジーサービスは10月19日、都内で記者会見を開き、国内でSDN(Software Defined Network)をベースとしたオンデマンドサービスの提供開始を発表した。新サービスの提供は1月からスタートしたアジアにおける大規模投資計画の一環となり、企業は広帯域アプリケーション利用における追加の帯域要求に対応する。

[17:31 10/19]

大阪教育大学、対話型アクティブラーニング支援システムの運用を開始

大阪教育大学と富士通は10月19日、スマートデバイスを活用した対話型アクティブ・ラーニング支援システムを構築し、2017年10月より大阪教育大学の授業で運用を開始すると発表した。

[15:30 10/19]

DNP、位置情報に特化したIoTプラットフォームでイベントの活性化

大日本印刷(DNP)は10月19日、「位置情報に特化したIoTプラットフォーム」を活用し、自治体や企業が実施する観光や特産物のPRなどのイベントの活性化に向けて、参加者への情報発信や参加者の動線分析を手軽に行えるサービスを開発し、2018年1月から提供すると発表した。

[15:23 10/19]

NTT、スタジアムにおけるWi-Fiを高速化する技術開発

NTTは、スタジアムなど人が密集し、スマートフォンやタブレット、ノートPCなど無線LAN端末が超過密となる環境において、通信速度を向上させる「分散スマートアンテナ(D-SAS)型協調無線LAN技術」を開発し、スタジアムにおいて従来と比較して2倍以上の通信速度の伝送実験に成功したと発表した。

[15:01 10/19]

NEC、Express5800の2Wayサーバ3機種 - HCIもあわせて製品化

NECは10月19日、最新のインテル Xeon Scalable ファミリーを搭載した2Wayタワーサーバ1機種と2Wayラックサーバ2機種を販売開始すると発表した。いずれも11月14日より出荷が開始される。

[11:48 10/19]

NEC、顔認証を活用した「ボランティア支援サービス」

NECは10月19日、2017年11月3日と4日に東京湾岸エリアで開催されるスポーツ大会「ザ・コーポレートゲームズ 東京 2017 アジア パシフィック」に、顔認証を活用した「ボランティア支援サービス」を提供することを発表した。

[11:40 10/19]

【特別企画】会社のPC4,000台の管理工数とコスト削減を同時に実現した方法

ビジネスにおけるITの活用が不可欠の今、企業という組織体は数多くのPCを保有している。セキュリティやコスト削減の観点からも、それらをいかにして効率良く管理するかが、これからの企業にとって大きな課題のひとつとなっている。

[11:30 10/19]

3分でわかる!ITインフラ運用最前線 第1回 最新データセンターのトレンド: 3つのキーワード

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の人気が高まり、インターネットに接続されるデバイスがますます増えるにつれて、さらなる作業負荷を支えるために新たなデータセンター(DC)が急ピッチで建設されています。同時に、確かなアプリケーション配信とアップタイムを維持するため、電力消費を効率的に管理することが依然としてデータセンター事業者にとって主要な課題となっています。ここでは、DC業界において事業者とユーザーに影響を与えている2017年の3つのトレンドをご紹介します。

[11:00 10/19]

楽天証券、AIを使って顧客の架電記録から潜在的ニーズを抽出する検証

楽天証券は10月19日、FRONTEOの人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を用いて、自社のコールセンターに寄せられる顧客からの問い合わせなどの架電記録の中から、潜在的な要望を抽出するPoC(概念検証)を開始したことを発表した。

[10:37 10/19]

レオパレス21、入居者向けアプリにAI対話ソリューション「AmiAgent」を採用

アドバンスト・メディアは10月17日、同社のAI対話ソリューション「AmiAgent(アミエージェント)」が、レオパレス21の入居者の生活をサポートする専用アプリの新コンテンツ「LEO SUPPORT」に採用されたと発表した。

[19:30 10/18]

NTT先端技術、音声・FAX応答基盤が仮想化/クラウド環境に対応

NTTデータ先端技術は10月18日、音声/FAX応答プラットフォーム「VOISTAGEマルチメディアボックス」に仮想化/クラウド基盤に対応した大規模・多回線モデル「VOISTAGEマルチメディアボックス VS-2301LB(INSネット1500回線版)」「VOISTAGEマルチメディアボックス VS-401LB(アナログ回線版)」をラインアップに加えると発表した。価格は、VS-2301LBが249万円で同日から販売を開始し、VS-401LBが59万8000円で2018年1月からの販売開始を予定。2020年度までに10億円の販売を計画している。

[16:44 10/18]

ラネクシー、サーバ向けファイル軽量化ソフト「FILEminimizer Sever 8」

ラネクシーは10月18日、国内販売代理店を通じて、スイスのbalesio(バレシオ)が開発した、サーバ向けファイル軽量化ソフトウェアの最新版「FILEminimizer Sever 8(ファイルミニマイザーサーバー8)」の販売を開始した。

[16:00 10/18]

Nutanix、HCI環境でビッグデータ導入を実現 - Cloudera Enterprise認証取得

Nutanixは10月18日、Clouderaの認定テクノロジープログラムを通じて、同社の「Nutanix Enterprise Cloud Platform」ソフトウェアがCloudera Enterpriseのワークロードの実行に関する認証を取得したことを発表した。すでに、Cloudera Enterpriseは特定のNutanixプラットフォーム上での実行が認証されているという。

[15:31 10/18]

富士通、会津若松市にテレビを活用した中山間地域生活支援システムを構築

富士通は10月18日、福島県会津若松市からの委託により、中山間地域特有の地理的条件に起因する地域コミュニケーションなどに関する課題を解決するため、中山間地域生活支援システムを構築したことを発表した。

[15:31 10/18]

【連載特別企画】事例で学ぶ、 Microsoft Azure活用術 ~クラウド移行編~ 第39回 わずか4か月で事業のクラウドシフトを果たした、エヌワークの挑戦

クラウドファーストの波は、もはや流行ではなく、本質的に訪れているといえるでしょう。 こうした時代の変遷を見定め、全国2,000か所を超える店舗、事業所のIT支援実績を持つ株式会社エヌワークでは、従来のオンプレミスを主とした事業モデルのクラウドシフトを検討しています。

[15:12 10/18]

東南アジア現代美術展で作品を支えるモバイルモニターたち - テックウインド

10月23日(月)まで国立新美術館と森美術館で開催されている「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」は設立50周年を迎えているASEAN(東南アジア諸国連合)における1980年代以降の現代アートを東京メトロ千代田線乃木坂駅直結の国立新美術館と六本木ヒルズ森タワーの2つの場所に分けて開催しているがモバイルモニターもその影で作品を支えている。

[15:08 10/18]

NEDOと日本気象協会がドローンで気象観測の実証試験

NEDOと日本気象協会は10月18日、同24日~26日の3日間、ドローン向け気象情報提供のデータ連携の実証試験と、ドローンによる気象観測の実証試験を福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施すると発表した。今後、実証試験で得られた知見をベースに、ドローン向け総合気象情報提供機能の開発を進め、ドローンの利活用拡大と安全で効率的なドローン運航の実現を目指す。

[11:54 10/18]

NTT東西、固定電話のIP網への移行時期、新料金、廃止サービス発表

NTT東日本およびNTT西日本は10月17日、固定電話のIP網への移行後のサービス、移行スケジュールを発表した。固定電話のIP網への移行は、2024年1月から開始する。

[10:30 10/18]

NTTデータ経営研究所、脳トレ"ニューロフィードバック"で英語学習支援

NTTデータ経営研究所とJSOLは10月17日、情報通信研究機構(NICT)および大阪大学と共同で、ニューロフィードバック技術を応用した英語学習支援サービスの開発を開始したと発表した。効果を実証できれば、2018年4月以降に実際のソリューションとしてトライアルサービス事業を展開し、2018年度からの本格的な商用化を目指す。

[10:06 10/18]

住人の好みと状況を理解するスマートホーム「CASPAR」

インヴァランスは2004年に創業した、投資不動産専門のデベロッパーだ。マンション開発から各種手続き、契約後のアフターフォローまで、 マンション投資に関連するあらゆるシーンで独自サービスを提供する業者として、東京23区内ですでに100棟程度のマンションを手がけてきた。同社は10月2日、新たな戦略として本格的にIoT事業に参入することを発表するとともに、その第一弾として、米国のAI開発ベンチャー企業米Brain of Things(BoT)社に出資することを発表した。

[10:00 10/18]

ゼロから始めるクラウド型DWH「Azure SQL Data Warehouse」 第9回 実例で学ぶチューニングのコツと落とし穴

これまでSQL Data Warehouseの概要やアーキテクチャ、オブジェクトの種類などを説明してきました。今回からは、もう少し本番の運用に近い部分、SQL Data Warehouseの「チューニング」に焦点を当て、実際のSQLのチューニングの例を交えて解説していきます。

[09:00 10/18]

日本のミサイル防衛体制の実体を探る 第2回 日本のミサイル防衛体制(2)迎撃編

日本におけるミサイル防衛の体制をさまざまな観点から探る本連載。前回は、弾道ミサイルの発射を探知して、その後の追尾によって飛翔経路と着弾地点を予測するところまでだった。今回は、その後の迎撃のフェーズについて解説する。

[09:00 10/18]

凸版印刷とCACが共同で、金融機関向けPoCサポートサービスを11月より提供

凸版印刷とシーエーシー(CAC)は10月17日、共同でブロックチェーンとAI、IoTを組み合わせたPoC(Proof of Concept)のサポート体制を構築したことを発表した。

[07:48 10/18]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>情報システム)

 トップへ
サーバやストレージといった基本的な話題から、仮想化技術やクラウド、ビッグデータ、業務アプリケーションといった企業向けITの最新情報を紹介します。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事