マイナビニュース | 企業IT | RPA

イチオシ記事

【連載特別企画】今さら聞けない「RPA」の基本 第2回 RPAの具体的導入ステップとツール選定のポイント

RPAとは、定型作業をコンピュータにインストールしたソフトウェア(ロボット)に記憶、代行させるソリューションだ。本稿ではKofax JapanのRPAツール「KOFAX KAPOW」を例に、その具体的な導入ステップを紹介する。

[08:30 6/7]
スペシャルPR

[08:30 6/13]

【特別企画】日本国内での導入が進むRPA - サーバー型RPAとデスクトップ型RPAの違いとは

ここ2年ほど、日本国内にRPA活用の波が押し寄せてきている。RPAはシステム的特徴から大きく2つのタイプに分類される。本稿では、その違いと検討のポイントを紹介する。

[08:30 5/31]

【特別企画】業務に落とし込んだ実証実験がポイントに! RPA導入のポイント

RPAとは、コンピュータにインストールしたソフトウェア(ロボット)に定型作業を記憶、代行させるソリューションだ。本稿では、RPA導入のポイントを解説する。

[08:30 4/28]

【連載特別企画】今さら聞けない「RPA」の基本 第1回 RPAとはどんなもの? その役割と効果とは

過重労働が大きな社会問題となっている現在。競争力を維持、強化しつつ、人的負担を軽減する施策に苦慮している企業も多いだろう。高齢化による生産年齢人口の減少という問題もすぐ近くまで迫ってきている。こうした状況を乗りきる一つの手段として、いま注目を集めているのが、RPAだ。RPAとは具体的にどんなもので、どんな効果をもたらすのか? 導入の方法は? ―― いま企業が押さえておくべきRPAの基礎を、Kofax Japanに解説してもらった。

関連記事

西濃運輸、11,000分に相当するバックオフィス業務をRPAに移行

西濃運輸は8月3日、バックオフィス業務を省力化・効率化に向け、RPA(Robotic Process Automation)を導入すると発表した。

[14:05 8/4]

アビーム、RPA導入企業の調査結果を発表 - 実際の効果はいかに?

アビームコンサルティングはこのほど、RPA(Robotic Process Automation)に関する説明会を開催した。説明会では、同社がRPAを導入した企業の実態調査の結果、導入事例などの紹介が行われた。RPAを導入した企業は、実際に効果を上げているのだろうか?

[10:55 7/24]

ソフトバンクとRPAホールディングスがRPA分野の事業展開で業務提携

ソフトバンクとRPAホールディングスは7月21日、RPA分野の事業展開に係わる業務提携契約を締結したと発表した。これにより、RPAホールディングスが持つRPA事業のノウハウおよび実績と、ソフトバンクの営業力、顧客基盤、開発力、商品力を組み合わせることで、RPAの普及を加速させ、企業の働き方改革の推進に貢献していくという。

[16:45 7/21]

NTTデータ・ビズインテグラル、基幹業務の自動化を促進する「Biz∫RPA」

NTTデータ・ビズインテグラルは7月18日、ERP(統合基幹業務システム)パッケージ「Biz∫(ビズインテグラル)」を利用する顧客に対して、Robotic Process Automation(RPA)ツールを活用した、基幹業務における生産性向上実現のための支援ソリューション「Biz∫RPA」をBiz∫パートナーを通じて提供開始すると発表した。

[16:46 7/18]

NEC、RPAソリューションと適用検証・導入後支援サービスを販売

NECは7月18日、RPA(Robotic Process Automation)ソリューションとして、ソフトウェア製品「NEC Software Robot Solution」と、ソフトウェアロボット導入前の適用検証サービス/導入後の支援サービスを販売開始すると発表した。これにより、同社では企業における働き方改革を推進するため、業務運用を自動化・効率化するという。

[12:18 7/18]

スペシャルPR

[18:51 4/27]

【特別企画】生産性の向上を実現! これまで実現できなかったサービス提供を可能にするRPAソフト「KOFAX KAPOW」

米国では、金融機関の業務をAIとロボットが少しずつ代替しはじめており、その波は日本にも押し寄せている。そうした流れの中で特に注目されている技術が、RPA(Robotic Process Automation;ロボティック・プロセス・オートメーション) だ。本稿では欧米の多くの金融機関やEコマース企業が使用しているRPAソフトウェアの「KOFAX KAPOW(コファックス カパゥ)」の利便性について、金融機関の業務を例に紹介する。

関連記事

CTCS、コムスクエアのRPAツールを活用した運用サービスを開始

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のグループ会社で、システム運用をはじめとしたITサービスを提供するCTCシステムマネジメント(CTCS)は7月14日、コムスクエアのロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ツールを活用したシステム運用サービスの提供を開始すると発表した。これにより、自動化でシステム運用業務の品質向上と効率化が図れるという。既存顧客を中心に1年間で50社への提供を目指す。

[14:14 7/14]

RPAテクノロジーズとアビーム、SAP ERPを活用したロボットを提供

RPAテクノロジーズとアビームコンサルティングは7月11日、SAPジャパンの基幹業務システムを活用したロボット「ERP Automation Robot For SAP ERP」の提供を開始すると発表した。

[14:25 7/12]

三井住友海上、アクセンチュアと共同で業務自動化に向けてRPAを本格導入

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険は7月5日、アクセンチュアと共同で全社的なRPA(Robotic Process Automation)の導入を、開始すると発表した。今後、全社業務に同ツールを適用させた調査を進め、随時RPAの導入を進めることで業務自動化のサイクルを実行するという。

[16:40 7/5]

日立ソリューションズ、RPA/AIを活用するワークスタイル変革ソリューション

日立ソリューションズは7月3日、社内検証から得た知見に基づく、RPA(Robotic Process Automation)やAI(人工知能)、IoT(Internet of Things)を活用し、働き方改革をトータルに支援する「ワークスタイル変革ソリューション」を提供開始すると発表した。

[12:45 7/4]

RPAテクノロジーズ、Blue PrismのRPAを国内の企業向けに販売開始

RPAテクノロジーズは6月26日、日本初の「Blue Prism」バリューアッドマスターリセラーとしてBlue Prism社のRPAプラットフォームを日本国内へ提供開始すると発表した。エンタープライズRPAソリューションとして、スケーラビリティやセキュリティ、コンプライアンスの各機能を提供する。

[16:38 6/26]

DSKら、バックオフィスの提携業務を自動化するRPAを販売開始

電算システム(DSK)は、RPAテクノロジーズとSprout up(スプラウトアップ)ら3社は6月22日に、業務提携を行い、RPAテクノロジーズが販売する「BizRobo!」をベースとしたRPAソリューション「RoboStaff」を販売開始すると発表した。主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務を代行する。

[07:00 6/23]

日商エレ、RPA・BRMSなどを活用した業務改善ビジネスを本格展開

日商エレクトロニクスは6月8日、RPAやBRMS、AIなどを活用した業務改善ビジネスを本格展開すると発表した。その足掛かりとして同日より、金融業界向けにNTTデータのRPA「WinActor」と、なうデータ研究所のBRMSツール「NaU DSP」を活用した業務自動化サービスを提供する。

[17:56 6/8]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>RPA)

 トップへ
定型作業を、コンピュータにインストールしたソフトウェア(ロボット)に記憶、代行させるソリューション「RPA(Robotic Process Automation)」について紹介するカテゴリです。「RPAとはなにか」といった基本的な内容から、活用例などを紹介していきます。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事