マイナビニュース | 企業IT | モバイル

関連キーワード

イチオシ記事

ドコモ、spモードメールアプリのサポート終了とアプリ配信を発表

NTTドコモは4月24日、2018年4月23日をもってAndroid端末向け「spモードメールアプリ」のサポートを終了し、アプリ配信を停止すると発表した。引き続き、キャリアメールサービスを利用する場合は、ドコモメールへの移行を推奨している。

[16:22 4/24]

新着記事

一覧

【連載】 5分でわかるビジネスモバイル用語まとめ 【第10回】企業のスマートデバイスを統合的に管理できる「EMM」

「Enterprise Mobility Management(EMM)」は、企業が業務で使用するスマートデバイスなどを統合的に管理するサービスを指します。これまで紹介してきた「MDM」などをベースに、さまざまなセキュリティ機能を追加したサービスです。

[17:00 4/27]

【特集】ドローンのポテンシャル - B2Bで下地作り、B2Cまでの成長描くKDDI

スマートドローンのプラットフォーム化に積極的なのがKDDIだ。パートナーを取り込んできたことで、本格展開に向けての「パーツ」がついに揃ったという。KDDI 商品・CS統括本部 商品企画部 商品戦略1グループ リーダーの博野 雅文氏と、同グループ 課長補佐の松木 友明氏に、KDDIのドローン戦略について話を聞いた。

[09:00 4/27]

新着記事

一覧

【連載特別企画】佐々木俊尚氏に聞く! 次世代のワークスタイル実現に必要なものとは 第2回 ワークスタイル変革もビジネス・イノベーションも、安全で簡単な「認証」が欠かせない

本企画では、企業とITの関わりにも詳しいジャーナリストの佐々木俊尚氏に、いま求められる、業務におけるIT活用のあり方や、その中で鍵を握る認証の理想的なかたちなどについて話を聞いた。第二回目では、佐々木氏が提言する、簡単かつ安心、安全なアクセス環境の実現に欠かせないポイントに迫る。

[08:30 4/27]

J:COMが地域情報アプリ「ど・ろーかる」を公開

J:COMが、コミュニティチャンネル以外の新たなプラットフォームとして地域情報プラットフォームアプリ「ど・ろーかる」をリリースした。無料でGoogle PlayストアとApp Storeからダウンロードできる。

[16:06 4/26]

レノボ、テレビ会議システム「V-CUBE Box」とWeb会議サービスを販売

レノボ・ジャパンは4月25日、デスクトップPC「ThinkCentre M700 Tiny」を本体とする、会議室向けテレビ会議システム「V-CUBE Box」の販売および、Web会議サービスのライセンス「V-CUBE One」の取り扱いを開始した。

[16:38 4/25]

西濃運輸、配達予定時刻のお知らせサービス

西濃運輸は4月24日、法人宛の荷物を対象に、スマートフォンのGPSを利用した配達時の車両の位置情報を提供するサービスである「いち知る」を開始した。

[10:07 4/25]

【特集】ドローンのポテンシャル - NTTドコモが実証実験から学んだ「セルラードローンの課題」

ここ最近、ドローン活用については携帯キャリアが積極的に実証実験を行っている。実は2016年7月に総務省でルール作りが行われ、実用化試験局として、LTE通信機能を載せたドローンを飛ばせるようになったのだ。将来的にセルラー通信による目視外飛行の実現を目指している。

[08:00 4/25]

「Yahoo!地図」を「Yahoo! MAP」に全面刷新 - 検索機能向上

ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は4月24日、同社が提供する「Yahoo!地図」アプリをお店や施設などのスポット検索機能と日本各地のタウン情報を充実させた新アプリ「Yahoo! MAP(ヤフー・マップ)」に全面刷新したと発表した。従来のYahoo!地図アプリの主要機能を引き継ぎつつ、地域情報サービス「Yahoo!ロコ」や行動支援型メディア「Yahoo!ライフマガジン」など、Yahoo! JAPANのさまざまなサービスと連携する。

[18:06 4/24]

ベストスマートフォントップ20、第1位は?

Business Insiderに04月20日(米国時間)に掲載された記事「The 20 best smartphones in the world - Business Insider」が、性能・デザイン・機能などから、ベストなスマートフォントップ20選を発表した。スマートフォンは現在のビジネスマンにとって欠かすことのできないツールとなっており、スマートフォンの良し悪しや使いやすさはそのまま業務にも影響してくるので、心して選びたいものだ。

[13:00 4/24]

アパレル小売向け販売物流「Monopos」店頭クラウドPOSアプリiOS版

IROYAは4月24日、アパレル小売に特化した販売物流オールインワンプラットフォーム「Monopos(モノポス)」をリニューアルし、iOS版をApp Storeで公開したと発表した。

[12:36 4/24]

イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第80回 環境音やイメージ音を組み合わせて再生できる「Relax Melodies Oriental」

仕事や勉強に集中したい時はもちろん、移動時間や休憩時間を利用して短い睡眠をとりたい時などにも周囲の音が気になって困るということはよくある。

[11:00 4/24]

「乃木坂46」と「VR」を結び付けた旅行サイトの狙い

VRの活用シーンは、基本的にコンシューマよりもエンタープライズ(ビジネス)用途の方が向いていると言われている。それは「VR機器」というインフラが現状整っていないためだ。例えばKDDIはJR西日本に災害対策VRソリューションを販売したほか、エイチームは結婚式場紹介サービスでVRによる式場紹介を行っている。

[10:30 4/20]

【連載特別企画】佐々木俊尚氏に聞く! 次世代のワークスタイル実現に必要なものとは 第1回 クラウド&モバイル時代のワークスタイルを邪魔するアクセスの不便さ

本企画では、企業とITの関わりにも詳しいジャーナリストの佐々木 俊尚氏に、いま求められる仕事とITのあり方や、そこで鍵を握る認証の理想的なかたちなどについて話を聞いた。第一回目は、佐々木氏から見た働き方改革の現状と、そこから明らかになってきた課題について解説する。

[08:30 4/20]

NTTビズリンク、スマートグラスの映像で現場作業を支援する新サービス

NTTビズリンクは4月17日、スマートグラスを同社の多地点映像通信基盤に接続し、遠隔での現場作業支援や現場作業映像の録画、ハンズフリーでの作業者とのコミュニケーションなどを実現するサービスとして「スマートグラスクラウド」提供開始した。

[10:29 4/18]

イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第79回 面倒がりでも続く!「営業マン必須!交通費ノート」

交通費といえば、毎日の通勤分や遠方への出張分については事前に支給されることがあっても、日々の細かい電車やバスの移動分は一端個人で立て替えておいてからまとめて精算するという形式をとっている企業が多いだろう。

[09:00 4/17]

アドバンスト・メディア、医療・介護向けクラウド音声サービスのモバイル版

アドバンスト・メディアは4月14日、医療・介護向けのクラウド型音声入力サービス「AmiVoice CLx(アミボイス シーエルエックス)」のモバイルサービス「AmiVoice CLx Mobile(アミボイス シーエルエックス モバイル)」を6月より開始すると発表した。

[15:13 4/14]

LinuxでAndroidアプリを実行するためのアプリ「Anbox」

fossBytesに4月12日(米国時間)に掲載された記事「Anbox Runs Android Apps In Linux Distros Easily」が、LinuxでAndroidアプリを実行するためのアプリケーション「Anbox(Android in the box)」について伝えた。AnboxはコンテナベースのAndroid環境で、アルファステージの段階にあるためすでにある程度安定していると説明がある。

[11:00 4/14]

【連載】 5分でわかるビジネスモバイル用語まとめ 業務に必要なコンテンツ"だけ"を管理できる「MCM」

「Mobile Content Management(MCM)」は業務に必要なコンテンツのみを管理するサービスです。パソコンはもちろん、スマートデバイス内のMCMに対応したアプリやブラウザーから企業のファイルサーバーにアクセスし、コンテンツの閲覧・編集が可能になります。これによってユーザーは社外でも作業でき、利便性の工場や業務効率化につながります。

[08:00 4/13]

高額な自転車も増えるなか、盗難自転車をビーコンで追跡するサービス

盗難自転車捜索支援サービスを展開するペダルノート(PedalNote)が、"Beacon領域ネットワーク"ビジネスを手掛ける3bitter(スリービター)と提携、ビーコンを使った追跡で盗難自転車対策サービスを開始する。

[13:47 4/12]

Android向けアプリ「交通費精算 freee」リリース- 乗降履歴を自動取得

freeeは4月11日、Android端末向け新アプリ「交通費精算 freee」の提供開始を発表した。同アプリでは、交通系ICカードをスマートフォンやタブレットにかざすだけで、乗降履歴の明細を自動で取得、アプリ上からそのまま交通費精算の申請が可能。

[09:44 4/12]

食事写真と専門家のアドバイスで従業員のメタボ対策するサービス - ドコモ・ヘルスケア

ドコモ・ヘルスケアは、法人企業向けの新サービスとして従業員のメタボや肥満対策にスマートフォン向けソーシャルダイエット「フォトエット」を6月より提供、4月11日よりサービスの受付を開始している。

[16:45 4/11]

水資源機構、IoTとタブレットを活用した職員支援システム導入

富士通マーケティングは4月11日、水資源機構の琵琶湖開発総合管理所に、富士通と共同開発したIoTを活用した職員支援システムを導入し、琵琶湖開発総合管理所が管理する14カ所の排水機場で運用を開始したと発表した。

[16:32 4/11]

国内M2M市場は2021年度に2000億円規模へ - 矢野経済研究所が調査

矢野経済研究所は4月10日、国内M2M(機器間通信)市場に関する調査結果を発表した。これによると、2021年度には2000億円に拡大すると予測している。

[10:10 4/11]

イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第78回 著名人や専門家などのコメントつきニュース「NewsPicks」

テレビ番組ではよくニュースに芸能人がコメントしているし、インターネット上のニュースサイトにも最近はSNSでコメントするためのボタンが添えられていたり、直接コメント書き込みができる作りになっていたりする。

[11:00 4/10]

ユニアデックス、IoT向け通信に特化したSIMカードを提供するサービス

ユニアデックスは4月4日、IoT(Internet of Things)向け通信に特化したSIMカード(上り:LTEベストエフォート 下り:最大256kbps)を提供する「IoTデータ通信サービス」を2017年5月から開始すると発表した。

[15:44 4/5]

Win10からAndroidへ、スマホメーカーがOSを切り替えた2つの理由

VAIOは3月22日にAndroidスマートフォン「VAIO Phone A」を発表した。Windows 10 Mobile端末として知られる前モデル「VAIO Phone Biz」とまったく同じハードウェアでありながら、OSをAndroidに変更したものだ。

[13:00 4/5]

動く位置情報をフルに活かせ、JR東とドコモの「山手線アプリコンテスト」

JR東日本とNTTドコモが開催した、山手線に設置しているビーコンを活用した「アイデア・アプリコンテスト」。2月20日に、コンテストの上位進出者のプレゼンテーションと、審査が行われた。

[10:30 4/5]

NEC、三井住友信託銀行にタブレットを活用した新外訪支援システムを構築

日本電気は4月4日、三井住友信託銀行向けに、個人向け営業担当者が外出先で利用するタブレット端末上で、投資信託や定期預金などの取引を受け付けや、社内システムと連動による承認から実行作業を可能とする「新外訪支援システム」を構築したことを発表した。

[10:22 4/5]

イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第77回 ドラマも映画も楽しめる「Amazonプライム・ビデオ」

最近はいろいろな動画配信サービスがあり、人気の映画やドラマも手軽に見られるようになったおかげで、家ではPCで、外出先ではモバイルデバイスで動画を楽しんでいるという人も増えている。

[11:00 4/3]

PCはもう持ち歩かなくてOK!? 仕事に使えるスマートフォン・ガジェット5選

最近、国を挙げて「働き方改革」が進んでおり、オフィス以外でも仕事ができる環境が整いつつある。そこで、使いこなしたいのがスマートフォンだ。できることなら、ノートPCを持ち歩きたくない人もいるだろう。本稿では、スマートフォンをもっとビジネスで活用するためのガジェットを5つ紹介しよう。

[16:36 3/30]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>モバイル)

 トップへ
スマートデバイスを企業で活用するためのソリューションを紹介。MDM(Mobile Device Management)など管理技術もフォローします。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事