マイナビニュース | 企業IT | NETGEAR

イチオシ記事

【連載特別企画】いまさら聞けないスイッチの基礎 第9回 PoEについて

第八回までに、LANスイッチの概要や種類、ルーティング等の機能について解説しました。第九回の本項では、ツイストペアケーブルで電力を供給するPoE(Power over Ethernet)について解説します。

[14:02 11/18]

ネットギアのビジネスソリューション

中小・中堅企業向けの10ギガLANスイッチを初めて提供したネットギア。最適コストでハイスピードネットワーク構築を実現します。
ネットギア独自のデータ保護により、企業に合った最適なデータストレージ、バックアップ、リカバリソリューションを提供します。
簡単にアクセスでき、セキュアなストレージと安定したネットワークスイッチングを利用できるIPカメラソリューションを提供。
実力が立証されたネットギアワイヤレスソリューションにより、誰もがオンライン学習をもっと簡単に利用できるようになります。
スペシャルPR

[10:00 6/22]

【連載特別企画】いまさら聞けないスイッチの基礎 第16回 IEEE802.1X認証

本稿では、ネットワークを利用する時にユーザIDとパスワード等で確認する、IEEE802.1X認証について解説します。

[07:50 6/16]

【連載特別企画】いまさら聞けないスイッチの基礎 第15回 DHCP

本稿では、IP(Internet Protocol)アドレス等を自動取得するDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)関連の機能について解説します。

[08:25 5/15]

【連載特別企画】いまさら聞けないスイッチの基礎 第14回 発展編 - ACL

前回はLANスイッチの管理と監視、トラフィック制御等について解説しました。第三回の本稿では、一部の通信だけ許可したり、拒否したりするACL(Access Control List) について解説します。

関連記事

ネットギア、802.11ac wave2対応のデュアルバンド無線LANアクセスポイント

ネットギアジャパンは6月27日、法人向けの802.11ac wave2ならびにNBASE-T(2.5Gイーサネット)対応デュアルバンド無線LANアクセスポイント製品「WAC740」の販売を開始した。価格は本体が10万8000円(税込)、電源アダプターが5400円(同)。

[12:32 6/27]

ネットギア、6ベイ/8ベイNASのディスクレスモデル

ネットギアジャパンは6月20日、ReadyNAS 420シリーズに、6ドライブベイ『ReadyNAS 426』と、8ドライブベイ『ReadyNAS 428』のディスクレスモデルを新たに販売開始した。

[12:39 6/20]

ネットギア、大容量データのバックアップに特化した4UサイズのNAS

ネットギアジャパンは6月14日、10Gイーサネット・ポート2基、インテル製サーバ向け最新CPUおよび大容量メモリーを搭載し、膨大なビデオデータや高解像度・非圧縮データのアーカイブやバックアップ、ディザスターリカバリー(DR)に適した4Uサイズラックマウント型ネットワーク・ストレージ(NAS)「ReadyNAS 4360X」「ReadyNAS 4360S」の2機種を販売開始した。価格はいずれも180万円(税別)。

[09:59 6/15]

ネットギア、SOHO向けLANスイッチのラインアップに2機種を追加

ネットギアジャパンは5月29日、SOHOなど小規模オフィス向けのレイヤー2スイッチ製品「GS305」「GS348」を6月16日から販売を開始すると発表した。想定市場価格(税別)はPGS305Pが9340円、GS348が3万4800円。

[14:54 5/29]

ネットギア、5年間保証付の4TBディスク標準搭載のビジネス向けNAS

ネットギアジャパンは5月26日、デスクトップ型で1000BASE-T装備の新シリーズ『ReadyNAS 424』、『ReadyNAS 422』から、エンタープライズクラスSATA 4TBを標準搭載した”ビジネスユーザ―向けモデル”を同日より発売すると発表した。

[11:52 5/26]

スペシャルPR

[11:23 4/28]

【特別企画】背景編:中堅・中小企業のネットワークでも10Gスイッチが当たり前の時代に

低コスト化が進み導入しやすくなった10Gイーサネットへの移行を念頭に置き、10Gスイッチと1Gスイッチの差が果たしてどれだけあるのか。本稿では実運用を想定した環境で実証実験を実施したので、2回にわたってレポートする。

[15:39 3/31]

【連載特別企画】いまさら聞けないスイッチの基礎 第13回 発展編 - トラフィック制御

第一回では、LANスイッチの管理と監視について解説しました。第二回の本稿では、LANスイッチで通信量を制御する方法について解説します。

[18:19 2/27]

【特別企画】ネットギアの特選タイムセール - 無線LANルーター親機、中継機がお買い得

ネットギアジャパンは2月27日、「特選タイムセール」を開始した。期間は2月27日23時59分まで。

[17:59 2/15]

【連載特別企画】いまさら聞けないスイッチの基礎 第12回 発展編 - LANスイッチの管理と監視

この連載では、ネットワーク構築に必須となるLANスイッチについて、動作や仕組みを解説しながら実際の設定例を示し、ネットワークを身近に感じていただける事を目的としています。基本編では、LANスイッチの概要や基本的な機能について説明しました。今回からは、発展編が始まります。第一回の本項では、LANスイッチの管理と監視について解説します。

関連記事

ネットギア、ラックマウントNAS製品に4機種のディスクレスタイプ

ネットギアジャパンは5月19日、ラックマウントNASの既存製品である10ギガLAN装備の「ReadyNAS 4312S」「ReadyNAS 4312X」と、1000BASE-Tを装備する「ReadyNAS 3312」「ReadyNAS 3138」の4機種のディスクレスタイプをオンラインショップ限定(Amazon、NTT-X)で発売を開始した。価格は、いずれも税別でReadyNAS 4312SとReadyNAS 4312Xが92万円、ReadyNAS 3312が76万円、ReadyNAS 3138が20万円。

[14:03 5/19]

ネットギアジャパン、ホームネットワーク製品5機種の1カ月試用キャンペーン

ネットギアジャパンは5月10日、NTT-X Storeで「NETGEAR Touch & Tryキャンペーン」として、ホームネットワーク製品5機種の試用キャンペーンを実施すると発表した。同キャンペーンは、対象商品を同日~6月30日の15時までにNTT-X Storeで購入し、万一商品に満足しなかった場合は商品到着から30日以内であれば開封済・使用済であっても返品できるというもの。

[10:30 5/11]

ネットギアジャパン、PoE対応スマートスイッチに8/16ポートの3機種追加

ネットギアジャパンは4月26日、ブラウザーからすべての設定が行えるPoE+ 30W給電対応スマートスイッチ・シリーズに、新たに3機種を追加し販売を開始した。販売を開始するのは、1000BASE-T ポートが16ポートの「GS418TPP」、8ポートの「GS510TPP」 と「GS510TLP」の3機種。

[13:04 4/26]

ネットギア、802.11ac wave2対応のデュアルバンドゲーミング・ルータ

ネットギアジャパン(NETGEAR)は4月12日、802.11ac wave2対応のデュアルバンドWi-Fiゲーミング・ルータ「Nighthawk X4S R7800」を同20日に発売すると発表した。既に、Amazon.co.jpおよびNTT-X Storeで予約受付を開始している。価格はオープン、同社による想定市場価格は2万1800円(税込)。

[08:00 4/13]

ネットギア、オンラインゲームや動画再生に適したスイッチングハブ新製品

ネットギアジャパンは3月24日、ネットワークの遅延に敏感なオンラインゲームや動画ストリーミング再生に最適化したギガビット・スイッチングハブ「Nighthawk S8000」を販売すると発表した。希望小売価格は1万5800円。

[12:58 3/24]

ネットギア、データ保護機能搭載NASのディスクレスモデル

ネットギアジャパンは3月23日、ディスクレスのNASとして、10Gイーサネットポートを標準装備したデスクトップ型の『ReadyNAS 524X』と、1000BASE-T装備の新シリーズ『ReadyNAS 424』『ReadyNAS 422』を、同日より販売すると発表した。

[13:22 3/23]

ネットギア、4つの動作モードを選択可能な最高速度1.3Gbpsの無線LAN

ネットギアジャパンは3月15日、法人向けのIEEE802.11ac対応デュアルバンド無線LAN アクセスポイント「WAC730」を同日より販売すると発表した。価格は85000円(税別)。

[13:05 3/15]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>NETGEAR)

 トップへ
コストパフォーマンスに優れたネットワーク製品を提供するNETGEARの最新情報を紹介するカテゴリです。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事