マイナビニュース | ヘルスケア | 大人の悩み

関連キーワード

イチオシ記事

【特別企画】ED治療に来る患者はポジティブな人が多い? - 美容医学とED治療の共通点とは

美容医学の分野とED治療は一見かけ離れているように思えるもの。ところが医師の立場から見れば「若々しさを得たい」というアンチエイジングの点で近いものがあるという。今回は、皮膚科や皮膚形成外科とともにEDの診療も行っているという新宿東口スキンクリニックにて、大宮スキンクリニックなど全国6カ所でクリニックを展開する石井良典総院長に話を伺った。

[09:00 11/15]

新着記事

一覧

夫婦で学ぶ不妊治療セミナー開催 - 生殖医療専門医が解説

京野アートクリニック高輪は12月17日、妊活セミナー「医師が教える 夫婦で学ぶ不妊治療のことはじめ」をTKP品川カンファレンスセンターANNEX(東京都港区)で開催する。時間は13:00~14:00。定員は先着50名で参加費は無料。セミナーでは、不妊治療の大切なポイントを、生殖医療専門医である同クリニックの理事長・京野廣一氏が解説する。

[11:00 11/23]

ケアマネが利用者らから最もよく聞かれることは?

エス・エム・エスが運営するケアマネジャー向けコミュニティサイト「ケアマネドットコム」はこのほど、「ケアマネが利用者や家族からよく聞かれること」に関する調査結果を明らかにした。同調査は11月1日~6日、ケアマネジャー554名を対象にインターネットで実施したもの。

[10:00 11/18]

特別企画

【特別企画】EDお悩み相談室

「これってEDの症状?」「EDの治療方法は?」などの疑問・質問をED治療のお医者さんが解決するスペシャルサイトです。

[18:37 2/9]

新着記事

一覧

自宅で最期を迎えるためのガイド本発売 - 看取り実績のある診療所を掲載

朝日新聞出版はこのほど、週刊朝日ムック『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん』を刊行した。現在、国民のうち約6割が「自宅で最期を迎えたい」と希望しているという。同書は、自宅で最期を迎えたいと願う人とその家族を対象に、平穏死をかなえるための方法や在宅医療について解説している。

[17:00 11/15]

ときどき介護のち育児へ 第32回 郵便物をめぐるやり取り

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「郵便物」に関するお話です。

[10:42 11/15]

介護を理由に退職を考えた経験がある管理職の割合は?

アデコはこのほど、「介護と仕事の両立」に関する調査結果を明らかにした。同調査は10月、親族を介護した経験があり、直属の部下を持つ管理職(課長職・部長職)600人を対象にインターネットで実施したもの。介護を理由に、退職を考えたことはあるか尋ねたところ、47.5%が「何度も考えたことがある」「1・2回考えたことがある」と答えた。

[10:00 11/11]

健康診断で「要再検査」以上の指摘を受け、病院を受診した人の割合は?

保険ショップ「保険クリニック」はこのほど、「40歳からの健康」に関する調査結果を明らかにした。同調査は10月13日、40歳~60歳の男女各300名を対象にインターネットで実施したもの。普段から健康に気をつかっていることはあるか尋ねたところ、最も多かったのが「食事内容」(320名)だった。

[10:00 11/3]

ときどき介護のち育児へ 第31回 台風の日の過ごし方

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「台風の日」に関するお話です。

[11:06 11/1]

介護現場で使える医療知識をまとめた「便利帖」が発売

翔泳社はこのほど、書籍『介護現場で使える 医療知識&お薬便利帖』を刊行した。同書は、高齢者に多い疾患や薬の知識など、介護職が日々のケアの際に知っておきたい情報をわかりやすくまとめたもの。疾患の主な症状・原因・治療法・処方される薬・日常生活の注意点などを、項目ごとに解説している。

[10:00 10/28]

女性が「対策した方がいい」と思うアラフォー男性の箇所、1位は?

ホーユーはこのほど、「白髪に関する調査」の結果を明らかにした。同調査は10月3日~4日、30代~40代の白髪の男性250名と20代~30代の女性250名を対象にインターネットで実施したもの。女性に対して、ビジネスの場において、どの程度男性の身だしなみが気になっているか尋ねたところ、78.0%が「気になる・やや気になる」と回答した。

[10:00 10/21]

介護保険の自己負担額引き上げ後、サービス利用が減った人の割合は?

エス・エム・エスはこのほど、「介護保険の自己負担額引き上げによる利用者状況の変化」に関する調査結果を明らかにした。同調査は7月28日~8月3日、ケアマネジャー575名を対象にインターネットで実施したもの。負担が1割から2割に増えたことで利用者の介護保険サービス利用等に変化はあったか尋ねたところ、83%が「ない」と回答した。「ある」は17%で、「ない」と比べて60ポイント以上の差がついている。

[13:56 10/20]

外科医が腕を認める医師126名を公表した電子書籍「がん手術の達人」発売

文藝春秋はこのほど、電子書籍オリジナル作品「全国外科医大アンケート ライバルが認める『がん手術の達人』126人 文春e-Books」の配信を開始した。同書では、その結果を大腸、胃、食道、肝膵胆、乳、肺の6部門126人にまとめて紹介している。もし、がんに罹患したとき、本当に担当して欲しい医者は誰なのかを探すために役立つ一冊であるとのこと。

[16:15 10/19]

おにぎりよりチャーハンの方がいい!? 50代以上のダイエットの新常識とは?

オレンジページはこのほど、おとな世代の健康情報誌『おとなの健康 vol.5』を発売した。同誌の特集は、50代以上の人に向けたもので、「ほどよく」やせて見た目が若々しくなり、健康寿命を延ばすことができる正しいダイエットを紹介している。

[17:17 10/18]

ときどき介護のち育児へ 第30回 好物の意外な隠し場所

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「好物をめぐるやりとり」に関するお話です。

[10:20 10/18]

前立腺がんが潜む可能性も!? 尿漏れの症状と原因を専門医に聞く

くしゃみをしたときや重い物を持ちあげたとき、はたまた電車などに乗り遅れまいと走り出したとき……。このような状況下で「実は尿漏れしてまった」という経験、40代以降の人には意外に多いかもしれない。

[11:25 10/16]

【特別企画】オンラインで薄毛治療!? AGA治療のドクターに訊く遠隔診療のメリット・デメリット

最近ニュースなどでも時々耳にする、スマホやパソコンのテレビ電話を使って診察を行う「遠隔診療(オンライン診療)」。実は薄毛治療の分野でも徐々に導入されつつあることをご存知だろうか。通院しないで診察を受けられる事は便利だが、実際のところはどうなのだろう。マイナビニュースでは、AGA(男性型脱毛症)治療を10年以上手がける“銀クリ”こと「銀座総合美容クリニック」の正木健太郎院長に、AGA治療における遠隔診療のメリット・デメリットについてお話をうかがった。

[11:00 10/16]

20代の3人に1人が「薄毛」に悩んでいる - 悩みを感じ始めた年齢は?

アイランドタワークリニックはこのほど、「薄毛」に関する調査結果を明らかにした。同調査は9月11日~15日、20代~50代の男性3万3,500名を対象にインターネットで実施したもの。過去に薄毛に悩んだ経験はあるか尋ねたところ、「はい」は43.2%、「いいえ」は56.8%で、およそ2~3人に1人が薄毛に悩んだ経験があることがわかった。

[09:00 10/15]

「JIN-仁-」の南方先生が老眼や白内障を解説するオリジナルコンテンツ公開

日本アルコンとアルコン ファーマは10月10日、目の疾患啓発に関するオリジナルコンテンツ『「JIN-仁-」x「アルコン」眼の章』を日本アルコンホームページ上で公開した。同日から3週にわたり、毎週1本ずつ計3本を掲載する。

[09:33 10/12]

「肺炎にならないためののどの鍛え方」とは?

扶桑社はこのほど、『肺炎にならないためののどの鍛え方』を発売した。肺炎は、がん、心臓病に続く日本人の死因第3位で、年間およそ13万人が肺炎で命を落としているという。その9割を占めるのが、食道に入るべき飲食物が誤って気道に入ってしまい、雑菌やウィルスなどが肺で炎症を起こすことにより発症する「誤嚥性肺炎」であるとのこと。

[09:00 10/8]

「腰痛 肩こり ひざ痛のいい病院」発売 - 手術数がわかる病院リストも掲載

朝日新聞出版は10月6日、週刊朝日MOOK『腰痛 肩こり ひざ痛のいい病院 首・股関節の病気も解説』を発売する。同書では、腰痛、肩こり、ひざ痛を中心に、首や股関節の病気などに関する最新知識を紹介している。

[15:29 10/5]

ときどき介護のち育児へ 第29回 おばあちゃんの独特な食事スタイル

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「食事スタイル」に関するお話です。

[10:52 10/4]

「年を取った」と感じる瞬間の1位は?

雪印ビーンスタークはこのほど、「シニアの美容・筋肉・栄養に関する意識調査」の結果を明らかにした。同調査は3月28日~29日、40歳~69歳の男女計600人を対象にインターネットで実施したもの。筋肉の衰えを感じる瞬間はあるか尋ねたところ、86%が「ある」と回答した。アクティブシニアが増えていると言われているが、男女ともに8割が筋肉の衰えを感じていることがわかった。

[15:51 10/3]

【特別企画】健全な体に健全な性機能が宿る - ED治療から体全体の健康を考える

内科、小児科、リハビリテーション科、整形外科と地元に根差した地域医療に尽力している京都・伏見区の小川クリニック。こちらでは男性特有の悩みとしてEDや早漏の治療にも力を入れているという。その理由やED治療を通じて得られる健康について、小川一也院長にお話しをうかがった。

[09:00 10/1]

ときどき介護のち育児へ 第28回 認知症のおばあちゃんの行動パターン

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「行動パターン」に関するお話です。

[10:20 9/20]

100歳でも自分で歩くために知っておきたい歩き方とは

翔泳社はこのほど、書籍『100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方』を刊行した。同書では、高齢者とその家族が知っておくおきたい転倒リスクを減らす体づくりと歩き方、歩き方チェック、正しい杖の使い方、安全な歩行に欠かせない筋力維持のトレーニングなどをイラストとともに紹介している。

[10:00 9/17]

シニアが「年を取ったな」と感じた瞬間は?

ネオマーケティングはこのほど、「シニアの食生活と健康意識」に関する調査結果を明らかにした。同調査は8月23日~25日、60歳~79歳の男女1,000人を対象にインターネットで実施したもの。「60歳」という年齢を迎えることについて、健康面での不安があったか、55~59歳だったころを思い出して答えてもらったところ、34.8%が「非常に不安があった」「少し不安があった」と回答した。

[09:00 9/16]

物忘れを実感するようになる平均年齢は?

イノベイジが展開する脳トレーニングジム「ブレインフィットネス」はこのほど、「脳の健康」に関する意識調査の結果を明らかにした。同調査は8月25日~27日、40~69歳までの男女312名を対象にインターネットで実施したもの。「人の名前が思い出せない」などの物忘れを実感しているか尋ねたところ、全体の67.6%が「実感している」と回答した。

[09:48 9/14]

2位はタバコ! 女性がビジネスシーンにおいて不快に感じる臭いの1位は?

パナソニックはこのほど、「ニオイに関するアンケート」の結果を明らかにした。同調査は8月28日~31日、全国の20~49歳の女性500人を対象にインターネットで実施したもの(調査委託先:マクロミル)。ビジネスシーンにおいて「男性の身だしなみで最も気にしている点」を尋ねたところ、44.8%が「ニオイ」と回答した。

[16:16 9/6]

ときどき介護のち育児へ 第27回 おばあちゃんと国会議事堂と私

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「テレビ番組」に関するお話です。

[10:16 9/6]

がん治療臨床医らが考案したレシピが満載の本が発売

光文社はこのほど、『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』を発売した。同書では、がん治療臨床医である古川健司氏と、糖質制限レシピの第一人者と称される麻生れいみ氏が考案した「抗がんサポートレシピ」を紹介している。「ケトン体」を効果的に産生でき、家庭でも手軽に調理できるピザやハンバーグ、カレー、お好み焼きなどボリュームたっぷりのレシピを60品掲載した。

[16:22 9/4]

六本木EDクリニック、スマホで診察を行う遠隔診療開始

六本木EDクリニックはこのほど、新サービス「スマホ遠隔診療」を導入した。「遠隔診療」とは、医療機関に直接来院できない人のために、スマートフォンを利用して医師の診察を行う厚生労働省に認可された診察法のこと。専用アプリをダウンロードすれば、スマホ1つで診察の申し込み、診察ができる。

[17:00 8/31]

バックナンバー

このカテゴリーについて (ヘルスケア>大人の悩み)

 トップへ
EDや更年期障害、糖尿病、薄毛、体臭など、主に中高年男性が悩みとして抱えるものの、なかなか他人に相談できないテーマに関するお役立ち情報を紹介。また、40~50代の年代が年齢的に直面しがちな介護問題に役立つ情報も提供する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事