マイナビニュース | ヘルスケア | 女性の悩み

関連キーワード

イチオシ記事

女性のカラダのことをもっと知ろう! 「生理検定」がオープン

マイナビニュースのヘルスケアチャンネルにこのほど、生理に関する理解が深まる「生理検定」がオープンしました。監修は、女性のデリケートな悩みに沿った医療を提供する喜田直江医師。生理と女性の体の仕組みについて、これまで疑問に思っていたことが解消されるはずです。

[09:00 3/23]

新着記事

一覧

がんと診断された女性が治療と就労を両立できた理由は?

アデコはこのほど、「働く女性におけるがん治療と仕事と両立」に関する調査結果を明らかにした。同調査は7月21日~31日、何らかの形で就業している20~50代の女性200人および企業の人事担当者596人を対象に、インターネットで実施したもの。がんと診断されて不安になったことについて尋ねたところ、56.5%が「仕事への影響」と回答した。

[15:38 8/18]

ビジネスウーマンの疲れの原因の1位は? - 2位は仕事内容

養命酒製造はこのほど、「ビジネスウーマンの疲れの実態」に関する調査結果を明らかにした。同調査は6月30日~7月4日、全国の20歳~39歳の未婚のビジネスウーマン1,000名を対象にインターネットで実施したもの。リラックスしようとしてもできない(気が休まらない)ことにどの程度あてはまるか聞いたところ、63.1%が「非常にあてはまる」「ややあてはまる」と回答した。

[09:00 8/14]

新着記事

一覧

「水着姿に自信がある」と回答した女性の割合は?

ドクターシーラボはこのほど、「水着姿」に関してのアンケート調査の結果を明らかにした。同調査は7月26日~28日、20~49歳の女性324名と20歳~59歳の男女384名を対象にインターネットで実施したもの。20~49歳までの女性324名に「水着姿に自信はありますか?」と尋ねたところ、91.6%が「自信がない」「あまり自信がない」と回答した。「ある」は1.9%、「まあまあある」は6.5%だった。

[10:30 8/13]

エアコンで冷えた体に摂取したいビタミンといえば?

アーモンドミルク研究会はこのほど、「カラダと肌の不調」に関する調査結果を明らかにした。同調査は7月22日~23日、首都圏に住む20代~50代の女性300人を対象にインターネットで実施したもの。肌の不調について気にしていることがあるか尋ねたところ、91.0%が肌の不調を感じていると回答した。

[10:00 8/11]

女性は普段歩いてる距離で「幸福度」が変わる!?

FiNCはこのほど、「ウォーキングに関する調査」の結果を明らかにした。同調査は6月14日~19日、20~49歳の女性1,178名を対象にインターネットで実施したもの。同調査では、「意識的に歩いている・やや意識的に歩いている」と回答した女性を『歩く女子』、「あまり意識的に歩いていない・意識的に歩いていない」と回答した女性を『歩かない女子』と定義している。

[10:06 8/7]

治療実績や内容に並び、不妊治療経験者が病院選びで重視することとは?

不妊治療netはこのほど、「不妊治療の医療機関を選ぶ際に重視するポイント」「不妊治療の医療機関に対する満足/不満の実態」に関する意識調査の結果を明らかにした。同調査は2月13日~16日、20代~50代の不妊治療経験者109名を対象にインターネットで実施したもの。

[17:00 8/3]

美脚づくりに特化したパーソナルトレーニングジムが赤坂にオープン

ウィルゴは9月、美脚専門パーソナルトレーニングジム「STYLESHOWN」を東京都・赤坂にオープンさせる。同ジムは、女性の魅力を引き出す「魅せる美脚づくり」に特化したプログラムと、ジムっぽさを消した「サロンのようなくつろぎの空間」があるトレーニングジム。

[12:32 8/3]

【特別企画】人事担当者は要チェック!子宮頸がん検診でHPV検査を併用したい理由とは

現在、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社では、子宮頸(けい)がん検診の情報サイト『あかずきん.jp』を公開している。

[17:16 7/27]

日本人の体型に合う国産の月経カップが発売 - 最大で12時間使用可能

イマリはこのほど、デザイン・製造とも国内で行った月経カップ「ROSE CUP」を発売した。月経カップは膣内にシリコン製のカップを挿入して経血を溜め、一定時間をおいて経血を捨てるという使い方で、繰り返し使用可能な生理用品。海外ではナプキンやタンポンに次ぐ第3の生理用品として広まっているという。

[17:00 7/27]

子宮頚部異形成の各ステージから子宮頚がんへ移行する確率を医師が解説

女性特有のがんの一つである子宮頚がん。その名称を聞いたことがある人は多いだろうが、「子宮頚部異形成」という言葉を耳にしたことがある人となると、一気にその数は減るのではないだろうか。実はこの子宮頚部異形成は、子宮頚がんの手前の段階にあたる。

[10:56 7/25]

ビタミンA、B、C、Eの中で最も美容と健康によいのは?

エーザイはこのほど、東京都内にてメディアセミナーを開催。同セミナーでは、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長の対馬ルリ子氏が「女性の健康とビタミンの有用性」に関する基調講演を行い、知られざる「ビタミンB群」の驚くべき効能について解説した。

[10:30 7/21]

「10万円以上」は17%! 今夏の脱毛にかける予算は?

NII-NA編集部はこのほど、「2017年の夏の脱毛調査」の結果を明らかにした。同調査は7月10日~14日、女性133人を対象にインターネットで実施したもの。脱毛方法について尋ねたところ、最も多い回答は「脱毛サロン」(68%)だった。2位は「カミソリ・毛抜きでの脱毛」(56%)、3位は「家庭用脱毛器での脱毛」(20%)となっている。

[17:00 7/20]

紫外線対策に使う日焼け止めクリームの不満点は?

筑波乳業はこのほど、「紫外線対策に関する意識調査」の結果を明らかにした。同調査は7月3日~5日、20代~50代の女性400名を対象にインターネットで実施したもの。紫外線対策として、「日焼け止めクリームを塗る」と回答した人は84.3%だった。日焼け止めクリームを使う上で、不満に思うことについて聞くと、「塗り直しが面倒」(26.5%)、「ベタつく」(22.3%)、「結局日焼けする」(19.6%)が上位を占めた。

[11:40 7/14]

エステなどの脱毛サービスを利用している20代女性の割合は?

リビングくらしHOW研究所はこのほど、「ムダ毛処理事情についてのアンケート」の結果を明らかにした。同調査は6月7日~11日、全国の女性1,094人を対象にインターネットで実施したもの。普段のムダ毛のお手入れ状況について尋ねたところ、93.2%が「処理をしている」と回答した。

[14:56 7/12]

生理休暇を取ったことがある女性の割合は?

オムロン ヘルスケアが展開するプロジェクト「オムロン式美人」はこのほど、「生理についてのアンケート」の結果を明らかにした。同調査は5月23日~5月29日、働く女性890人を対象に情報サイトOZmallと共同でインターネットにて実施したもの。生理痛や生理時の体調不良はあるか尋ねたところ、46.0%が「毎月ある」、27.0%が「毎月ではないが時々ある」、17.0%が「たまにある」と回答した。

[17:00 7/10]

不妊治療の情報はどこから入手? - 人よりネットを参考にすることが明らかに

F Treatmentが運営する「不妊治療net」はこのほど、「不妊治療に対するハードル(不満、不安など)」に関する意識調査の結果を発表した。同調査は2月13日~16日、20代~50代の不妊治療経験者109名、不妊治療未経験者250名を対象にインターネットで実施したもの。

[18:06 7/3]

50万円以上が2%! 女性が脱毛のために年間で投資している金額は?

大半の女性にとってムダ毛処理は必要不可欠な行為だ。こまめに毎日カミソリで気になる箇所の毛を剃ったり、2カ月に一度のエステサロンで"メンテナンス"をしてもらったり……方法や頻度は異なるが、各々が自分に合った方法で脱毛をしている。

[17:12 6/30]

毛抜きが2位! 女性200名が最も支持したムダ毛処理方法は?

女性は男性に比べて特有の悩み事が多い。だが、女性同士の普段の会話でそのようなテーマの話は意外としないもの。その好例の一つとして「ムダ毛処理」が挙げられるだろう。ほとんどの女性が定期的に脱毛をしているが、その方法は人それぞれだ。

[17:18 6/29]

顔が4位! 女性が最も脱毛している部位はどこ? - 200名が回答

薄着になる機会が多い夏は、肌の露出度も増えてくるだけに「ムダ毛問題」が女性にとって大きな悩みの種となる。「今週末は何も予定がないから」などとちょっと気を抜いて自己処理を1回お休みしたら、会社で先輩にいきなり「今夜、合コン参加できる!? 」などと誘いが来て焦る……といったシチュエーションに遭遇した経験がある女性もいるのではないだろうか。

[17:05 6/28]

「1週間に1回」が2位! 女性が脱毛をする頻度の最多回答は?

薄着になる夏は、女性にとってムダ毛が気になる季節だ。一年の中でも特に念入りにケアが必要なシーズンだが、女性によってムダ毛の処理や脱毛のタイミングや頻度は異なる。

[17:05 6/27]

ボルダリングもランクイン! - 女性がこれからやってみたいスポーツの1位は?

リビングくらしHOW研究所はこのほど、「運動・スポーツ」についてのアンケート調査の結果を明らかにした。同調査は5月10日~14日、全国の女性913人を対象にインターネットで実施したもの。運動・スポーツを行っている頻度を尋ねたところ、「週1回以上」という回答は約半数で、41.0%は「運動していない」と回答した。

[11:00 6/25]

【特別企画】更年期、誰もが通る道だからこそ今から知っておきたい「女性ホルモン」

20代後半をピークに減少がはじまる女性ホルモン。分泌量には個人差もあり、生活習慣によって減少してしまうことも。ホルモンバランスの乱れは、美容や健康に幅広く影響を及ぼすといわれているが、具体的に分からないという人も少なくないはずだ。今回は、女性ホルモンのバランスが女性の身体にどのように影響するのか、読者のアンケート結果と医師の解説に基づいて解説したい。

[16:30 6/23]

ここまでやれば怖くない!? 経験者が語るPMS対策4選

こんにちは、「生理が重いマン」ことトイアンナです。生理が重いと言えば下腹部の痛みが代表的ですが、私はさらに肩こり、むくみ、冷えと症状のオンパレード。さらに生理前はイライラ、情緒不安定など月経前症候群(PMS)も抱えており、生理前後の1週間は地獄です。

[10:26 6/23]

女性ホルモンに関するさまざまな治療を行うクリニックが丸の内に登場

女性ホルモンに着目した女性医療を提供するクリニックとして、ウィメンズヘルスクリニック東京が6月14日、東京都・丸の内にグランドオープンした。同日は院長の浜中聡子医師による「美しく年を重ねる ~『ホルモンバランス』の重要性について~」と題したセミナーも開催した。

[10:06 6/16]

食事で生理痛対策! 生理中に摂りたい食品と避けたい食品

普段は元気な女性も、生理になると生理痛がつらかったり、体が冷えたり、貧血気味になってふらついたりと、何かと不調を感じるものです。少しでも体調を改善して快適に過ごすために、生理中の食生活を見直してみませんか? 生理中に多い悩み別に、積極的に摂りたい食品と避けた方がいい食品を紹介します。

[16:00 6/15]

生理中のニオイが気になる女性は91% - 具体的に行っていることは?

ユニ・チャームはこのほど、「女性用品の香り」についての調査結果を発表した。同調査は5月8日~15日、一年間に生理用品を使用したことがある1,203人の女性を対象に、インターネットで実施したもの。生理時に、ニオイが気になったことがあるか尋ねたところ、91%が「ある」と回答した。

[13:40 6/15]

不妊を自覚しても受診しない理由、男性は「不妊だと認めたくない」が多い

メルクセローノはこのほど、「妊活および不妊治療に関する意識と実態調査」の結果を発表した。同調査は4月14日~18日、20~40代の男女2万6,689人を対象に、インターネットで実施したもの。子どもを「授かりたい」か尋ねたところ、男性の44.5%、女性の45.1%が「授かりたい」と回答した。特に20代女性は70.1%が「授かりたい」と答えている。

[17:05 6/14]

女性の負担は大きい!? 一生のうち生理にかかる日数とコスト

毎月、女性だけにやってくる「生理」。毎月3~7日間、心身ともに調子が下がったり、思うように体を動かせなかったりするだけでなく、生理用品を揃えるのに費用もかかります。「こんなの不公平!」とグチや文句のひとつもいいたくもなりますよね。生理があることで女性にどれだけの負担がかかっているか、数字にして見てみましょう。

[16:00 6/14]

生理前・生理中に眠くなるのはなぜ? 原因と対処法を医師が解説

生理前や生理中になると、夜に十分な睡眠をとっていても日中に眠くなるという女性の声をよく聞きます。なぜこの時期には、多くの女性がいつもより眠気を感じるのでしょうか? 原因と対策をお伝えします。生理前や生理中に眠気が強くなるという現象には、ホルモンバランスの変動が関係していると考えられます。

[16:00 6/13]

「女性のアンダーヘアにがっかりしたことがある」男性の割合は?

宝島社はこのほど、「ボディの悩み、ムダ毛の悩み」についての調査結果を発表した。同調査は4月30日~5月12日、20~30代の女性1,000人を対象にインターネットで実施したもの。ボディの悩みを尋ねたところ、1位は「ムダ毛」(41%)、2位は「におい」(27%)、3位は「黒ずみ、ザラつき」(18%)となった。

[12:00 6/13]

バックナンバー

このカテゴリーについて (ヘルスケア>女性の悩み)

 トップへ
生理や妊娠などの基礎知識、女性ならではの悩みに関する記事を掲載。産婦人科医といった専門家によるコラムも多数あり、不妊に関する情報も発信。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事