マイナビニュース | ヘルスケア | 心の健康

関連キーワード

イチオシ記事

あなたのメンタルヘルス具合がわかる「うつ診断テスト」がオープン

マイナビニュースのヘルスケアチャンネルにこのほど、精神科の医師が監修した「うつ診断テスト」がオープンしました。

[10:55 8/4]

新着記事

一覧

海外旅行先での「睡眠負債」経験者は5割 - 睡眠を妨げるものとは?

DeNAトラベルはこのほど、「海外旅行中の睡眠負債(日々の睡眠不足が負債のように蓄積された状態のこと)」に関する調査結果を明らかにした。同調査は10月10日~13日、男女2,197名を対象にインターネットで実施したもの。「眠れない・眠りが浅い」など"睡眠負債"を抱えているか尋ねたところ、33.0%が「日頃から睡眠負債を抱えている」と回答した。

[15:57 10/19]

副業で過労?好きな仕事に潜むメンタルリスク

政府の「働き方改革」に呼応して長時間労働の削減に取り組む企業が増える中、社員の副業を認める企業が増えてきました。このことにより、アフターファイブや休日を利用して起業をする人、インターネットを通じた業務…

[20:45 10/18]

新着記事

一覧

悟空のきもち、「たべない睡眠スイーツ店」をテーマにした新店がオープン

ゴールデンフィールドはこのほど、「たべない睡眠スイーツ店」をテーマにした頭のほぐし専門店「悟空のきもち 大阪 心斎橋」(大阪市中央区)をオープンさせた。甘い香りが広がり、スイーツ店にしか思えないエントランス、生クリームやチョコレートモチーフの壁面といった店内の中で、気絶に似た寝落ちを体験できるという

[13:22 10/17]

職場におけるパワハラに対する見解を日本在住外国人に聞いてみた

どの職場にも大なり小なりのパワーハラスメント(パワハラ)が一つや二つはあるはずだ。厚生労働省は職場のパワーハラスメントを「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義している。

[11:02 10/16]

俺って「イクメン」「カジメン」なのに、妻が満足しない訳

おむつ替えやキャッチボールもいとわず、率先して子育てに参加してくれる「イクメン」。料理や掃除、買い物まで、家事をまめにこなしてくれる「カジメン」。「世の夫たちに比べたら、俺ってかなり頑張ってる。それな…

[12:35 10/15]

私もADHD! 第32回 「期限が曖昧なもの」に潜む罠

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「メール返信」に関するお話です。

[10:19 10/12]

「ベストな睡眠時間」や睡眠量の多寡が体に及ぼす影響を医師に聞く

私たちは基本的に毎日就寝することで、体と脳を休めている。健康的な日々を過ごすために睡眠は欠かせないが、人によって寝る時間は異なる。一日最低8時間は寝ないと体調が優れないという人もいれば、毎日4時間の睡眠でバリバリと仕事をこなす人もいる。

[10:13 10/6]

栗原類の自叙伝がマンガに!「発達障害の僕が羽ばたけた理由」 が発売

KADOKAWAは12月8日、『マンガでわかる発達障害の僕が羽ばたけた理由』を発売する。同書は、15万部を突破したモデル・栗原類さんの自叙伝「発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由」のコミック版。コミック版である同書では、ストーリーマンガ仕立てで、発達障害の当事者がどのような気持ちで、どう壁を乗り越えたかが描かれている。

[15:22 9/29]

私もADHD! 第31回 完璧なスケジュール管理の「落とし穴」

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「スケジュール管理」に関するお話です。

[10:54 9/28]

2位は保育士! 高ストレス者の割合が多い職業の1位は?

メディプラス研究所はこのほど、「職業別ストレスオフランキング」の結果を明らかにした。同調査は2~3月、全国の20~69歳の男性7万人を対象にインターネットで実施したもの。職業別に低ストレスが多い順にランキング化したところ、最も低ストレス者の割合が高い職業は「コンサルタント」(ストレスオフ指数127.8)だった。以下「会社役員」(同99.7)、「獣医師」(同97.1)、「高校教師」(同89.5)と続いている。

[16:00 9/26]

京都の景色に癒される人も! 日本在住の外国人にストレス解消法を聞いてみた

ストレス解消法は人によってさまざまだ。おいしいものを飲み食いしたり、スポーツで汗を流したり、好きな映画を見たり、ゲームやアプリに興じたり……。自身の趣味や嗜好に基づいたストレス発散方法はそれこそ無数にあるが、育った文化圏や地域によって何かしら傾向の違いのようなものはあるのだろうか。

[11:07 9/25]

育児エッセイ「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」の新刊が発売

KADOKAWAは9月22日、育児コミックエッセイ『生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 入園編』を刊行する。同書は、長男を出産後にADHDと診断された著者が発達障害グレーゾーンの子どもの育児経験と、困難を乗り越えていく姿を描いたエッセイ漫画『生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした』の続編。

[13:47 9/21]

外国人が日本で最もストレスに感じたことは? - 「理不尽な上下関係」

ストレス社会の現代、多くの人は毎日を生きるのも一苦労ではないだろうか。「朝晩の満員電車」「上司や取引先の理不尽な叱責」「将来に対する不安」「パートナーや家族との口論」など、ストレスの種はいくらでもある。

[10:30 9/18]

ストレスチェック責任者が抱える職場でのメンタルヘルス対策の悩みとは?

アデコはこのほど、「ストレスチェックに関する調査」の結果を明らかにした。同調査は7月28日~30日、改正労働安全衛生法で義務付けられているストレスチェックの責任者300人を対象にインターネットで実施したもの。職場でのメンタルヘルス対策に関わる課題・悩みはあるか尋ねたところ、61.3%が「ある」と回答した。「ない」は31.0%、「わからない」は7.7%となっている。

[16:29 9/15]

私もADHD! 第30回 地層化した我が家の郵便物

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「郵便物」に関するお話です。

[10:18 9/14]

私もADHD! 第29回 私を悩ます喧騒時の会話

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「喧騒時の会話」に関するお話です。

[10:55 9/7]

突然声を失う機能性発声障害の原因や治療法を専門医に聞く

声は私たちが他人と意思疎通を図るうえで重要な役割を果たしている。もしも声を発することができなかったら、自分の考えや意見を主張するのに苦労し、いざというときに周囲にSOSを求めるのも難しくなってしまうだろう。そんな大切な声がある日突然、失われるかもしれないとしたらどうだろうか――。

[10:54 9/1]

仕事のコントロールが困難でストレスがたまりやすい業種の1位は?

ドクタートラストはこのほど、同社が2016年にストレスチェックの実施を受託した321の企業・団体(有効受検者数7万2,311人)における集団分析データをもとに算出した「仕事のコントロール 業種別ランキング」を明らかにした。ランキング1位となった業種は「医療・福祉」だった。「医療・福祉」は、患者や利用者の状況を見て臨機応変に対応しなければならないため、働く側が仕事の手順やペース配分を決めることは困難になりがちとのこと。

[10:16 9/1]

パワハラにも対応! 無料の「働く人の電話相談室」を3日間限定で実施

日本産業カウンセラー協会は、9月8日~10日に通話料無料で利用できる「働く人の電話相談室」を全国19カ所で開設する。この相談室は同協会が、世界保健機関(WHO)が定める「世界自殺予防デー(9月10日)」にあわせ、毎年一定期間開設している。3日間で延べ150名以上の産業カウンセラーがさまざまな悩みに対応するという。

[18:58 8/28]

スタンフォード大のマインドフルネス研究の権威が講座を開催

AZusa, Inc.は9月12日、マインドフルネスの世界的権威であるスタンフォード大学のマーフィ重松教授による「マインドフルネス教室」を「きゅりあん」(東京都品川区)で開催する。時間は18時15分~21時15分。瞑想の手法をベースにした「マインドフルネス」は、実践することによって集中力が高まり、ここぞというときにベストパフォーマンスを発揮できるようになるほか、仕事を効率良く進められるようになるといわれている。

[09:00 8/26]

私もADHD! 第28回 私の体力を奪う忘れ物対策

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「忘れ物対策」に関するお話です。

[10:18 8/24]

認知行動療法がわかりやすく学べる本が発売

翔泳社はこのほど、書籍『自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方』を刊行した。同書は「うつ病」「パニック症」「強迫症」に特化し、認知行動療法についての知識や治療方法の解説、それをベースにしたセルフカウンセリング方法を紹介している。

[09:00 8/19]

私もADHD! 第27回 繰り返される失くし物

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「失くし物」に関するお話です。

[10:19 8/3]

「医療・福祉」が2位! 最も「健康リスク」が高い業種は?

ドクタートラストはこのほど、同社が2016年にストレスチェックの実施を受託した321の企業・団体(有効受検者数7万2,311人)における集団分析データをもとに算出した「健康リスク 業種別ランキング」を明らかにした。健康リスク総合ランキングでは、「運輸」が最も高く、数値は112だった。続いて「医療・福祉」(111)、3位は「生活・娯楽」(104)、「製造」(103)、「宿泊・飲食」(102)となっている。

[11:25 7/28]

山梨県のリゾート施設で「脳疲労」を解消する2泊3日の宿泊プラン開催

保健農園ホテルフフ山梨(山梨市牧丘町倉科)は8月30日、2泊3日の宿泊プラン「脳疲労を解消する マインドフルネス・リトリートプラン」を開催する。同プランは、通常プログラム(ヨガ、農園体験等)に加え、自律神経バランスを整え、しっかりと脳の疲労を回復させていく"マインドフルネス・ブログラム"や、脳疲労を溜めない方法のレクチャー、自身のパターンを知り、習慣を変えるワークブックなどを追加した宿泊プラン。

[10:14 7/26]

上司に言われて疲れが倍増したセリフの2位は「そんなこともできないの?」

養命酒製造はこのほど、「東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態に関する調査」の結果を明らかにした。同調査は6月21日~22日、一都三県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)在住で、東京都で働く20歳~59歳のビジネスパーソン1,000名を対象にインターネットで実施したもの。

[16:16 7/20]

汗が止まらない! 多汗症の原因や治療の必要がある症状を医師が解説

屋外でのスポーツでかく汗は気持ちよいのに、仕事で大勢の前でプレゼンや講演をするときなどに手やわきにかく汗は気になるものだ。だが、ちょっと待ってほしい。他の人に比べ、「汗をかく機会も量も多いのでは? 」と感じた経験はないだろうか。

[11:24 7/20]

私もADHD! 第26回 何かにハマりやすい体質

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「依存」に関するお話です。

[10:18 7/20]

低ストレス女性が、週始めと週の半ばに行っていることとは?

メディプラス研究所はこのほど、「低ストレス女性と高ストレス女性の曜日別行動(基本行動)比較」の結果を明らかにした。同調査は2~3月と4月、全国20~69歳の女性7万人を対象に実施した「ココロの体力測定2017」の結果をもとに分析したもの。睡眠時間や入浴などの基本行動を曜日別に調査したところ、低ストレス女性も高ストレス女性もともに5割以上「湯船に浸かる」ことを心がけていることがわかった。

[10:00 7/17]

チョコレートは脳にいい? - フラバノールが記憶力に与える影響とは

仕事中に小腹が空いたとき、ちょっとした甘いものをつまむ人は多い。その際、「同じ糖分を摂取するならば、少しでも体によい方がいい」ということでチョコを選ぶ人もいるはずだ。カカオポリフェノールが含まれているチョコには、さまざまな健康効果があると言われている。

[11:15 7/12]

バックナンバー

このカテゴリーについて (ヘルスケア>心の健康)

 トップへ
ストレスやコンプレックスなどにまつわる記事を掲載。精神科医といった専門家によるコラムも提供することで、健全な心づくりへの寄与を目的とする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事