マイナビニュース | スマホとデジタル家電 | サウンド / オーディオ

関連キーワード

新着記事

一覧

AUDEZE、平面駆動型インイヤーイヤホンの最上位モデル「LCDi4」

アスクは6月23日、AUDEZEの平面駆動型インイヤーイヤホン「LCDi4」(LCDi4 in-ears with premium cable)の取り扱いを発表した。平面駆動方式の振動板を採用したセミオープン型インイヤーイヤホン。ドライバーは大口径の30mmサイズだ。発売は2017年7月末で、市場予想価格は税別328,000円前後。

[17:42 6/23]

AUDEZE、平面磁気ドライバーを載せた開放型オンイヤーヘッドホン

アスクは6月23日、AUDEZEの平面磁気ドライバー搭載オンイヤーヘッドホン「SINE DX」の取り扱いを発表した。約290gの軽量設計ながら、大型の80×70mmサイズの平面磁気ドライバーを搭載する。発売は2017年7月末予定で、価格はオープン。推定市場価格は税別79,800円前後。

[14:55 6/23]

新着記事

一覧

パイオニア、聴きながら充電できるLightningイヤホンにApple Store限定色

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは23日、パイオニアブランドのLightning直結イヤホン「RAYZ Plus」の限定色ローズゴールドとブラックを、Apple Storeで取り扱い開始した。Apple Store価格はいずれも税別17,800円。

[13:58 6/23]

ティアック、「MD-70CD」購入でMDデッキなど対象商品を10,000円にて下取り

ティアックは、期間中(6月20日から9月30日)にCDプレーヤー/MDデッキ「MD-70CD」を買ったのち、自分の持っているMDデッキなどの「下取り対象品」を送ると、10,000円で下取りするキャンペーンを開始した。

[13:52 6/23]

暑い夏こそ使いたい? おすすめノイズキャンセリングイヤホン5選

スマホは季節を問わず、音楽や動画を楽しむのに欠かせないツールだ。ところが暑い夏が来ると、春まで愛用してきたヘッドホンも耳元に汗がたまってつらくなる。やはり夏にはイヤホンを使うのがベターだ。今回はイヤホンの中でも、周りの騒音を低減するノイズキャンセリングイヤホンを5つおすすめしたい。

[07:00 6/23]

サンワサプライ、ヘッドホンの定位置を作るアルミ製ヘッドホンスタンド

サンワサプライは、アルミボディのヘッドホンスタンドを2種発売した。ケーブルをまとめられるケーブルオーガナイザーがついた「200-STN026GM」は2,480円(税込)、ケーブルオーガナイザーに加えてUSBポートなどがついた「400-HUB052」は3,980円(税込)だ。WEB直販サンワダイレクトにて購入でき、どちらも送料は無料となっている。

[19:09 6/22]

ヤマハ、複数でのセッションにも対応したコンパクト設計ヘッドホンアンプ

ヤマハは、楽器用ヘッドホンアンプの新製品として、ヤマハミキシングヘッドホンアンプ「SessionCake」の「SC-01」「SC-02」を6月24日に発売する。市場予想価格は「SC-01」が7000円(税抜)、「SC-02」が9000円(税抜)。

[18:08 6/22]

クアルコム、スマートスピーカーなどオーディオ機器向け新プラットフォーム

クアルコムは、オーディオを取り巻く環境が近年大きく変化していることを受け、スマートスピーカーやワイヤレススピーカーなどに向けた5つの新たなプラットフォームを発表した。

[17:17 6/21]

オーテクがsumikaとコラボ、イヤホン発売を記念しリリックビデオ公開

オーディオテクニカは6月21日、ワイヤレスイヤホン「ATH-CKR75BT」「ATH-CKR55BT」「ATH-CKR35BT」の発売を記念し、ロックバンド「sumika」とコラボレートしたオリジナルリリックビデオを公開した。合計200組400名を特別イベントに招待する「買ってつながる! ワイヤレスミュージックキャンペーン」も実施する。

[16:43 6/21]

パイオニア、iPhoneでの電話会議に向いたスピーカーフォン「RAYZ Rally」

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは21日、パイオニアブランドより、Lightning接続のスピーカーフォン「RAYZ Rally」を発表した。価格はオープンで、推定市場価格は14,000円前後(税別)。一般発売モデルは2色用意し、アイス「XW-LTS5(W)」は7月下旬、オニキス「XW-LTS5(B)」は8月下旬に発売となる。

[15:59 6/21]

クアルコムが最新のオーディオ用チップセットを解説 - 「スマートスピーカー」「ヒアラブル」を後押し

クアルコムは20日、最新オーディオ関連IoTソリューションの説明会を開催。スマートスピーカーやワイヤレスヘッドホンなど、同社が展開するオーディオ向けチップセットの特長について説明した。Voice&Music部門のゼネラルマネージャーを務めるAnthony Murray氏は、オーディオを取り巻くさまざまな状況を踏まえ、クアルコムでは5つの新しいプラットフォームを定義したと説明した。

[11:51 6/21]

10代女子の8割が音楽「毎日」聞く、聴き方はYoutubeや無料のストリーミング

GMOメディアが運営する10代女子向けの調査機関「プリキャンティーンズラボ」が10代女子に向けた「音楽に関する調査」を実施し、その調査結果を発表した。調査期間は2017年5月22日から5月25日、調査方法はインターネットリサーチで、有効回答数は160名だった。

[11:24 6/21]

ローランド、76鍵のワークステーション型シンセサイザー「FA-07」を発表

ローランドは、レコーディング・システム(シーケンサー)、サンプラー、エフェクターといった機能を装備した76鍵のワークステーション型シンセサイザー「FA-07」を7月に発売する。価格はオープン。市場想定売価は、税込で160,000円前後となる模様。

[22:05 6/20]

ローランド、米Studio Electronics社と共同開発による小型アナログシンセ

ローランドは、コンパクトな筐体に本格的なサウンド詰め込んだ「Roland Boutique(ローランド・ブティーク)シリーズ」の新モデルとして、米Studio Electronics社と共同開発したアナログシンセサイザー「SE-02」を7月に発売する。価格はオープン。市場想定売価は、税込で70,000円前後となる模様。

[22:05 6/20]

iPhoneでバイノーラル録音できるVRイヤホン、上海問屋から

ドスパラは16日、バイノーラル録音用マイク搭載のiPhone専用VRイヤホン「DN-915037」を、同社運営の「上海問屋」にて発売した。価格は税込9,999円。「バイノーラル録音」に対応し、臨場感のある音源を聴いたり録音したりできる。また、動画の視聴中も、撮影場所に戻ったかのようなリアルな立体音響を楽しめる。

[18:57 6/19]

e☆イヤホンの独自チューニングを施したイヤホン「AUGLAMOUR R8-J」

e☆イヤホンは6月17日より、イヤホン「AUGLAMOUR R8-J」の国内独占販売を開始する。価格は税込4,980円。2016年2月にリリースした「AUGLAMOUR R8」に、e☆イヤホンが独自チューニングを施した限定版となる。メタルベースのきょう体は、装着感に配慮し形状を改良している。また、きょう体内のエアーフローを最適化するため、空気穴とフィルターによって気流を調整した。

[16:48 6/16]

ソニー、スピーカー通話&遠隔カメラシャッター対応のBluetoothヘッドセット

ソニーは6月16日、スピーカー搭載のワイヤレスヘッドセット「SBH56」を発表した。発売は7月15日。価格はオープンで、推定市場価格は税別9,000円前後。洋服などにクリップで取り付けた状態でスピーカー通話ができるほか、本体にカメラボタンを搭載し、ワイヤレス接続したカメラのシャッターを遠隔で操作することも可能だ。

[13:00 6/16]

ソニー、音漏れを抑えるカラバリ豊富なイヤホン4機種

ソニーは6月16日、「EXシリーズ」のイヤホン4機種を発表した。発売は7月15日で、価格はオープン。推定市場価格は、「MDR-EX255AP」が3,600円前後、「MDR-EX255」が3,200円前後、「MDR-EX155AP」が2,600円前後、「MDR-EX155」が2,000円前後。いずれも音漏れを抑える機構を搭載。MDR-EX255APは高磁力ネオジウムマグネットを採用している。

[13:00 6/16]

ソニー、マイク付きリモコン装備の重低音イヤホンなど3機種

ソニーは6月16日、重低音を力強く再生する「EXTRA BASSシリーズ」かのイヤホン3機種を発表した。発売は7月15日で、価格はオープン。推定市場価格は、「MDR-XB75AP」が7,200円前後、「MDR-XB55AP」が4,500円前後、「MDR-XB55」が4,000円前後。MDR-XB75APは、制振性に優れたアルミ製ハウジングを採用している。

[13:00 6/16]

Astell&Kernの新フラッグシップ「A&ultima SP1000」が予約開始、約50万円

アユートは、Astell&Kernの新しい最上位ポータブルプレーヤー「A&ultima (エー アンド ウルティマ) SP1000」のStainless Stellモデルについて、発売日を7月7日に決定した。6月16日より先行予約を開始している。価格はオープンで、直販価格は税込499,980円。Copperモデルの発売日は追ってアナウンスされる。

[11:00 6/16]

約50万円の超高級音楽プレーヤー「A&ultima SP1000」、その魅力は

ポータブルプレーヤーの名門、Astell&Kern (アステル アンド ケルン)からニューモデルが発売される。その名も「A&ultima (エー アンド ウルティマ) SP1000」、一切の妥協を排し設計された新フラッグシップだ。いち早く製品に触れる機会を得たため、その質感と外観、サウンドクオリティについてレポートしたい。

[11:00 6/16]

パイオニア、狭いスペースにもすっきり収まるBluetooth対応のCDミニコンポ

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは15日、パイオニアブランドのCDミニコンポ「X-SMC02」を発表した。ホワイトとブラックの2モデルを用意。6月下旬より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は税別20,000円前後。

[18:16 6/15]

Skullcandy、水に浮かべて使えるパワフルなBluetoothスピーカー3モデル

Skullcandy Japanは6月14日、Bluetoothスピーカー「Barricade」シリーズ3モデルを発表した。6月23日より発売する。価格は4,980円より(税別)。シリーズ最大サイズの「Barricade XL」は、IPX7の防水性能を備え、水に浮かべて使うことができる。また、独自技術「Supreme Sound」により豊かな音質と力強い大音量を出力する。価格は18,333円(税別)。

[16:24 6/14]

Spotify、好みの曲が途切れることなく流れる「Spotify Radio」機能を追加

スポティファイジャパンは6月13日、音楽ストリーミングサービス「Spotify」において、新機能「Spotify Radio」を提供開始した。ユーザーが選択した曲やアルバム、プレイリスト、アーティストなどをもとに自動で選局する機能で、Spotifyのレコメンデーションにより、ユーザーがこれまで選んできた曲と雰囲気が近い音楽が集まるようになっている。

[17:55 6/13]

パナソニック、キッチンでも安心な防滴仕様のBluetooth対応ラジオ発売

パナソニックは6月13日、Bluetooth対応ラジオ「RF-200BT」を発表した。発売は7月21日。価格はオープンで、推定市場価格は10,000円前後(税別)だ。Bluetoothに対応しスマートフォンなどの音楽を手軽にかけられる小型ラジオで、本体にIPX3相当の防滴仕様を施しているので、キッチンやダイニングなどでも使用が可能だ。

[17:20 6/13]

AKGのノイズキャンセルイヤホン「N20NC」、小型ハウジングに高い騒音低減率

ハーマンインターナショナルは6月13日、AKGのノイズキャンセリング対応イヤホン「N20NC」を発表した。発売は6月17日。価格はオープンで、直販価格は税別19,880円。小型ハウジングを採用しながら、高い騒音低減率を実現したノイズキャンセリングイヤホンで、ノイズキャンセリングの方式は「ハイブリッド方式ノイズキャンセリング」となっている。

[16:35 6/13]

ゼンハイザー、ネックバンド型で低域重視のBluetoothイヤホン「CX 7.00BT」

ゼンハイザージャパンは6日、ネックバンドデザインを採用したBluetoothイヤホン「CX 7.00BT」を発表した。2017年夏に発売予定で、価格は未定。サウンドは低音を重視しているという。Bluetooth 4.1でのワイヤレス接続が可能で、aptXなどのコーデックに対応。NFCを搭載するので、ペアリングがワンタッチで行える。

[14:51 6/9]

6ドライバー搭載のイヤモニ「ROSIE」、実は8ドライバーだった

アユートは6月9日、Astell&KernとJH AUDIOがコラボレーションしたインイヤモニター「ROSIE」について、ドライバー数の表記に誤りがあったと発表した。製品発表当初、BAドライバーを片側6基の搭載とアナウンスしていたが、実は片側8基に仕様変更していたことが発覚。なお、アユートを通じて日本国内に流通しているものは、すべて仕様変更後の製品(ドライバー8基)となっている。

[11:00 6/9]

ティアック、USB出力対応で税別19,800円のレコードプレーヤー

ティアックは7日、アナログターンテーブル「TN-100」を発表した。7月下旬より発売する。価格はオープンで、直販価格は税込21,384円。廉価なスピーカー一体型ターンテーブルに使われるセラミック式カートリッジではなく、ダイヤモンド針を使用したMM型カートリッジを搭載。針圧調整やトラッキングフォース調整などを行うことなく、すぐにレコード再生を楽しめる。

[19:44 6/8]

JBL、クインシー・ジョーンズが監修したプレミアムなBluetoothヘッドホン

ハーマンインターナショナルは6月8日、JBLのBluetoothヘッドホン「E55BT QUINCY EDITION」を発表した。発売は6月17日。価格はオープンで、直販価格は税別19,980円。Bluetoothヘッドホン「E55BT」のサウンドを、アメリカを代表する音楽プロデューサーであるクインシー・ジョーンズが監修したモデルとなっている。

[19:07 6/8]

バックナンバー

このカテゴリーについて (スマホとデジタル家電>サウンド / オーディオ)

 トップへ
ピュアオーディオ、プロジェクタ、シアターなど趣味のAV情報を紹介。

人気記事

一覧

新着記事