マイナビニュース | スマホとデジタル家電 | その他ガジェット

関連キーワード

新着記事

一覧

米Amazon「Echo Look」発表、ファッション向けのスマートな自撮りカメラ

米Amazonは4月26日(現地時間)、Echoファミリーの新デバイス「Echo Look」を発表した。LEDライト、カメラ、マイク、スピーカーを内蔵、Alexaに対応する。音声操作で全身を自撮りできるハンズフリーカメラであり、服選びをサポートする"スタイルアシスタント"でもある。価格は199.99ドル、招待制で制限した販売になっており、米Amazon.comにおいて招待の申し込み受け付けが始まった。

[13:49 4/27]

サンコー、スマホで自宅をカラオケ部屋にする"どこでもカラオケマイク"

サンコーは4月24日、「スマホでどこでもカラオケマイク」を発売した。スマホで簡単にカラオケが楽しめるマイクだ。スピーカー内蔵で、まるでカラオケルームのような臨場感を味わえるという。

[19:05 4/25]

新着記事

一覧

DJI、ドローンの空撮映像をほぼリアルタイムで視聴できるゴーグル

DJIは25日、同社製ドローンの空撮映像をほぼリアルタイムで視聴できる一人称視点ゴーグル「DJI GOGGLES」を発表した。Mavic ProやPhantom 4シリーズといった対応ドローンであれば、側面にあるタッチパッドで写真や映像撮影の調節も可能。対応機種は、Mavic Pro、Phantom 4シリーズ、Inspireシリーズ。

[18:20 4/25]

GoProのドローン「Karma」が6月に日本上陸、推定15.8万円

GoProは4月24日、ドローン「Karma」を6月に日本で発売すると明かした。音声操作に対応したアクションカメラ「HERO5」と、手持ちスタビライザー「Karma Grip」を同梱し、推定市場価格は税別158,000円前後。ドローン単体での販売も行われる予定だ。

[22:31 4/24]

スマートトイ「BB-8 by スフィロ」に「ローグ・ワン」を一緒に見る機能

スフィロは、同社が販売するスマートトイ「BB-8 by スフィロ」において実装している機能「一緒に映画をみよう」において、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」への対応を発表した。

[21:38 4/24]

海外モバイルトピックス 第108回 Tシャツやカバンや財布も作る、スマホメーカーのファン獲得作戦

最近のスマートフォンメーカーは、端末を使うのに欠かせないケースやUSBケーブルなどを販売するところが多い。サードパーティー製ケースが山のように売られているiPhoneであっても、Appleから様々なケースなどが販売されている。だがスマートフォンの販売だけでは物足りないのか、スマートフォンとは直接関係の無い、洋服やカバンを売り出すメーカーがある。中国の新興スマートフォンメーカーのシャオミ(Xiaomi)だ。

[16:35 4/24]

「テプラ」新モデル「PRO SR170」が発売延期、ソフト不具合で

キングジムは4月24日、4月4日に発表したラベルライター「テプラ」の新モデル「PRO SR170]」の発売延期を告知した。PRO SR170は、テプラシリーズで初めて「お名前タグ」印刷機能と「ピッとコード」印刷機能を搭載した製品。今後の発売日は決まり次第、同社公式サイトなどを通じ案内される。

[14:58 4/24]

Xperia Touchで「家族同士のタッチポイントを作り出す」 - 投影した画面にタッチできるプロジェクター

ソニーモバイルコミュニケーションズは4月20日、「Xperia Ear」に続くスマートプロダクトの第2弾、「Xperia Touch」を発表。その発表会では、プロジェクターで壁や机に投影したスクリーンを直接タッチして操作できるという特徴的な製品を展開する狙いと、それを実現する技術などについて説明がなされた。

[06:00 4/21]

猫の散歩ルートも記録できる、超小型GPSデータロガー

サンコーは4月19日、「超小型GPSデータロガー"お散歩ロガー"」を発売した。価格は4,480円(税込)。14gと軽量なGPSロガーで、電源を入れて持ち歩けば通った経路を記録できる。記録したログは「Google Earth」を使うとパソコンで確認可能。サイクリング・ジョギングの記録や、外飼いの猫の散歩ルートを把握するのに使える。

[19:19 4/20]

ソニー、プロジェクター型「Xperia Touch」を6月国内発売、価格は約15万円

ソニーモバイルコミュニケーションズは20日、壁やテーブルなどに投射したスクリーンに触れて操作するプロジェクター型スマートプロダクト「Xperia Touch」(G1109)を国内発表した。量販店やソニーストアで、6月9日から予約開始する。出荷開始は6月24日から。価格はオープンで、直販価格は149,880円(税別)。

[13:00 4/20]

奥行き20mmの薄型ボディでどこでも設置! 「Wi-Fi接続 超小型・軽量アクションカメラ」で桜を見納め

アクションカメラと言えば「GoPro」が代名詞的存在ですが、それなりの大きさがあるため狭い場所に設置できなかったり、仰々しくて威圧感を与えてしまうことがあります。そこで今回ご紹介したいのが上海問屋の販売する「Wi-Fi接続 超小型・軽量アクションカメラ」です。

[06:00 4/19]

キングジムの「こはる」、シールプリンターで日常をかわいく

キングジムは4月18日、都内で記者向け説明会を開催し、新ブランド「HITOTOKI (ヒトトキ)」を発表した。コンセプトは「日々を楽しむ文房具」。また、HITOTOKIシリーズの製品第1弾として、テーププリンター「こはる MP20」も披露した。発売は5月19日で、価格は税別6,800円となっている。HITOTOKIは夏以降に製品を拡大していく意向で、主に30~40代の女性をターゲットにしていくとのこと。

[23:21 4/18]

PS Vitaの「おそ松さん」コラボモデル、ソニーストア限定で予約開始

ソニーストアは4月18日、「PlayStation Vita」(PS Vita)と「おそ松さん」のコラボレーションモデル「PlayStation Vita おそ松さん THE GAME 6つ子 スペシャルパック」の予約受付を開始した。6月29日から数量限定で発売する。注文はオンラインのソニーストアのほか、銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神のソニーストア実店舗、全国のe-ソニーショップで行える。価格は税込28,450円。

[18:58 4/18]

プリンストン、繰り返し使用できる電子メモパッド「ideaBoard」

プリンストンは電子メモパッド「ideaBoard」を4月28日(金)に発売する。

[12:14 4/18]

見たままの風景を撮影できるヘッドマウントカメラ「LookCam」

サンコーは4月17日、Android対応ヘッドマウントカメラ「LookCam」を発売した。価格は税込7,980円。見たままの風景に近い画像や映像を撮影できるヘッドマウントカメラ。撮影や再生の操作はスマートフォンから行う。スマートフォンとは付属のUSB type-Cアダプタで接続。本体はIP67相当の防水防塵性能を持ち、雨の日でも撮影できるという。

[10:31 4/18]

【特別企画】若きピアニスト・牛田智大が奏でる至高の音色 - カシオの電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」

カシオ計算機の電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」(セルヴィアーノ グランドハイブリッド)を使用したイベントが2月末に開催された。会場となったのは、世界的ピアニストであるマルタ・アルゲリッチ氏の名を冠する「しいきアルゲリッチハウス」(大分県別府市)。若きピアニストの奏でる楽曲に、満席の観客が酔いしれた。

[07:00 4/18]

海外モバイルトピックス 第107回 ガラホ人気は日本だけじゃない? 海外でも増えるガラホたち

携帯電話からスマートフォンへの乗り換えはなかなか難しい、そう考える消費者のために10キーを搭載した携帯電話スタイルのスマートフォン、いわゆる「ガラホ」が日本でも人気だ。見た目は携帯電話なのに、中身はAndroid OSを搭載しているため、スマートフォン向けアプリを入れることのできる製品も多い。このガラホが最近は海外でも少しずつ増えている

[16:19 4/17]

【特別企画】2Dと3Dを切替えられるVRゴーグル型プレーヤー - スマホなしでも再生可能

上海問屋は、Android OSを搭載しスマートフォンがなくてもネット動画を視聴できる「VRゴーグル型2D/3Dメディアプレーヤー」を発売した。価格は11,999円(税込)。

[11:00 4/13]

サンコー、360度撮影できるルームミラー型ドライブレコーダー

サンコーは11日、360度方向を撮影できるルームミラー型ドライブレコーダー「ミラー型 360 度全方位ドライブレコーダー」を発売した。価格は19,800円(税込)。

[19:21 4/12]

カシオ、販売・飲食業や宿泊・交通業に向けたデジタル英会話学習機

カシオ計算機は4月11日、ポケットサイズのデジタル英会話学習機「joy study」のラインナップを拡充し、販売・飲食業種向けの「JY-L04」と、宿泊・交通業種向けの「JY-L05」を発表した。4月21日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格はともに10,000円前後の見込み。

[19:43 4/11]

パナソニックの新・アルカリ乾電池「EVOLTA NEO」 - 今度はノルウェーのフィヨルドで1000m登頂に挑む

パナソニックは4月10日、新・アルカリ乾電池「EVOLTA NEO」の性能をアピールする実証実験として、EVOLTA NEOで動くロボットでノルウェーのフィヨルド、1,000m登頂を目指す「乾電池EVOLTA新チャレンジ」を発表。EVOLTA NEOは、「パナソニック史上No.1長もち」を実現した、同社としては9年ぶりの新しい乾電池。オープン価格で、26日に発売される。

[20:13 4/10]

「PlayStation VR」の追加販売、4月29日に開始

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、「PlayStation VR」(PS VR)の追加販売を4月29日に開始すると発表した。オンラインでは、ソニーストアのほか、Amazon.co.jp、Joshin Web、TSUTAYA オンラインショッピング、ビックカメラ.com、ヨドバシ・ドット・コム、楽天ブックスで取り扱う。

[13:59 4/10]

海外モバイルトピックス 第106回 スマートフォンのカメラ競争、次はフロントカメラになる

ここ数年コンパクトデジカメ(コンデジ)の売り上げが急減しているが、もはや日常的に撮影する写真はスマートフォンで写したほうがキレイ、そんな時代を迎えている。各メーカーのスマートフォンカメラの性能競争はまだまだ止まらない。メインカメラのデュアルレンズ化に続き、今やフロントカメラ性能の強化が始まっているのだ。

[21:38 4/7]

スマホ向けUbuntu開発終了、Ubuntu標準デスクトップ環境は再びGNOMEに

英Canonicalは4月5日、デスクトップ版のUbuntuの標準インターフェイスをUbuntu 18.04 LTS (2018年春リリース予定)からGNOMEに戻す計画を明らかにした。2011年4月リリースのUbuntu 11.04からUnityが用いられている。Ars Technicaによると、Ubuntuベースのスマートフォンやタブレットを開発するプロジェクトの終了に伴う変更だ。

[10:14 4/6]

海外モバイルトピックス 第105回 ニューヨークのアマゾンロッカーを使い、海外スマホのケースを買ってみた

最近は海外メーカーのスマートフォンが日本でも多く売られるようになってきた。だがケースなどのアクセサリ類はあまり発売されていないのが実情だ。海外通販を使う手もあるが、意外と送料がかかるケースもある。もしも海外旅行へ行くことがあれば、いっそのこと現地の携帯電話ショップなどで探してみるのがいいかもしれない。海外のアマゾンでは様々な製品が取り扱われており、スマートフォンのケースも様々なモデルのものが販売されている。

[19:09 4/5]

上海問屋、立体的な作品を作れる5999円の3Dプリントペン

ドスパラは4月5日、同社運営の「上海問屋」にて、空中に絵を描くような感覚で作品を作れる3Dプリントペン「DN-914726」を発売した。価格は税込5,999円。使用するには、電源を入れて使うフィラメントの種類(ABS / PLA)を選び、フィラメントを挿入口にセット。スピードコントローラーでフィラメントが出る速度を調整すると準備完了となる。

[17:03 4/5]

離れたペットと一緒に遊べる見守りカメラ、日本エイサー「PAWBO+」 - 外出先からおやつをあげたり、猫じゃらし機能も

日本エイサーは4日、スマートフォンやタブレット端末から自宅にいるペットの様子を見守れるカメラ機器「PAWBO+」(パウボプラス)を発表した。同日からAmazonとAcer Direct楽天市場で予約受付を開始し、4月11日から発売する。メーカー希望小売価格は税込29,800円。都内のカフェで行われた記者説明会の模様を紹介したい。

[22:42 4/4]

キングジムの新しい「テプラ」 - リボンでオリジナル名前タグを作れる

キングジムは4月5日、ラベルライター「テプラ」の新モデル「PRO SR170」を発表した。発売は4月27日で、希望小売価格は8,800円(以下、価格はすべて税別)。テプラシリーズで初めて「お名前タグ」印刷機能と「ピッとコード」印刷機能を搭載した。このほか、「てがき」フォントや絵文字、外枠などの新しいデザインを追加している。

[18:55 4/4]

上海問屋、夜間でも鮮明に記録できるフルHDドライブレコーダー

ドスパラは4月4日、同社運営の「上海問屋」にて、フルHDドライブレコーダー「DN-914729」を発売した。価格は税込4,999円。エンジンをかけると自動で録画を開始するフルHDドライブレコーダーだ。1分 / 2分 / 3分 / 5分ごとに新しい動画ファイルを作成。メモリカードの容量がいっぱいになると、古いデータから自動で上書きして録画を繰り返す。

[18:49 4/4]

スマホでテレビやエアコンを操作できるようにする学習リモコンユニット

サンワダイレクトは3日、「学習リモコンユニット(スマートフォン・Bluetooth接続・家電スマートリモコン・テレビ・Blu-ray・エアコン・照明対応) 400-RC001」を発売した。「サンワダイレクト」での直販価格は5,815円(税別)。家電の操作は、スマホの専用アプリ「AIFA リモートコントローラー」から行い、1種類ごとに1台ずつ、4台までの家電のリモコンを登録できる。

[19:35 4/3]

バックナンバー

このカテゴリーについて (スマホとデジタル家電>その他ガジェット)

 トップへ
TV、レコーダ、電子辞書、ポータブルオーディオ、ボイスレコーダなどのデジタル家電情報を紹介。

人気記事

一覧

新着記事