マイナビニュース | スマホとデジタル家電 | 生活家電

関連キーワード

新着記事

一覧

ドンキ、14,800円のロボット掃除機 - 外出先からスマホで操作できる

ドン・キホーテは11月22日、プライベートブランド「情熱価格PLUS」の新ラインナップとして、「スマホとつながるWi-Fi対応ロボットクリーナー」を発表した。発売は11月29日。価格は税別14,800円。Wi-Fi機能を搭載したロボット掃除機で、スマートフォンやタブレットにインストールした専用アプリを使えば外出先からでも操作できる。

[16:25 11/22]

アクア、食材の「冷凍焼け」を防ぐ冷凍冷蔵庫

アクアは11月20日、冷凍冷蔵庫の新製品となるSVシリーズ(定格内容積が272L・355L・415Lの3モデル)を発表しました。食材の「冷凍焼け」を防ぐ、旬鮮チルドという仕組みを採り入れたり、大幅な省エネ化を実現したりと、見どころの多い新モデルです。

[13:42 11/22]

新着記事

一覧

アイロボット、コスパに優れた3万円台のルンバ

アイロボットジャパンは11月22日、ロボット掃除機ルンバのスタンダードラインナップとして、600シリーズの新モデル「ルンバ641」を発売した。価格は39,880円(税別)。ルンバ641は日本オリジナルモデルで、独自の3段階クリーニングシステムにより、3つの清掃作業を同時に行う。Wi-Fiには対応していない。

[13:34 11/22]

布団に「ほかほかダニ退治くんクリーナー」- 税込7,980円

サンコーは11月21日、布団クリーナー「ほかほかダニ退治くんクリーナー」を発売した。価格は税込7,980円。約65度の温風で繊維にしがみついた吸い取りにくいダニを退治し、繊維からダニを引き剥がすとしている。さらに、温風により布団内の湿気も除去するという。引き剥がしたダニやハウスダストは、本体に装備した2枚のプレートの高速振動により、毎分4,800回のたたき動作を行いながら吸引する。

[12:39 11/22]

シャープっぽい! 空気清浄機とLEDシーリングライトを一体化したら何が良い?

シャープは11月22日、天井設置型のプラズマクラスター空気清浄機「FP-AT3」を発表した。LEDシーリングライトと空気清浄機が一体となったユニークな製品。設置スペースや空気の流れにメリットを出した。発売は2018年1月20日、オープン価格で、推定市場価格は税別90,000円前後。

[11:00 11/22]

アイリスオーヤマ、除湿機とサーキュレーターが合体した衣類乾燥除湿機

アイリスオーヤマは11月21日、除湿機とサーキュレーターが一体になった「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」を発表した。発売は12月1日。価格はオープンで、参考価格は24,800円(税別)。サーキュレーター衣類乾燥除湿機は、衣類の乾燥や、部屋の除湿に使える機器。除湿方式はヒーターを利用したデシカント式だ。

[17:09 11/21]

夫婦は仲良く家事と家電をシェア - 夫に人気の家事は……

共働きの家庭が増えるに従って、家事をする男性も増えているといいます。一方で、SNS上などでは「ワンオペ育児」「結局、妻が家事担当」など、パートナーとの家事分担に悩む投稿が目立ちます。「家庭運営」というプロジェクトを家族みんなで運営するコツはあるのでしょうか。

[08:00 11/21]

アイリスオーヤマ、日常を彩るパステルカラーの電子レンジやトースター

アイリスオーヤマは11月20日、「日常をもっと楽しく」をテーマとした調理家電シリーズ「ricopa(リコパ)」に、新たに3アイテムを追加した。追加したのは電子レンジ、オーブントースター、ミニホットプレートの3つで、11月24日から発売する。3製品ともにホーローをイメージした、アッシュピンク、アッシュブルー、アイボリーの3色を用意している。

[16:51 11/20]

シャープ、車のニオイを抑えるプラズマクラスター発生器

シャープは11月20日、車の臭いを抑える車載用のプラズマクラスターイオン発生器2機種を発表した。カップホルダーに設置する「IG-KC15」と、カーエアコンに取り付ける「IG-KC1」を用意し、発売は2018年1月18日。価格はオープンで、推定市場価格はともに13,000円前後(税別)。

[15:02 11/20]

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび、JPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)は11月16日、シャープのロボット掃除機「COCOROBO」における脆弱性について注意喚起を行った。これによると、COCOROBOにはセッション管理不備の脆弱性が存在し、同じLAN内であれば第三者でもアクセスできるという。

[20:10 11/16]

ハイアール、2モードのスチーム調理を楽しめるオーブンレンジ

ハイアールジャパンセールスは11月14日、付属の「スチームカップ」「角皿」を使って簡単にスチーム調理ができるオーブンレンジ(JM-KNFVH25A、JM-NFVH18Aの2機種)を発表した。発売は11月22日からで価格はオープン、推定市場価格(税別)はJM-KNFVH25Aが16,800円、JM-NFVH18Aが15,800円だ。

[20:22 11/14]

ハイアール、冷凍と冷蔵を切り替え可能な2段式ストッカー

ハイアールジャパンセールスは11月14日、上段を冷蔵に切り替えられる上開き・引き出し式冷凍庫「JF-WND120A」を発表した。上段は上開き式で冷気が逃げにくいのでストック用に、下段は引き出し式で整理がしやすいので食材の保管に向く。発売は11月22日からで価格はオープン、推定市場価格(税別)は49,800円(税別)だ。

[20:21 11/14]

アイスいっぱい入れよ! - アクア、大容量の冷凍冷蔵庫「FREEzing+」

アクアは11月14日、冷蔵庫の新シリーズ「FREEzing+(フリージングプラス)」を発表した。発売は11月17日。3ドアタイプ「AQR-VT32F」の推定市場価格は104,800円前後(税別)、2ドアタイプ「AQR-VD32F」の推定市場価格は99,800円前後(税別)。FREEzing+は、大容量の冷凍庫を備えたシリーズ。3ドアタイプのAQR-VT32Fは、冷凍室に買い物カゴ約3個分の食品を収納できる、上下2段×内蔵2段の4段収納を備える。

[15:31 11/14]

ビックカメラ、店頭でも不要な小型家電回収サービス開始

ビックカメラは、直販サイト「ビックカメラ・ドットコム」および、グループ会社コジマの直販サイト「コジマネット」で導入している小型家電の宅配回収リサイクルサービスを、11日からビックカメラ全店に導入する。提供店舗は全国のビックカメラ全店、Air BIC CAMERA全店。

[13:08 11/10]

谷まりあ胸キュン、泉精器の男らしい電気シェーバー

泉精器製作所は11月9日、男性用の電気シェーバー「Vシリーズ」の2017年モデルを発売した。それに合わせて同日、記者向けの製品発表会が行われた。2017年モデルのVシリーズは、2枚刃から4枚刃まで、ヒゲの濃さや肌質に合わせて選べる9機種を用意し、カラーバリエーションを合わせると11モデルになる。「ハイエンドシリーズ」「グルーミングシリーズ」「ソリッドシリーズ」の3シリーズ展開だ。

[22:49 11/9]

パナソニックのデザイン展 - 家電と暮らし、過去・現在・未来のデザイン

11月上旬、東京ミッドタウンにて「パナソニック デザイン展」が開催されました。2018年に創業100周年を迎えるパナソニックが、商品デザインを通じて、そのデザインの歴史や現在、未来に向けた提案などを紹介するものです。「GOOD DESIGN AWARD 2017」展にて展示中の作品とともに、パナソニックのデザインを過去・現在・未来から俯瞰できる場となりました。

[12:51 11/9]

ルンバがAmazon Alexaに対応 -「アレクサ、ルンバを使って掃除して」

アイロボットジャパンは11月8日、ロボット掃除機「ルンバ」のWi-Fi対応機種が、Amazonの音声アシスタント「Alexa」の日本語版に対応すると発表した。Amazonのスマートスピーカー「Echo」の国内出荷に合わせ、順次サービスを開始する。今回の対応により、Echoに「アレクサ、ルンバを使って掃除して」と話しかけるだけで、ルンバでの清掃を開始できるようになる。

[17:58 11/8]

「ヘルシオ グリエレンジ」で、お弁当や揚げ物ができたてのおいしさに

過熱水蒸気を使うことで、お惣菜のから揚げや天ぷらがまるで作り立てのようによみがえるシャープ「ヘルシオ グリエ」が発売されてから、約1年が経ちました。本日発表された「ヘルシオ グリエレンジ」(AX-HR2)は、過熱水蒸気による温め機能に加えて、新たに電子レンジ機能が搭載されています。発売は12月中旬で、推定市場価格は55,000円前後(税別)です。

[14:30 11/8]

ちっちゃいロボット掃除機「DEEBOT MINI2」、スマホから操作も可能

エコバックスジャパンは11月2日、ロボット掃除機「DEEBOT MINI2」を発表した。発売は11月17日。価格はオープンで、推定市場価格は23,000円(税別)。掃く、吸い込む、モップ掛けを一度にこなせるロボット掃除機。本体底部の両側にあるサイドブラシがごみを掃きよせ、中央部の吸引口からごみを吸い込む。そして、後部のモップが細かい汚れをふき取る仕組みだ。

[18:43 11/2]

ロボット掃除機「ルンバ980」を買うと20,000円キャッシュバック

アイロボットジャパンは11月1日から、ロボット掃除機「ルンバ980」の購入者に対して、20,000円をキャッシュバックする「アイロボット キャッシュバックキャンペーン」を開始した。対象製品(ルンバ 980)の購入期間は2017年11月1日~同年12月17日、応募期間は2017年11月1日~同年12月25日となる。

[14:26 11/1]

おいしいごはん! 期間限定オープン「象印食堂」体験レポート

ごはん、好きですか? ごはんって不思議です。おいしいごはんがあれば、おかずが梅干しだけでも満足。おいしいごはんを食べるために、ハイスペックな炊飯器を買おうかな……と思っているなら、ハイスペックな炊飯器で炊いたごはんを食べに行ってみませんか。

[08:00 10/29]

日立、ごみエリアを判断する小さなロボット掃除機「minimaru」

日立アプライアンスは10月27日、2016年11月に発売したロボット掃除機「minimaru(ミニマル)」の2代目「RV-EX1」を発表した。発売は11月25日。価格はオープンで、推定市場価格は100,000円前後(税別)。RV-EX1は、W25×H9.2×D25cmのコンパクトなサイズで、テーブルやイスの足の隙間など、家具の隙間部分に入りやすいロボット掃除機。

[14:07 10/27]

パナソニックの家電、100年の歩みと未来をVRで体験 - 「Creative! GALLERY」へ行ってみよう

パナソニックは100年前、家の中に電気の供給口が電灯用ソケットひとつしかなかった時代に、電灯と電化製品を同時に使える2股ソケットを開発し、次々と革新的な家電を世に送り出してきました。節目の100年目、この秋からは100周年記念キャンペーンを実施中。その一環、VRコンテンツ「100年タイムツアー」を体験してきました。

[18:02 10/26]

【特別企画】VR(バーチャル・リアリティ)でパナソニック家電 100年の歩みと未来を体験! - 「Creative! GALLERY」開催

パナソニックは、創業100周年を迎える2018年3月に先立ち、この秋より「Creative! 毎日を、ちょっとクリエイティブに。」というメッセージをマーケティングスローガンに掲げた100周年記念キャンペーンを開催中。その一環として、全国7都市でCreative!体験イベント「Creative! GALLERY」を実施する。

[15:56 10/25]

家電製品、2017年度上期における出荷額はここ10年で最高

一般社団法人日本電機工業会(JEMA)は10月24日、2017年度上期(4月から9月)における、家電製品の国内出荷実績を発表した。上期における家電製品全体の国内出荷額は1兆2,720億円で、前年同期比104.6%。JEMAによると、出荷金額は過去10年で最高。2016年の同時期(4月から9月)と比べて、最も出荷台数が伸びたのは電子レンジ。

[20:09 10/24]

ハイセンス、洗濯・脱水容量7.5kgのインバーター全自動洗濯機を5万円台で

ハイセンスジャパンは10月19日、洗濯・脱水容量が7.5kgの全自動洗濯機(2機種)を発表した。インバーター制御対応の「HW-DG75A」は11月中旬の発売予定。ノンインバータータイプの「HW-G75A」は10月中旬の発売予定。全国の家電量販店などで取り扱う。価格はいずれもオープンで、参考価格はHW-DG75Aが55,000円前後。HW-G75Aが45,000円前後。

[20:41 10/19]

cadoの"深化"した加湿器「STEM 620」、お洒落なだけじゃない5つのポイント

cado(カドー)は10月18日、加湿器「STEM 620」の発表会を開催した。製品自体は10月3日に発表済みで、発売は10月28日となる。価格は42,500円(税別)。

[16:53 10/19]

東芝、インテリアにもなじむシングル向け小型冷凍冷蔵庫「BS」シリーズ

東芝ライフスタイルは10月17日、単身世帯向けの2ドア小型冷凍冷蔵庫「BSシリーズ」を発表した。GR-M17BSとGR-M15BSの2機種で、発売は11月下旬から。カラーは両機種ともシェルホワイトとピュアブラックの2色。定格内容積はGR-M17BSが171L、GR-M15BSが153L。価格はオープンで、推定市場価格(税別)はGR-M17BSが6万5000円前後(税別)、GR-M15BSが5万5000円前後(税別)。

[19:20 10/17]

東芝、幅60cmのスリムな冷凍冷蔵庫「VEGETA」シリーズ

東芝ライフスタイルは10月17日、5ドア冷凍冷蔵庫「VEGETA」シリーズの新製品を発表した。GR-M41GXVとGR-M41Gの2機種で、発売は11月中旬から。価格はオープン、推定市場価格(税別)はGR-M41GXVが22万円前後(税別)、GR-M41Gが20万円前後(税別)。定格内容量は411L。カラーは、GR-M41GXVがグランホワイト、サテンゴールド、GR-M41Gがシルバー。

[19:20 10/17]

部屋干し前にしっかり脱水、乾かす時間を短縮 - 脱水専用機「Dry Cyclone」

ハイスマートジャパンは、大手家電量販店のエディオンにて、高速電気脱水機「Dry Cyclone HS-S60A」の販売を開始した。脱水容量約6kg(乾いた衣類の状態)というコンパクトな脱水専用機だ。一例として、洗濯機で洗濯・脱水が終わった衣類をHS-S60Aにかけると、さらに約800ccの水分を脱水できる。価格は19,800円(税別)。

[16:27 10/17]

バックナンバー

このカテゴリーについて (スマホとデジタル家電>生活家電)

 トップへ
エアコン、冷蔵庫、空気清浄器、洗濯機、クリーナーなど暮らしに密着した生活家電情報を紹介。

人気記事

一覧

新着記事