マイナビニュース | スマホとデジタル家電 | テレビ / レコーダー

関連キーワード

新着記事

一覧

東芝、重低音スピーカー"BAZOOKA"を搭載した4K液晶テレビ「REGZA BZ710X」

東芝映像ソリューションは3月22日、独自のスピーカーシステム「重低音BAZOOKA」を搭載した4K HDR対応の液晶テレビ「REGZA BZ710X」を発表した。Z700ので、55V型と49V型の2モデルを用意する。発売は5月中旬。価格はオープン、推定市場価格は55V型の「55BZ710X」が300,000円前後、49V型の「49BZ710X」が250,000円前後(以下、いずれも税別)。

[11:00 3/22]

有機ELテレビ普及の年となるか - LGが壁張りテレビで勝負、まるで宙に浮いているかのよう

LGエレクトロニクス・ジャパンは3月16日、テレビの2017年モデルの発表会を開催した。有機ELテレビ「LG OLED TV」が3シリーズ4モデル、液晶テレビが4シリーズ10モデルで、いずれも4月上旬より順次発売となる。有機ELテレビのリーディングカンパニーは、日本市場に向けどんなメッセージを発信するのか。本稿では発表会の様子をレポートする。

[12:39 3/17]

新着記事

一覧

iPhoneで地デジを見るためのLightning接続フルセグチューナー

ピクセラは16日、iPhoneなどのLightningコネクタに接続して使う地デジフルセグチューナー「PIX-DT350N」を発表した。バッテリーレス設計としたことで小型化しており、大きさは名刺の約4分の1サイズ、重量も十円玉3枚分の約15gとなっている。3月24日より発売する。ピクセラオンラインショップでの価格は12,800円(税込)。

[18:04 3/16]

LG、"壁に張る"有機ELテレビを国内投入 - 65型で100万円

LGエレクトロニクス・ジャパンは3月16日、4K HDR対応の有機ELテレビ「OLED W7P」「OLED E7P」「OLED C7P」を発表した。1月の「CES 2017」で披露されていた"壁張り"スタイルのWシリーズなど、設置スタイルの異なる3シリーズが国内投入される形だ。発売は4月上旬で、価格はいずれもオープンとなっている。推定市場価格は、壁張りスタイルで65型の「OLED 65W7P」が1,000,000円前後(税別)。

[16:04 3/16]

LG、4シリーズ10モデルの4K液晶テレビ新製品 - 43V型で15万円台から

LGエレクトロニクス・ジャパンは16日、4K液晶テレビの2017年モデルとして、ハイエンドシリーズ「SJ8500」など全4シリーズ10モデルを発表した。4月上旬から発売し、価格はオープン。推定市場価格(税別)は、43V型で150,000円前後から、65V型で350,000円前後となっている。

[15:41 3/16]

ソニー、26cmの距離から120インチの大画面を映せる4K HDRプロジェクター

ソニーは3月15日、4K HDR対応の超短焦点プロジェクター「VPL-VZ1000」を発表した。設置工事の難しさや家の構造、予算など、さまざまな理由でホームシアターの導入を断念してきた人に向け、"大画面の新しい提案"を行うべく開発したという。発売は4月下旬で、希望小売価格は税別2,200,000円。

[13:00 3/15]

U-NEXTで「ゴジラ」全30作品が見放題に - 22日のシン・ゴジラ配信に先駆け

U-NEXTは、同社の映像配信サービス「U-NEXT」にて、映画『シン・ゴジラ』の配信を行う。期間は3月22日から2018年3月21日までで、価格は税別500円/2日間。

[18:23 3/3]

有機ELテレビの魅力とは? 東芝REGZAの開発陣にきいてみた

1月の「CES 2017」で各メーカーから発表され、注目を集めている有機ELテレビ。視聴体験はどう変わるのか? また、液晶テレビと比べてどんなメリット・デメリットがあるのか? という点に、多くの方々が関心を寄せていると思う。今回は、3月に国内のテレビメーカーとして最初に有機ELテレビを発売する東芝「REGZA」の開発チームを訪ね、有機ELテレビに関する素朴な疑問をぶつけてみた。

[08:00 2/25]

テレビの新製品、新しい機能に期待する?

ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「家電の購買行動に関する実態調査」の結果を公開した。調査期間は2017年2月17日から20日、調査対象は20~29歳と50~59歳男女438名。

[17:51 2/24]

シャープ、回転スタンド採用の4K HDR対応液晶テレビ「AQUOS U45」

シャープは23日、4K対応の液晶テレビ「AQUOS U45」シリーズを発表した。55型 / 50型 / 40型の3モデルを用意。3月11日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は55型の「LC-55U45」が250,000円前後、50型の「LC-50U45」が200,000円前後、40型の「LC-40U45」が160,000円前後(いずれも税別)。

[18:54 2/23]

シャープ、Ultra HD Blu-ray対応の「AQUOSブルーレイ」 - 番組表も高精細に

シャープは2月23日、ブルーレイディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」から、Ultra HD Blu-ray対応の3モデルを発表した。発売は3月24日で、価格はオープン。推定市場価格は、容量3TBの「BD-UT3100」が120,000円前後、2TBの「BD-UT2100」が100,000円前後、1TBの「BD-UT1100」が90,000円前後(いずれも税別)。3モデルとも、チューナーは地上/BS/110度CSデジタル×3基を搭載する。

[11:00 2/23]

カシオ、光源寿命2万時間で水銀ゼロの超短焦点プロジェクター

カシオ計算機は21日、明るさ3,500ルーメンの超短焦点プロジェクタ「XJ-UT351WN」「XJ-UT351W」を発表した。3月24日から発売する。価格はオープン。推定市場価格(税別)は、XJ-UT351WNが230,000円前後、XJ-UT351Wが220,000円前後。

[14:22 2/21]

DLNAが解散 - ホームネットワーク相互接続において「使命を果たした」

ホームネットワークにおいて、PCやAV機器など、異なるメーカー・機器間で相互接続することを目的としたDigital Living Network Alliance(DLNA)が、その使命を果たしたとして、解散を発表した。

[15:13 2/20]

ベンキュージャパン、4K DLPプロジェクター体験会 - 大画面で圧倒的な高精細を実感した

ベンキュージャパンは2月10日、THX HD規格認証 4K UHDホームシアタープロジェクター新製品体験会を開催。フルHDのHT6050と4KのHT8050はすでに発表済みで、2月24日から販売されるが、発売前のお披露目となった。

[22:13 2/10]

リコー、レーザー光源で鮮やかに映像投射するプロジェクター

リコーは9日、レーザー光源を採用するスタンダードプロジェクター「RICOH PJ WUL5670」「RICOH PJ WXL5670」を発表した。いずれも、1年間無償保証の標準モデルと、2年間の保証をプラスした安心3年モデルを用意。2月23日より発売する。価格はオープン。

[17:25 2/9]

NTTぷらら、15日からスポーツライブ配信サービス「DAZN」に対応

NTTぷららは8日、同社が運営するスマートTVサービス「ひかりTV」にて、スポーツライブストリーミングサービス「DAZN」およびNTTドコモが提供開始する「DAZN for docomo」に対応すると発表した。対応開始は2月15日から。

[19:58 2/8]

カシオ、4K出力が可能な明るさ5,000ルーメンのプロジェクタ「XJ-L8300HN」

カシオ計算機は8日、4K UHD(約830万画素)に対応した明るさ5,000ルーメンのDLPプロジェクタ「XJ-L8300HN」を発表した。6月より発売する。価格はオープン。

[13:29 2/8]

東芝、ブラウン管テレビのリサイクル料金を値下げ - 4月1日から

東芝映像ソリューションは、特定家庭用機器再商品化法(以下、家電リサイクル法)に基づき、テレビのリサイクル料金を4月1日から改定すると発表した。

[15:58 1/27]

ソニー、使い勝手を向上させたフルHD液晶テレビ「BRAVIA W730E」

ソニーは1月25日、フルHD対応の液晶テレビ「BRAVIA W730E」を発表した。発売は2月11日。価格はオープンで、推定市場価格は43V型の「KJ-43W730E」が90,000円前後、32V型の「KJ-32W730E」が75,000円前後。

[16:51 1/25]

パイオニア、世界初のUltra HD Blu-rayを再生できるBDドライブ

パイオニアは24日、Ultra HD Blu-rayに対応した内蔵型BD / DVD / CDライター2機種を発表した。2月下旬より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は「BDR-S11J-BK」が22,000円前後、「BDR-S11J-X」が35,000円前後(いずれも税込)。

[18:04 1/24]

有機ELテレビを知る【後編】 - 各社製品のポイントをまとめてみた

1月初旬に開催された「CES 2017」を契機に、一躍注目度が高まった有機ELテレビ。関連する話題が増えてきたところで、ここで一度、各メーカーが今月発表した有機ELテレビの特徴をおさらいしよう。

[08:00 1/24]

有機ELテレビを知る【前編】 - 液晶テレビとはどう違う?

1月初旬に米ラスベガスで開催された「CES 2017」では、各社からテレビ新製品がお目見え。中でも「有機ELテレビ」は、今年のエレクトロニクス全体のトレンドとして脚光を浴びそうだ。本稿では、有機ELというディスプレイデバイスの特徴を押さえていこう。

[08:00 1/23]

ソニーのテレビ事業とオーディオ/ビデオ事業はどうなのか - 高木執行役EVPに聞く

ソニーの高木一郎執行役EVPは、CES 2017において、ソニーのテレビ、オーディオ/ビデオ事業の取り組みについて説明。「ここ数年、自信を持った商品を出せているとの手応えがあり、テレビ事業については、3年連続の黒字を達成できる」などとした。

[17:53 1/22]

東芝、液晶テレビの最上位「REGZA Z810X」 - 肌の質感をリアルに再現

東芝映像ソリューションは1月11日、4K HDR対応の液晶テレビ「REGZA Z810X」を発表した。発売は2月上旬で、価格はオープン。推定市場価格は、65V型の「65Z810X」が630,000円前後、58V型の「58Z810X」が420,000円前後、50V型の「50Z810X」が350,000円前後(いずれも税別)。

[11:00 1/11]

東芝の有機ELテレビ「REGZA X910」- 65V型で税別90万円

東芝映像ソリューションは1月11日、4K HDR対応の有機ELテレビ「REGZA X910」シリーズを発表した。発売は3月上旬。価格はオープンで、推定市場価格は65V型の「65X910」が900,000円前後、55V型の「55X910」が700,000円前後(いずれも税別)。

[11:00 1/11]

極薄! 壁貼りスタイルのLG製有機ELテレビ - CES 2017会場レポート

米ラスベガスで開催中のCES 2017にて、LGエレクトロニクスのブースを取材した。最も驚かされたのは手で簡単に曲げられるほど薄く、「壁紙テレビ」をコンセプトにうたう有機ELテレビ「LG SIGNATURE OLED TV Wシリーズ」だ。

[08:00 1/8]

ソニーの有機ELテレビは、なぜスピーカーなしで音が出る? - その秘密をCES 2017現地で開発者に聞く

ソニーがCES 2017で、大画面の有機ELテレビ「A1Eシリーズ」を発表した。この製品、高画質にこだわっただけでなく、実はパネルから音が出る、しかもとびきりいい音で。こうしたハイクオリティへのこだわりを、BRAVIAの開発に携わるソニーの長尾和芳氏に尋ねた。

[03:16 1/7]

サムスンは「QLED」で有機EL陣営に対抗 - CES 2017

世界最大級のエレクトロニクスショー「CES 2017」が1月5日(現地時間)に開幕。さっそく、メイン会場のひとつLVCC (ラスベガス・コンベンション・センター)にあるサムスン電子のブースをのぞいてきた。

[20:20 1/6]

LG、薄さ2.57mmで壁に貼れる有機ELテレビ - CES 2017で発表

LG Electronicsは、米国ラスベガスで開催の「CES 2017」にて、有機ELテレビの最上位モデル「LG SIGNATURE OLED TV W」を発表した。77型の「OLED77WP」と65型の「OLED65WP」をラインナップする。

[16:27 1/5]

ソニー、有機EL「BRAVIA OLED」など4K HDR製品で強烈インパクト - CES 2017

米国時間1月4日、ソニーはCES 2017のプレスカンファレ。ンスにおいて、有機ELパネルを採用したテレビ「BRAVIA OLED A1E シリーズ」をはじめ、4K HDR対応製品を多数発表ないしは参考出展した。

[15:00 1/5]

バックナンバー

このカテゴリーについて (スマホとデジタル家電>テレビ / レコーダー)

 トップへ
テレビ関連の情報を紹介しています。

人気記事

一覧

新着記事