マイナビニュース | マネー | 経済

関連キーワード

イチオシ記事

子供の結婚相手紹介で親にトラブル相次ぐ - 悪質業者に注意

国民生活センターは10月19日、晩婚化を背景に、独身の子供を持つ親が子供の結婚相手を紹介する業者とトラブルになるケースが相次いでいるとして、悪質な業者の勧誘に注意するよう呼びかけた。

[11:00 10/21]

新着記事

一覧

介護保険料引き上げ後、利用者状況に変化は? - ケアマネを対象に調査

エス・エム・エスは10月19日、ケアマネジャーを対象とした「介護保険の自己負担額引き上げによる利用者状況の変化」に関する調査結果を発表した。

[09:00 10/21]

SBIと英ワイレックスが合併会社設立、仮想通貨事業を展開

SBIホールディングスは10月20日、仮想通貨の決済サービスを提供する英国のWirex Limited(ワイレックス)と合弁会社を設立することで合意したと発表した。

[08:00 10/21]

新着記事

一覧

日本企業の経営課題、7割超が「5年後の見通しがつかない」

日本能率協会は10月18日、「日本企業の経営課題2017調査結果(速報版)」を発表した。調査は8月7日~25日、同協会の法人会員ならびに評議員会社1,319社、及び全国の主要企業2,141社の経営者を対象に、郵送調査法で行われた。有効回答数は337社。

[07:30 10/21]

ベン&ジェリーズ、SNS上で衆院選の投票宣言した人にアイスプレゼント

アイスクリームブランド「BEN&JERRY'S(ベン&ジェリーズ)」は現在、22日に投開票される「第48回衆議院議員総選挙」へ行くことをFacebookまたはTwitterで宣言した人に、アイスクリームをプレゼントする「選挙に行ってアイスをもらおう」キャンペーンを実施している。

[16:23 10/20]

18歳選挙権、働く主婦の半数が「特に変化はない」 - 子供たちの考えは?

10月22日に投開票される「第48回衆議院議員選挙」は、2016年6月に選挙権年齢が18歳に引き下げられてから初の総選挙となる。昨年の参院選では18歳の投票率が51%、19歳が40%と、全体平均の55%を下回ったが、今回はどうだろうか。

[16:30 10/19]

老後の不平等のリスク、若い世代ほど大きく - OECD報告書

経済開発協力機構(OECD)は10月18日、報告書「高齢者の不平等を避けるには(Preventing Ageing Unequally)」を発表した。それによると、高齢になってからの不平等のリスクは、現在既に退職している人より若い世代の方が大きくなると指摘している。

[15:55 10/19]

米経済、ハリケーンの影響をどう考えるか

8月から9月にかけて、3つの大型ハリケーンが米南東部およびその周辺に甚大な被害をもたらした。被害額は、8月のハーヴィーと9月のイルマを合わせて2000億ドル前後と見積もられている。米国の年間GDP(国内総生産)の1%を上回る規模だ。

[07:30 10/19]

ガソリン価格、5週連続値上がり - ハイオク・軽油・灯油も上昇

経済産業省 資源エネルギー庁が10月18日に発表した石油価格調査(10月16日時点)によると、レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は前週より0.6円高い135.5円となり、5週連続で値上がりした。

[16:12 10/18]

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第20回 ひとりで裁判やってみた

今年の6月、住んでいたアパートを退去しました。2カ月後、「退去に関する届出書」が大家さんから届き、そこには以下のような文言が……。

[14:55 10/18]

9月の首都圏マンション平均価格5,824万円 - 神奈川で下落

不動産経済研究所は10月16日、「首都圏のマンション市場動向(2017年9月度)」を発表した。調査対象となる物件は、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県南部にある民間業者による分譲物件のうち、原則10戸以上のもの。

[13:13 10/18]

電子決済の利用拡大が与える経済的影響は? - ビザ、グローバル調査

ビザ・ワールドワイドはこのほど、世界100都市を対象とした、デジタル決済の利用増加が与える経済的影響に関する調査結果を発表した。

[14:40 10/16]

円の行方、ドルの行方 第109回 相場の構造変化のときか?

このところの日経平均とドル/円は異例な動きになっています。下記の二つのチャートを見比べてみましょう。

[09:40 10/16]

衆院解散総選挙、安倍首相は英国を「他山の石」とすべきだったか

10月10日、衆院議員選挙が公示された(投開票日22日)。安倍首相は「国難突破解散」と命名し、衆院解散理由として少子高齢化や北朝鮮(安全保障)問題を挙げた。ただ、安倍首相が、野党のスキャンダルや準備不足を利用して、政権基盤を固めようとしていることは間違いない。2014年の総選挙でも一部で囁かれた「今のうち解散」というのが本音だろう。

[18:24 10/13]

世界の都市総合ランキング、東京は2年連続3位に

森記念財団 都市戦略研究所は10月12日、「世界の都市総合力ランキング2017年」の結果を発表した。2008年より調査を実施しており、今回の対象は世界主要44都市。

[15:32 10/13]

9月の銀行貸出残高、3.0%増の449兆3,893億円 - 伸び率は縮小

日本銀行は10月12日、2017年9月の貸出・預金動向(速報)を発表した。それによると、全国の銀行の貸出平均残高は前年同月比3.0%増の449兆3,893億円となり、72カ月連続で前年を上回った。

[09:00 10/13]

8月の"遊園地・テーマパーク"売上高、過去最高の813.2億円 - 経産省

経済産業省は10月11日、2017年8月の特定サービス産業動態統計調査(速報)の結果を発表した。それによると、遊園地・テーマパークの売上高は前年同月比6.9%増の813億2,200万円となり、2000年1月の調査開始以来、過去最高額を更新した。

[16:19 10/12]

主要SNSの広告配信、不快感を持つ人が昨年より増加

ジャストシステムは10月12日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)」の結果を発表した。同調査では、SNSでの広告配信に対する反応などを尋ねた。

[15:52 10/12]

首都圏の住宅地・中古マンション価格、平均変動率が連続プラス – 7~8月期

野村不動産アーバンネットは10月10日、首都圏における2017年10月1日時点の「住宅地価格動向」と「中古マンション価格動向」の調査結果を発表した。それによると、「住宅地価格動向」「中古マンション価格動向」ともに、エリア平均の変動率は2013年7月調査以降、連続してプラスを維持している。

[12:45 10/12]

日本の経済は復活しているのか?日本が目指すべき先は?

日本の経済が目指す先は、古き良き時代の「復活」ではなく、労働の質を変えることでビジネスの付加価値を引き上げていくという「次のステージ」です。

[10:33 10/12]

9月の街角景気、3カ月ぶり改善 - 「着実に持ち直している」

内閣府は10月10日、2017年9月の景気ウォッチャー調査の結果を発表した。それによると、景気の現状判断DIは前月比1.6ポイント上昇の51.3となり、3カ月ぶりに改善した。

[07:30 10/12]

冬ボーナス、東証1部上場企業は平均71万円 - 前年比0.1%減

労務行政研究所は10月6日、2017年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査の結果を発表した。同調査は3月15日~9月15日に行われ、東証第1部上場企業(2017年9月29日現在で2,032社)のうち、原則として労働組合が主要な単産に加盟している企業を対象とした。

[16:02 10/11]

『ガールズ & パンツァー 最終章』、劇場版公開記念のTカード登場!

カルチュア・エンタテインメントとTSUTAYAは10月23日、オリジナルテレビアニメ「ガールズ&パンツァー」の最新作『ガールズ&パンツァー 最終章』の劇場公開を記念し、「Tカード(ガールズ&パンツァーデザイン)」を全国のTSUTAYAで発行する。

[14:51 10/11]

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第19回 課長にバレないように副業しよう~もしバレても これさえ読めば~

勤務先の監視の目をくぐって、副業したいという方はいらっしゃるでしょう。税金が増えても会社にバレない方法があるのです。

[08:00 10/11]

地方の生活コストは本当に安いのか? - FPが地方に移り住んで感じたこと 第4回 地域別の結婚観や慣習が結婚費用にも反映するのか?

連載コラム「地方の生活コストは本当に安いのか? 」では、ファイナンシャル・プランナーの高鷲佐織が、実際に東京から地方へ移り住んで感じたことを交えながらお伝えいたします。

[07:30 10/11]

市区町村の魅力度ランキング、2013年以来の首位となった市は?

ブランド総合研究所は10月10日、国内1,000の市区町村及び47都道府県を対象とした「地域ブランド調査2017」の結果を発表した。同調査は、各地域に対して魅力度など全78項目の設問を設け、地域のブランド力を消費者が各地域に抱く「魅力」として数値化したもの。

[17:24 10/10]

9月の米雇用統計レビュー - ハリケーンの影響が様々な方向に

米労働省が10月6日に発表した9月雇用統計の主な結果は、(1) 非農業部門雇用者数3.3万人減、(2) 失業率4.2%、(3) 平均時給26.55ドル(前月比0.5%増、前年比2.9%増)という内容であった。

[07:30 10/10]

円の行方、ドルの行方 第108回 マーケットセンターによって気質に変化

海外各地のトレーダーには特色があり、随分授業料を払いつつ、彼らの実地のトレーディングスキルを学びました。そんな話から、得るものもあるかと思いますのでご披露致します。

[10:18 10/9]

IT予算「増額」の企業が3割超え - ITR「IT投資動向調査2018」

アイ・ティ・アールは10月5日、「IT投資動向調査2018」の一部結果を発表した。調査は8月17日~9月3日、ITR顧客企業およびITR保有の独自Webパネルのうち、国内企業に所属し、IT戦略・IT投資の意思決定に関与する役職者を対象に、Web経由で回答を呼びかける形で行われた。有効回答数は2,554件。

[12:24 10/8]

8月の実質賃金、8カ月ぶりプラス - 給与総額は2カ月ぶり増

厚生労働省は10月6日、2017年8月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)の結果を発表した。それによると、物価変動の影響を考慮した実質賃金指数は前年同月比0.1%増の87.2となり、8カ月ぶりに増加した。

[16:14 10/6]

値上げ時代にプライベートブランドはなぜ安い?

小麦粉、マヨネーズ、牛乳……と、庶民の食卓を直撃する食料品の高騰。スーパーのレジで「えっ!? これだけしか買っていないのに……」と、支払い金額に驚いた覚えはないだろうか。

[06:30 10/6]

バックナンバー

このカテゴリーについて (マネー>経済)

 トップへ
「アベノミクス」にも関連する日銀・政府の金融・経済政策、日銀短観・月例経済報告・機械受注統計などの重要な経済指標に関する記事を提供します。確定申告・相続税など、読者の方々の関心も高い「税金」に関する記事も提供していきます。

人気記事

一覧

2017年10月22日の運勢

イチオシ記事

新着記事