最上ゆき、過激シーンの連続で限界ギリギリ

グラビアアイドルの最上ゆきが23日、最新イメージDVD『妄想トリッパー』(発売元:ギルド 3,990円)をリリースする。

イメージDVD『妄想トリッパー』をリリースする最上ゆき 拡大画像を見る

バラエティー番組などにも出演して人気を集めているグラビアアイドル、最上ゆきの通算10枚目となる節目の記念すべき同DVD。これまでもファンが固唾を飲むシーンを披露して話題を集めたが、同DVDでは過去最大となる限界ギリギリのシーンを披露している。

今回の最上は、ナースに女子高生、キャバクラ嬢にと様々なコスプレに挑戦しているが、そのコスプレが吹き飛ぶほど、セクシー過ぎるシーンを見せてくれた。ナースの衣装を着たシーンでは、診察室の上でもてあそばれる。さらには、車の中で下着姿となり、その下着を徐々にずらしていく。最上の半尻が見え、行為を思わせる姿は、まさにセクシー女優そのもの。教室でのシーンも同様で、制服を着た最上が、1枚、そして1枚と次々に衣装を脱ぎ捨て、最終的にはパンティー1枚に。そこで、前に後ろに上にと卑猥に動きまくる。拘束されたシーンも必見。通常のグラビアアイドルなら、ボンテージで身体を隠すのだが、最上は縄で縛られながらトップを隠している。

最上ゆき(もがみ ゆき)

1991年3月9日生まれ。東京都出身。O型。身長163cm。スリーサイズはB86・W59・H86。2009年11月にグラビアアイドルとして芸能界デビュー。ロリフェイスに不似合いなEカップバストのナイスバディーで人気を博し、現在までにリリースしたDVDが10枚を数えるなど、コンスタントに活躍している。特技は楽器演奏(ファゴット)。趣味はお笑いを見ること。公式ブログ「最上級ブログ」。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事