【2016夏の高校野球】《三重観戦ガイド》有望選手と大会展望&勢力ピラミッド


      週刊野球太郎
    

7月15日~27日(四日市市営霞ヶ浦第一野球場ほか)

投打に勝るいなべ総合学園が一歩リード
2年生投手に好素材多数で今後も楽しみ

☆★☆ 投手編 ☆★☆
●宮原ら2年生にプロ候補


 好投手が居並ぶ2年生世代を今からチェックしておきたい。プロ入りが期待できる最右翼は宮原大樹(宇治山田商)だ。140キロ台のストレートには角度があり空振りが取れる。昨秋はまだ下半身が弱くインステップが極端で、フィニッシュの際に体がぐらついていたが、一冬を越えて改善されつつある。渡辺啓五(いなべ総合学園)も双璧の存在。春先に背中を痛めた影響でセンバツこそ不本意だったが、今春県大会では140キロを連発。球持ちがよく体にキレがあった。大舞台でも落ち着いてベストボールを投げられるメンタル面は高校生離れしている。これに続くのが岡林飛翔(菰野)、池内瞭馬(津商)だ。岡林も既に140キロを超え、投手育成に定評ある戸田直光監督の期待も大きい。高校入学後に投手転向した池内は身長185センチと長身で、ダイナミックに体を使える。さらにこの春、東海大会でデビューした140キロ左腕・赤木聡介(いなべ総合学園)や、伸びしろのありそうな森本匠(近大高専)なども加わり活況を呈している。

3年生も素質は十分

 3年生では後藤魁(津田学園)に春先からプロ球団スカウトも注目していたが、県大会では状態が上がらず登板がなかった。夏に照準を合わせる。斉藤隼大(三重)は140キロ前後のストレートとフォークが武器。また、現時点で球速面でのインパクトこそないが、長田悠吾(海星)、北川和真(津田学園)も素質がありそうだ。長田は長身のスリークオーターで、スライダーやシンカーを投げ分ける。北川も身長180センチで投げ方がよい。石川智己(宇治山田)は指にかかった最速142キロのストレートをビシッとコースへ決められる。宮田紘輔(桑名北)も力がある。


▲渡辺啓五(いなべ総合学園)

☆★☆ 打者編 ☆★☆
●大型外野手がアピール中


 50メートル走5秒9の快足&ロングヒットを連発する強打で魅せるのが浜田大輔(津田学園)だ。中学時代から評判で、今年の三重県ではナンバーワン打者とされる。また安樂英斗(近大高専)を気にかけるプロ球団スカウトもいる。大型で潜在能力が高く、足も速い。

 今春県大会で成長を示したのが奥村拓希(いなべ総合学園)だ。左方向へシャープに流すうまさに加え、右方向へ振り切った長打も増加している。

 一芸に秀でる選手では、打撃なら広翔悟(津田学園)。同校から昨秋プロ入りした出口匠(楽天)と似たタイプだ。俊足なら宮崎悠斗(いなべ総合学園)と犬飼康太郎(海星)で、ともに塁に出ては二盗、三盗とかきまわす。

 このほか、昨夏の甲子園初戦で3安打を放った小河内健吾(津商)、俊足でプレーに意欲がにじみ出る久保田雄大(宇治山田商)、打撃センスがあり投手としても140キロ前後のストレートを投げる岩崎寛太(三重)、座ったままの二塁送球も可能な強肩捕手・渡辺雄太(いなべ総合学園)などが挙がる。

 2年生では戸田将太(菰野)が身長188センチと大型でスケールを感じさせる。中川拓紀(宇治山田商)は遊撃守備が軽快だ。


▲浜田大輔(津田学園)

☆★☆ 大会展望 ☆★☆
●いなべ総合学園を筆頭に上位順当


 投打ともに鍛えられているいなべ総合学園が大きくリード。特に打撃はここ数年、強化が結果に直結しており、シュアに力強く打ち返すことができる。投手の枚数も揃い大崩れは考えにくい。2番手は横一線。粘り強い海星、力のある選手が並ぶ三重や津田学園、昨夏の甲子園を経験したメンバーが残る津商など、組合せ次第で上位進出校の顔ぶれも変わってきそうだ。波に乗ればノーマークの公立校が勝ち上がることも多い三重大会だが、今年は比較的順当気配か。

地区勢力ピラミッド


本記事は「週刊野球太郎」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事