佐々木希、セクシーな肌見せドレスで魅了! レッドカーペットで輝き放つ

女優の佐々木希が25日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた第29回東京国際映画祭(TIFF)のオープニングレッドカーペットに登場し、セクシーなドレス姿を披露した。

第29回東京国際映画祭のオープニングレッドカーペットに登場した佐々木希

「特別招待作品」として上映される『いきなり先生になったボクが先生に恋をした』でイェソン(SUPER JUNIOR)と共にW主演を務める佐々木は、イェソン、朝原雄三監督と共に登場。肌を大胆に露出したシースルー素材のロングドレス姿で観客を魅了し、大歓声に笑顔で手を振って応えた。

『いきなり先生になったボクが先生に恋をした』は、イェソン演じる韓国人男性ヨンウンと、佐々木扮するシングルマザーのさくらの物語。恋から遠いところにいた2人が、恋に落ちていくさまを描く。

東京国際映画祭は、日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭。29回目となる今年は、10月25日~11月3日の10日間にわたって、六本木ヒルズ、EXシアター六本木ほかで開催される。上映本数は204作品で、オープニング作品はメリル・ストリープ主演の『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』、クロージング作品は松山ケンイチ主演の『聖の青春』。出演者による舞台あいさつなどイベントも連日行われる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事