三浦翔平『警視庁いきもの係』会見で別ドラマ紹介ボケ「高校を爆破して…」

『警視庁いきもの係』に出演する三浦翔平

俳優の三浦翔平が7日、東京・フジテレビ湾岸スタジオで行われた同局系ドラマ『警視庁いきもの係』(9日スタート、毎週日曜21:00~ ※初回15分拡大)の制作発表会見に登場。同時期に放送されるカンテレ・同局系ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜21:00~)を紹介するというボケをかまし、会場を笑わせた。

主演の渡部篤郎演じる鬼警部補・須藤友三と、橋本環奈演じる新米巡査・薄圭子の凸凹コンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走する姿を描いていく同作。三浦は警視庁捜査一課の巡査部長役を演じているが、18日にスタートする『僕たちがやりました』にも出演し、なおかつこちらでも刑事役を演じている。

冒頭、あいさつした三浦は「高校を爆破して…」と、『僕たちがやりました』のストーリーを紹介し、周囲から総ツッコミ。「僕、初めての刑事役なんですけど、今期、日曜と火曜でやってまして、ちょっと頭が混乱してしまいました」と釈明し、「すごく動物を使って事件を解決していくという斬新な話ですので、結構大変な部分はありますけど、楽しくやってますね」と、今作をアピールした。

馬が気になる寺島進(右)と浅野温子

「大変な部分」と言えば、動物がテーマだけにハプニングもあったそうで、三浦は「1話のファーストカットでたくさんの鳩をバッと飛ばすシーンがあって、伝書鳩なんですけど、言うことを聞かずに帰ってしまい、鳩が足りなくなってしまったというアクシデントが、クランクイン初日にありました」と明かした。

会見にはたくさんの動物たちも同席したが、捜査一課管理官役の寺島進は「昨日さ、錦糸町で桜肉(馬肉)のユッケ食ってきたんだけど、後ろの馬がなんか知らないけど俺にプレッシャーかけてくるんだよね」と、恨みを感じ取った様子。また、かつて俳優の修行時代に馬に引きずられる役を経験したことも思い出し、「なんか馬と合わないなぁ」と嘆いていた。

(左から)浅野温子、寺島進、渡部篤郎、横山だいすけ、橋本環奈、長谷川朝晴、三浦翔平

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事