京都MFハ・ソンミン、3試合の出場停止処分…退場処分後にインタビューボードを破損

3試合の出場停止処分が科されたハ・ソンミン [写真]=Getty Images for DAZN

 Jリーグは22日、2017明治安田生命J2リーグ第28節水戸ホーリーホック対京都サンガF.C.戦における、京都MFハ・ソンミンの行為に対する処分を発表した。

 16日に行われた水戸戦で、同選手は主審に対する侮辱行為によって、主審により退場処分を受けた。さらに退場の際に水戸のインタビューボードを蹴り、破損させたと、マッチコミッショナーより報告があったという。

 両行為について、規律委員会にてマッチコミッショナー及び審判からの報告書、試合映像や看板破損写真を確認した結果、同選手の行為は、「主審及び副審に対する侮辱または公然の名誉毀損行為」に相当すると判断。

 さらに、退場の際にインタビューボードを破損させた行為は「選手等による競技場又はその周辺関連施設における故意による器物破損行為」に相当すると判断し、3試合の出場停止処分を下すと発表された。

 同選手はこの処分により、第30節のV・ファーレン長崎戦、第31節のレノファ山口FC戦、そして第32節のモンテディオ山形戦に出場することができなくなる。

 ハ・ソンミンは今年1月に蔚山現代から京都に加入。今季ここまでの明治安田生命J2リーグで、16試合に出場している。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事