佐々木希の"セックス依存症の妻"演技は「破壊力ハンパない」野島伸司絶賛

俳優の玉山鉄二、女優の佐々木希、脚本家の野島伸司氏が12日、都内で行われたHuluオリジナル連続ドラマ『雨が降ると君は優しい』(9月16日配信スタート、全8話)の完成披露試写会に出席した。

左から野島伸司氏、佐々木希、玉山鉄二

野島氏が脚本を手掛けた同ドラマは、心から愛し合いながらも"妻のセックス依存症(性嗜好障害の一つ)"という試練を与えられた新婚夫婦、立木信夫(玉山)と立木彩(佐々木)を中心に、心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇。

セックス依存症の妻という難役に挑んだ佐々木は、オファーを受けた理由を聞かれると、「野島さんの作品に参加できることはすごく大きなこと。そんな機会はなかなか巡り合えないのでやりたいと思った」と返答。「ストーリーがおもしろくてあっという間に台本を読み、台本だけで次が気になると思えた」と台本にも魅了されたという。

実際に彩を演じるにあたっては「不安定な感情のときもあれば、信夫と一緒のときは心が温まるというか安心できる。二重人格のようなところがあったので、その違いをうまく出せたら」と意識。「現場に入ると自然にこういう気持ちになるんだと思いました」とすんなり役に入り込めたようだ。

野島氏は「彩は夫といるときは可憐な感じ。スイッチが入るとケダモノ的な感じで、可憐とは違うけど美しく見えるときがある。希ちゃんがうまく2種類の顔を。みなさんびっくりすると思います。破壊力ハンパないので。お世辞抜きにすごいと思いました」と佐々木の演技を絶賛。夫役の玉山は「よく受けたなと思いますね。佐々木希だよ。すごいと思いました」と引き受けたことを称えた。

佐々木は「乗り越えたときに成長できるんじゃないかと。できるかなという不安はありましたけど、それを越える作品のおもしろさと、私自身この先台本がどうなっていくのか見たいという一心で」とオファーを受けたときの決意をあらためて告白。「この役をやってよかった。野島さんに選んでいただいてよかった。幸せだなと思います」と達成感に満ちた表情を見せた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事