マイナビニュース | パソコン (PC) | Windows (Windows 10、 Windows 8.1)

関連キーワード

新着記事

一覧

「Redstone 3」でバッテリ駆動時間が延長される - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Windows 10の次期大型アップデートとなる「Redstone 3 (仮称)」では、バックグラウンドアプリケーションの消費電力を軽減する「Power Throttling (仮称)」が搭載される予定だ。Power ThrottlingはWindows 10 Insider Preview ビルド15002で搭載されたものの、Windows 10 Creators Updateでの実装は見送られた。

[16:02 4/27]

Windowsスマートチューニング 第437回 Win 10編: Svchostのプロセス分離、搭載メモリー量に応じて閾値を変更する

こんにちは、阿久津です。Windows 10 Creators Updateの名前で2017年4月12日からリリースが始まったWindows 10 バージョン1703は、4GB以上の物理メモリーを搭載したPCで、Svchost(Windowsサービスのホストプロセス)のプロセスを分離する機能が加わりました。今回はプロセス分離のしきい値を変更するチューニングをご紹介します。

[21:47 4/25]

新着記事

一覧

【特別企画】大学生必見! 4年間で絶対に身につけておきたいスキルとは

大学生のときはそうでもなかったけれど、社会人になってから必要になったスキルといえば、真っ先にあがるのがPCスキル、とりわけWord、Excel、PowerPointなどのMicrosoft Officeスキルだろう。そこで今回、大学生にアンケートを実施。Microsoft Officeに対する意識調査を行った。さらに、大学生4人に集まっていただき、アンケート結果をもとに座談会を開催することにした。

[10:00 4/24]

Windows 10ミニTips 第178回 Creators Updateを新規インストールする - USBメモリ編

Windows 10 Creators Updateは、前バージョンであるWindows 10 Anniversary Updateから数えて約8カ月後にリリースされた。8カ月の間に汚れてしまったPC環境を、このタイミングでリフレッシュしてはどうだろうか。今回はUSBメモリを使った新規インストール方法を紹介する。

[00:00 4/22]

日本HP、独自のセキュリティ機能を強化したビジネス向けPCを8製品

日本HPは4月20日、法人向けPCの新製品(8機種)を発表、ラインナップを一新した。ノートPCが4製品、デスクトップのオールインワンPCが1製品、モバイルワークステーションが3製品となる。すでに発売中の製品も含め、5月中旬や7月下旬など、順次発売する。価格は89,800円から(税別)。

[16:21 4/21]

Windows 10ミニTips 第177回 Creators Updateを新規インストールする - 「回復」機能編

Windows 10 Creators Updateは、前バージョンであるWindows 10 Anniversary Updateから数えて約8カ月後にリリースされた。8カ月の間に汚れてしまったPC環境を、このタイミングでリフレッシュしてはどうだろうか。今回はWindows 10の「回復」機能を使った方法を紹介する。

[00:00 4/21]

Windows 10プレビュー版、消費電力効率化「Power Throttling」を正式採用

米Microsoftは4月19日 (現地時間)、Windows InsidersプログラムのFastリングに「Windows 10 Insider Preview Build 16179」をリリースした。マルチタスク作業時のバッテリー動作を効率化する省電力機能「Power Throttling (仮称)」、仮想マシンのリバートをサポートする「Revert VM」といった新機能を備える。

[06:01 4/20]

5月の発表会でSurface Pro 5は登場するか? - 阿久津良和のWindows Weekly Report

日本マイクロソフトは、「Surface Book(パフォーマンス ベース搭載モデル)」を4月20日に発売する。米国で同機種が発売されたのは昨年10月なので、約半年遅れの登場だ。個人的には、それよりも「Surface Book 2」に興味をひかれているが、米Microsoftが5月2日に開催するイベント「Learn what's next | #MicrosoftEDU」では、Surface Book 2は披露されないようだ。

[15:52 4/17]

MSI、「World of Tanks」「World of Warships」推奨の15.6型ノートPC

エムエスアイコンピュータージャパンは14日、「World of Tanks」と「World of Warships」推奨を取得した15.6型フルHD液晶のゲーミングノートPC「GP62 7RE Leopard Pro」を発表した。CPUはIntel Core i7-7700HQ(2.80GHz)、グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti(2GB)だ。4月21日から発売し、店頭予想価格は170,000円前後(税込)。

[17:35 4/16]

Windows 10ミニTips 第176回 Creators Updateで加わった、IMEの切り替え通知を無効にする

Windows 10 Creators Updateに加わった機能の1つに、「IME入力モード切替の通知」がある。標準の日本語入力システム「MS-IME」の状態を知らせてくれるこの機能、分かりやすいものではあるのだが、煩雑に感じる場面も少なくない。今回は「IME入力モード切替の通知」を無効にする手順を紹介する。

[00:00 4/15]

Windows 10ミニTips 第175回 Creators Updateで消えた「アレ」を起動する方法

Windows 10 Creators Updateでは「クイックアクセスメニュー」に変更が加わり、いくつかの機能を直接呼び出せなくなった。コントロールパネルから「設定」への移行がさらに進んだ結果と言えるだろう。そこで今回は、コマンドプロンプトやコントロールパネルの起動方法を紹介する。

[00:00 4/14]

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(4月) - Vistaの製品サポートが終了

日本マイクロソフトは12日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の4月分を公開した。今月からセキュリティ情報の公開がなくなり、「セキュリティ更新プログラムガイド」として新たに情報が提供されており、従来とは異なる体裁となっている。

[13:01 4/13]

米Microsoft、5月2日にNYでイベント開催、Windows 10 Cloud登場か

米Microsoftは4月12日 (現地時間)、米ニューヨークで5月2日にスペシャルイベントを開催することを明らかにした。イベントの様子はライブストリーミングで配信され、現地時間の午前9時30分 (日本時間: 5月2日午後10時30分)にスタートする。イベントを告知するイラストには「Learn what's next.」というメッセージが付けられており、Windows 10 Cloudの発表が予想されている。

[05:23 4/13]

エプソン、オフィス使用に向いたBTO対応の省スペースデスクトップPC

エプソンダイレクトは11日、省スペースデスクトップPC「Endeavor AT10」を発表した。「エプソンダイレクトショップ」などを通じて発売する。BTOに対応し、従来モデルと比べてBTO項目を拡充。CPUやメモリといったコアパーツ類のほか、定額保守サービスも拡充された。最小構成価格は57,000円(税別)。

[16:03 4/12]

Windows 10 Creators Update 正式リリース、段階的に自動アップデート拡大

米Microsoftは11日 (現地時間)、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Creators Update」のWindows 10デバイス・ユーザーへのロールアウトを開始した。自動アップデートは、Creators Updateの開発に協力したPCメーカーの新しい機種など、安定してアップグレードできる可能性の高いデバイスから配信し、フィードバックを参考にドライバーの修正などアップデートを加えながら配信ユーザーを広げる。

[08:25 4/12]

Windows 10 Creators Update、日本では4月12日リリース - 日本マイクロソフトのプレスセミナーから

日本マイクロソフトは2017年4月11日、Windows 10 Creators Update公開に合わせたプレスセミナーを都内で開催した。4つの機能を向上させたCreators Updateによって、すべてのユーザーに想像力の可能性を届けると語る。既にCreators Updateを適用したユーザーも多いと思うが、ここではプレスセミナーの内容を紹介しよう。

[22:27 4/11]

Windows BridgeでiOSからWindows 10に移植、DJアプリ「djay Pro」

iPadやiPhoneからユーザーを増やしてきたDJアプリ「djay Pro」のWindows 10アプリが登場した。djayシリーズ初のWindows版であり、独Algoriddimは米Microsoftの協力を得てWindows Bridge for iOSチームと共にdjay ProをWindows 10に移植した。動作要件はWindows 10のバージョン1607以上。

[16:21 4/11]

ビジネスユーザーもWindows 10のインサイダーに - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Windows 10 Creators Update (バージョン1703) は、4月11日 (以下すべて米国時間) からWindows Update経由で配布される予定だが、5日に公開された「Windows 10アップグレードアシスタント」からすでに更新可能だ。まずは本稿を読んでいるインサイダーの方々に「フィードバックお疲れさま」と申し上げたい。

[21:59 4/10]

14万台以上が稼働中、11日に延長サポート終了のVista

2012年4月にメインストリームサポートを終了した「Windows Vista Service Pack 2」の延長サポートが、2017年4月11日(米国時間)に終了する。サポートが終了すると、PCのセキュリティリスクが高い状態となり、脆弱性を狙った攻撃も予想されるが、トレンドマイクロ調査では、日本国内でまだ14万台以上がWindows Vista搭載PCだという。

[14:31 4/10]

Windows 10ミニTips 第174回 Creators Updateのテーマ機能でデスクトップを飾る

Windows 10 Creators Updateが備える新機能の1つに「テーマ」機能がある。コンシューマー向けWindowsは、長年「デスクトップテーマ」という機能を備えてきた。その歴史は1995年リリースのWindows 95までさかのぼるほどだ。今回はデスクトップを飾るテーマ機能の基本的な使い方を紹介しよう。

[13:01 4/7]

Windows 10ミニTips 第173回 Creators Updateへいち早く手動アップグレードする

2017年4月5日、Microsoftは「Windows 10アップグレードアシスタント」を用意し、Windows Updateで公開する前に、Windows 10 Creators Updateへのアップグレードを可能にした。Windows Update経由の更新は、日本では4月12日からの予定だが、手動でWindows 10 Creators Updateを導入する方法を紹介する。

[14:29 4/6]

「Redstone 2」アップデート対応版!! すべてが分かるWindows 10大百科

2016年7月のWindows 10 バージョン1507(Threshold 1)から、2015年11月のバージョン1511(Threshold 2)、2016年8月のバージョン1608(Redstone 1)と続き、ようやくバージョン1703となる「Creators Update」(Redstone 2)が我々の前に姿を現した。本稿は既存の特集記事を補完する形で、最新のWindows 10に関する改善点や変更ポイントを余すことなく紹介する。

[11:45 4/6]

Windows 10 Creators Update、すぐに導入できる手動アップデート配信開始

米Microsoftは4月5日(現地時間)、Windows 10の「Windows 10 Creators Update」への手動アップデートの提供を開始した。ビルド番号は15063。手動アップデートは、いち早く導入したい上級ユーザー向けのアップデート・オプションであり、簡単かつ安全にWindows 10をアップデートできるWindows Updateを通じたロールアウトは4月11日から。

[08:18 4/6]

「女子高生AI りんな」が「イケメンAI りんお」に!? - 阿久津良和のWindows Weekly Report

2015年7月にデビューした、日本マイクロソフトの「女子高生AI りんな」。利用者数はサービス開始直後の1カ月で130万を超え、2017年3月時点ではLINEとTwitterを合計すると540万人に達したという。

[20:29 4/3]

iiyama PC「STYLE∞」、CeleronとSSDを搭載する低コストのミニタワー型PC

ユニットコムは3日、「iiyama PC」ブランドの「STYLE∞」より、Kaby Lake世代のIntel Celeronプロセッサ、ストレージにSSDを搭載するミニタワーPC「Stl-M022-C-HFCSM」を発売した。価格は62,618円(税込)。当日の14時までにクレジットカードか代金引換で決済、注文することで、即日出荷する即納PCだ。

[18:25 4/3]

Windows 10ミニTips 第172回 不安定なUWPアプリケーションをリセットする2つの方法

今回は、Windows 10の「設定」からUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーションをリセットする方法と、Windows PowerShellを使ってアンインストールし、ストアから再インストールする方法を紹介する。なお、2017年4月11日リリースの「Creators Update」では、「設定」-「アプリ/アプリと機能」から実行する。

[17:53 4/1]

Windows 10ミニTips 第171回 インストール済みUWPアプリケーションを一覧する

Windows 10にインストールされた、UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーション「だけ」を確認する方法は意外と少ない。GUIベースで表示する方法は基本的に存在しないため、Windows PowerShellを用いた方法を紹介する。UWPアプリケーションのアンインストール判断などに役立ててほしい。

[10:40 3/31]

iiyama PC「STYLE∞」、21.5型フルHD液晶がセットになったデスクトップPC

ユニットコムは30日、「iiyama PC」ブランドの「STYLE∞」より、iiyama製の21.5型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite E2280HS」がセットになったデスクトップPCを発売した。スリム型、ミニタワー型、ミドルタワー型の3モデルをラインナップしている。価格は96,098円から(税込)。

[10:10 3/31]

Windows 10 Creators Update、正式リリース前の4月5日から導入可能に

米Microsoftが公式ブログで、Windows 10の次期大型アップデート「Windows 10 Creators Update」の配信計画を明らかにした。Windows Updateを通じたロールアウト開始(4月11日)から全ユーザーのアップデート完了には数カ月かかる見通し。いち早く体験したい上級ユーザー向けに、4月5日から手動でアップデートできるオプションを提供する。

[06:22 3/31]

フジテレビと日本マイクロソフトが提携 - 動画投稿サイト「DREAM FACTORY」の自動翻訳で世界へ発信

フジテレビジョン(以下、フジテレビ)と日本マイクロソフトは3月29日、フジテレビの動画投稿サイト「DREAM FACTORY」の運用における提携を発表した。DREAM FACTORYにて、日本語を含めた5カ国語への自動翻訳機能などを用い、国内映像コンテンツの世界配信を目指す。ここでは共同記者発表会の内容をお伝えする。

[15:45 3/30]

バックナンバー

このカテゴリーについて (パソコン>Windows)

 トップへ
Windows OSに関連する最新ニュース情報、使いこなしハウツーなどをお届け。

人気記事

一覧

新着記事