マイナビニュース | テクノロジー | 宇宙・航空

関連キーワード

イチオシ記事

銀河中心の超大質量ブラックホール合体による重力波、今後10年以内に観測か

マックスプランク研究所、カリフォルニア工科大学、バーミンガム大学などの国際研究チームは、銀河の中心に存在していると考えられる超大質量ブラックホール同士が合体することによって生じる重力波を今後10年以内に観測できる可能性があるとの予測を発表した。

[17:31 11/24]

新着記事

一覧

姿を現した次世代の大型ロケットエンジン「LE-9」 第1回 新型基幹ロケット「H3」の第1段エンジンとなる「LE-9」

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月14日、種子島宇宙センターにおいて、開発中の大型ロケットエンジン「LE-9」を報道向けに公開した。LE-9は、2020年度に試験機が打ち上げられる予定の新型基幹ロケット「H3」の第1段エンジンである。LE-9はどんなエンジンなのか。記者説明会での内容も踏まえながら、詳しく解説していこう。

[15:24 11/24]

2機の衛星を異なる軌道へ投入せよ! - H-IIAロケットが挑む、未来への挑戦 第1回 H-IIAロケットの「高度化」とは?

三菱重工は2017年11月10日、愛知県にある同社飛島工場において、製造中のH-IIAロケット37号機のコア機体を報道関係者に公開した。今回の打ち上げでは、2機の衛星をそれぞれ異なる軌道に投入する。言葉にすれば簡単だが、実はかなりの複雑な運用が要求される挑戦でもある。さらに、ロケットが自律的に飛行できるシステムを初めて本格的に採用する。この2つの挑戦は、「高度化」と呼ばれる、H-IIAをより使いやすいロケットにするために行われてきた改良計画の成果あり、そして「H3」ロケットなど、日本の将来のロケットに役立つ、大きな可能性をも秘めている。

[16:27 11/22]

新着記事

一覧

NEDO、自律飛行型マルチローター機による土石流シミュレーション実証実験

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、国際航業、エンルート、東北大学未来科学技術共同研究センター、工学院大学、フィールドプロが、国土交通省の協力のもと、長崎県の雲仙普賢岳において11月24日、自律飛行型マルチローター機と各種センシング技術の統合システムとして土石流シミュレーションの実証実験を行うことを発表した。

[10:27 11/22]

女性への癒しを重視-スカイツリーのプラネタリウム"天空"がリニューアル

コニカミノルタプラネリウム"天空" in 東京スカイツリータウンが11月22日よりリニューアルオープンする。今回のリニューアルのメインコンセプトは「Magic Blue(マジック・ブルー)」であり、女性を強く意識した空間作りがなされた。

[08:00 11/22]

ニュートリノ運動を記述するブラソフ方程式の高精度数値解法を開発

東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)は、同機構主任研究員で、東京大学大学院理学系研究科の吉田直紀教授、筑波大学計算科学研究センターの田中賢氏と吉川耕司講師、海洋研究開発機構の簑島敬氏らの研究グループが、ニュートリノや宇宙プラズマの運動を記述する基礎方程式「ブラソフ方程式」の高精度数値解法を開発したことを発表した。

[12:00 11/21]

国立天文台、半世紀をこえる観測で「静かな太陽は変わらない」ことを示す

国立天文台(NAOJ)は、半世紀以上にわたる太陽マイクロ波データを解析した結果、極小期のマイクロ波強度およびそのスペクトルが最近の5周期では毎回同じであることを明らかにした。

[09:41 11/21]

太陽系誕生時の有機物を含む隕石の非破壊分析に成功 - 阪大ら

大阪大学(阪大)は、DCミューオンビームを用いたミューオンX線分析法により、有機物を含む炭素質コンドライト隕石「Jbilet Winselwan」のMg、Si、Fe、O、S、Cの非破壊定量分析に成功したと発表した。

[12:38 11/20]

エアバスとJALが開発を進めるHoloLensを活用したバーチャル訓練システム

航空機メーカーのエアバスと日本航空(JAL)グループは11月14日、マイクロソフトのヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HoloLens」を使用した複合現実(MR)訓練システムの開発状況を公開した。

[12:56 11/17]

民間スペースシャトル、滑空飛行試験に成功-目標は2年後のISSへの物資補給

米国の航空宇宙メーカー、シエラ・ネヴァダ・コーポレーションは2017年11月11日(現地時間)、開発中の有翼宇宙船「ドリーム・チェイサー」(Dream Chaser)の滑空飛行試験に成功した。同社では早ければ2019年の本格運用開始を目指している。

[10:00 11/17]

従量課金制のクラウド型ドローンソリューション「Rapyuta c.drone」発表

ロボット開発ベンチャー・Rapyuta Robotics(ラピュタ・ロボティクス)は15日、同社のクラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」上で稼働する、はじめてのクラウド型ドローンソリューション「Rapyuta c.drone」(ベータ版)を発表した。

[17:53 11/15]

銀河団の高温ガスの元素組成比と太陽のものは同じ-ひとみの観測結果で判明

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月14日、X線天文衛星「ASTRO-H(ひとみ)」に搭載された軟X線分光検出器(SXS)による観測結果から、ペルセウス座銀河団中心部の鉄属元素の組成比は太陽のものと同じであることが判明したと発表した。

[21:30 11/14]

スペースX、ロケットエンジンの試験中に事故 - 有人宇宙船打ち上げに影響か

米国の宇宙企業スペースX(SpaceX)が2017年11月4日(現地時間)に、ロケットエンジンの試験中に事故を起こしていたことが明らかになった。米国の宇宙系メディアなどが9日、相次いで報じた。この事故で試験設備は大きく損傷したものの、けが人は出ていないという。スペースXによると、事故を起こしたのは開発中の改良型エンジンであり、早ければ15日にも予定されている次の打ち上げなど、今後当面の打ち上げ計画への影響はないとしているが、事故の原因やその対応の行方によっては、将来の有人宇宙船の打ち上げなどに影響が出る可能性はある。

[11:00 11/14]

日本の航空宇宙産業を支える縁の下の力持ち - 航空宇宙向けプリント基板への設備投資を進めるOTC

近年、世界的に宇宙を活用しようという取り組みが進んでおり、市場を牽引する米国では民間ロケットの活用が進み、その周辺産業含め、活況を呈するようになっている。そうした航空宇宙産業の盛り上がりを影で支えようというのが、OKIグループに属する「OKIサーキットテクノロジー(OTC)」だ。

[10:00 11/14]

NASA、新型ロケット「SLS」の初飛行を延期 - 開発に遅れ、2019年12月以降に

米国航空宇宙局(NASA)は2017年11月8日(現地時間)、開発中の超大型ロケット「スペース・ローンチ・システム」(SLS)の、初飛行の時期について、2019年12月へ延期すると明らかにした。この初打ち上げは、無人の「オライオン」宇宙船を月まで飛ばす計画で、これまでは2018年11月の打ち上げを目指すとされていた。さらに、今後の開発状況によっては、2020年6月まで遅れる可能性もあるという。

[09:00 11/14]

次世代ニュートリノ化学連携研究機構の発足式を開催 - 東大など

東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)は、ハイパーカミオカンデ計画の推進を目的とする「東京大学次世代ニュートリノ科学連携研究機構」の発足式を、東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設 (岐阜県飛騨市) で実施した。

[18:09 11/13]

アルマ望遠鏡によってスターバースト心臓部で観察された熱い「分子の密林」

東京大学(東大)は、 アルマ望遠鏡を用いて、星を活発に生み出すスターバースト銀河を観測し、その心臓部に多種さまざま分子を含む星間物質の塊が並んでいる様子を捉えたことを発表した。また、星間物質の塊のうち1つで、分子輝線がスペクトルを隙間なく埋め尽くしている「分子の密林」ともいうべき特異な環境を検出した。

[18:34 11/10]

早大、宇宙からの直接観測で3テラ電子ボルトまでの高精度電子識別に成功

早稲田大学は、同大理工学術院の鳥居祥二教授(CALET代表研究者)、同次席研究員浅岡陽一氏、宇宙航空研究開発機構(JAXA)及びイタリア、米国の国際共同研究グループが、国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームに搭載された宇宙線電子望遠鏡(CALET:高エネルギー電子・ガンマ線観測装置)で、これまで困難であったテラ電子ボルト領域において、3テラ電子ボルトまでの高精度エネルギースペクトルの測定に成功したことを発表した。

[12:20 11/9]

ミノトールCの悩み - 失敗を乗り越え、よみがえった米国の小型固体ロケット

米国の航空宇宙企業オービタルATKは2017年10月3日(日本時間)、10機の小型衛星を搭載した小型固体ロケット「ミノトールC」(Minotaur-C)の打ち上げに成功した。

[11:00 11/9]

HAKUTO、打上げ延期を発表 - 月面の走行ルートなどミッションの詳細も公開

民間月面探査チーム「HAKUTO」は11月8日、開発している月面ローバー「SORATO」の打ち上げを、当初予定の12月28日から延期することを明らかにした。新たな打ち上げ日は未定だが、制約条件などを考慮し、今後決定する。月面レース「Google Lunar XPRIZE」(GLXP)では、2018年3月末までのミッション達成が求められており、これを目指す。

[10:00 11/9]

HP、無重力下で動くISS用特注プリンタ「HP ENVY Zero-Gravity Printer」開発

米HPは、国際宇宙ステーション(ISS)に設置されている既存のプリンティング機能を置き換える次世代プリンターとして同社の「HP OfficeJet 5740プリンター」が採用され、ISSでの利用に向けカスタマイズした「HP ENVY Zero-Gravity Printer」を開発したことを発表した。

[16:26 11/7]

史上初、中性子星合体の重力波の観測に成功 - いったい何がすごいのか? 第3回 「短ガンマ線バースト」と重力波の関係、日本の重力波望遠鏡もまもなく稼働

重力波望遠鏡を使って重力波を観測している、米国と欧州の共同研究グループは2017年10月16日、2つの中性子星からなる連星が合体して放出されたと考えられる重力波を、今年8月に観測することに成功したと発表した。中性子星同士の合体によって放出された重力波が観測されたのは初。さらにこの重力波源に向けて、世界各国と宇宙空間にある合計70か所以上の天文台が目を向け、追跡観測を実施。そこでもさまざまな大きな成果を残すことに成功した。この大成果について、6つのポイントに分けて紹介。第3回では、マルチメッセンジャー天文学のもうひとつの大きな成果となった「短ガンマ線バースト」と連星中性子星の合体の関連がわかったかもしれないこと、そして日本の重力波望遠鏡もまもなく稼働をはじめ、さらに宇宙にも望遠鏡が打ち上げられ、宇宙誕生の謎に迫れるかもしれないといった、重力波天文学の将来について見ていきたい。

[10:00 11/6]

史上初、中性子星合体の重力波の観測に成功 - いったい何がすごいのか? 第2回 重力波と電磁波を使った宇宙観測の時代! 世界を創った物質の起源に迫れ!

重力波望遠鏡を使って重力波を観測している、米国と欧州の共同研究グループは2017年10月16日、2つの中性子星からなる連星が合体して放出されたと考えられる重力波を、今年8月に観測することに成功したと発表した。中性子星同士の合体によって放出された重力波が観測されたのは初。さらにこの重力波源に向けて、世界各国と宇宙空間にある合計70か所以上の天文台が目を向け、追跡観測を実施。そこでもさまざまな大きな成果を残すことに成功した。この大成果について、6つのポイントに分けて紹介。第2回では「重力波を使った『マルチメッセンジャー天文学』が始まった」こと、そしてその結果、「『世界を創った物質はどうやって生まれたのか』という問題の解決に光がもたらされたかも?」という2つについて見ていきたい。

[10:00 11/2]

衛星銀河の合体が超巨大ブラックホールに活を入れていた-国立天文台

国立天文台(NAOJ)は、放送大学との研究チームがすばる望遠鏡で撮影したところ、遠い過去に起きた「事件」の存在が浮かび上がり、この銀河が数十億年前に別の小さな銀河を飲み込み、中心核にある超巨大ブラックホールに活を入れていたことを物語る成果を発表した。

[14:54 11/1]

九大、レーザー核融合ロケット実現に向けたプラズマの噴出制御に成功

九州大学は、同大大学院 総合理工学研究院の森田太智助教と山本直嗣教授が、大阪大学レーザー科学研究所、パデュー大学、光産業創成大学院大学、広島大学、明石高専と協力して、プラズマロケット磁気ノズルのレーザー生成プラズマ噴出方向の制御に成功したことを発表した。

[11:31 11/1]

史上初、中性子星合体の重力波の観測に成功 - いったい何がすごいのか? 第1回 そもそも重力波ってどんなもの? 中性子星の合体ってどんなもの?

重力波望遠鏡を使って宇宙を観測している、米国と欧州の共同実験チームは2017年10月16日、今年8月に2つの中性子星からなる連星が合体して放出されたと考えられる重力波を観測したと発表した。中性子星同士の合体によって放出された重力波が観測されたのは初。さらにこの重力波源に向けて、世界各国と宇宙空間にある合計70か所以上の天文台が目を向け、追跡観測を実施。そこでもさまざまな大きな成果を残すことに成功した。この大成果について、6つのポイントに分けて紹介。第1回では「そもそも重力波とはどんなものなのか」、そして「今回観測された『中性子星の合体』とはどんなものなのか」という2つについて見ていきたい。

[11:30 11/1]

空間はなぜ三次元なのか? 初期宇宙での「フラックス・チューブ理論」から考察

英・米・独・ポルトガルなどの国際研究チームは、宇宙誕生後に起きた宇宙の急膨張(インフレーション)のエネルギー源を、ひも状のグルーオン場「フラックス・チューブ」によって説明できるとする説を発表した。

[09:00 10/31]

テラドローンと日立建機など、ドローン運行管理デモを実施

テラドローンおよび日立建機は、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM:Japan UTM Consortium)が福島県南相馬市にて実施した、複数事業者が同時に行う無人航空機(UAV:Unmanned Aerial Vehicle)の運行管理デモンストレーションに参画したことを発表した。

[16:04 10/30]

お医者さん、宇宙へ - JAXA「SPACE MEETS YOKOHAMA きぼう、その先へ」

12月より、JAXAの金井宣茂 宇宙飛行士がISSでの長期滞在を開始する。油井亀美也 宇宙飛行士、大西卓哉 宇宙飛行士に続く「新世代の宇宙飛行士」としての活躍が期待されている同氏の壮行会として、パシフィコ横浜国立大ホールにて、「SPACE MEETS YOKOHAMA きぼう、その先へ」というイベントが行われた。

[09:00 10/29]

宇宙旅行は分子的なリスクがある!? - NASAが宇宙で起こる遺伝子発現を探る

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、宇宙旅行はメチル化のを引き起こすことを明らかにし、遺伝子の活性化と消滅のプロセスとその仕組みに関する研究の進展を発表した。

[16:24 10/27]

太陽系外からやってきて飛び去っていく-星間飛行する天体を初めて発見か?

国際天文学連合(IAU)の小惑星センター(Minor Planet Center)は2017年10月25日、太陽系の外から飛んできたと考えられる小さな天体「A/2017 U1」(旧名 C/2017 U1)を発見したと明らかにした。恒星間を小惑星や彗星が移動することや、それが太陽系にも飛来することは、理論上予想されていたが、実際に発見されたのは初めてとなる。

[13:57 10/27]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>宇宙・航空)

 トップへ
無限に広がる大宇宙や話題のドローンといった航空関連に関わる情報やトレンド、ホットなニュースを毎日更新。ロケットや人工衛星、宇宙飛行士、天文観測、ドローン、エアレースなど、身近な話題から素粒子やダークマター、重力波といった、最新科学の話題まで、詳細な説明付きで紹介します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事