マイナビニュース | テクノロジー | 組み込み/IoT

関連キーワード

イチオシ記事

IoT自転車シェアサービス「Mobike」、北海道・札幌市での展開を発表

中国を拠点として自転車のシェアリングサービスを展開するMobikeは23日、同社サービス「Mobike」を北海道・札幌市でも展開予定であることを明かした。同社の日本進出は22日に福岡市との提携が発表されたばかりだが、それに札幌市が続いたかたちになる。

[20:40 6/23]

新着記事

一覧

がじぇるね活用のアイデアコンテスト「GRデザインコンテスト」が今年も開催

ルネサス エレクトロニクスのアイデアとエレクトロニクスをつなげるプロジェクト「GADGET RENESAS(がじぇるね)」は6月23日、がじぇるねのプロトタイピングボードを活用したアイデアコンテスト「GRデザインコンテスト 2017 in Japan」の開催を決定、即日、特設Webサイトからのエントリーの受け付けを開始した。

[17:11 6/23]

Wi-RANシステムによる遠隔地及び中継地の情報同時収集試験成功

日立国際電気は、IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステム用無線機による無線多段中継伝送を用いた多地点同時映像情報収集基礎試験に成功したと発表した。

[12:34 6/23]

新着記事

一覧

Intel、IOCと2024年までのTOPパートナーシップを締結

Intelは6月21日(米国時間)、IOC(International Olympic Committee:国際オリンピック委員会)との長期的なテクノロジー・パートナーシップを締結したと発表した。

[19:01 6/22]

琉球大×外為どっとコム、AIによる為替のトレンド予測に関する共同研究

琉球大学は、FX取引を提供する企業である外為どっとコムと、個人投資家向け資産運用ロボットを将来的に提供するため、「人工知能(AI)を用いた為替のトレンド予測」に関する共同研究契約を締結したことを発表した。

[17:04 6/22]

ITF 2017 - ソニーが語ったVR/ARのためのユーザーインタフェースの開発状況

ベルギーimecは2017年5月に、年次研究方針発表会ともいえる「imec technology forum 2017 Belgium(ITF 2017)」を開催。そこで、ソニーのデバイス&マテリアル研究開発本部ユーザーインタフェース(UI)開発部門 チーフUIデバイスリサーチャーの野本和正氏が、「VR (Virtual reality:仮想現実)およびAR(Augmented Reality:拡張現実)のためのユーザーインタフェース」と題して講演を行った。

[11:30 6/22]

東京・品川で7月16日にレゴを使ったロボット教育イベントが開催

アフレルは、ロボットを活用したエンジニアリングの実践・教育の取り組みの紹介・ワークショップ・展示を一堂に集めたイベント「Robotics Education Day 2017」を、2017年7月16日に東京・品川区の品川シーズンテラスにて開催する。

[07:00 6/22]

お酒のにおいからアルコール度数を推定できる手法 - NIMSが開発

物質・材料研究機構(NIMS)は6月20日、超高感度小型センサ素子(MSS) 、機能性感応材料、および機械学習を組み合わせることで、お酒のにおいからアルコール度数を推定することに成功したと発表した。

[16:11 6/21]

中電×中電興業×DNP、IoTを活用した電柱看板への地域情報配信の実証実験

中部電力、中電興業、大日本印刷の3社は、2017年10月より愛知県・豊田市の中心部において、電柱を活用し、天気やイベント情報等の地域に役立つ情報を配信する、新たな地域サービスの開発に向けた実証実験を行うことを発表した。

[09:57 6/21]

揮発した残留農薬を空気中から検知できる、非破壊検査可能なセンサを開発

神奈川県立産業技術総合研究所は、揮発した残留農薬を迅速・特異的に空気中から直接検知可能なセンサを開発したと発表した。

[12:21 6/20]

迷い猫をIoTで探索する「ねこさがし」サービス提供開始

豆蔵ホールディングスの事業会社であるオープンストリームは、IT技術で迷い猫の探索をサポートする「ねこさがし IoT サービス『ねこもに』」に、「ペット探偵による ねこ捜索サービス保険」を付帯して提供を開始した。

[08:37 6/20]

NXP、IMSにおいて新しい5Gセルラー基地局コンセプトを紹介

NXPセミコンダクターズは、6月4日~9日に米国ハワイ州ホノルルで開催されたInternational Microwave Symposium(IMS)に出展し、同社ブースにおいて多数のセルラー・インフラ・ソリューション/技術とともに、新しい5Gセルラー基地局コンセプトを紹介したことを発表した。

[09:23 6/19]

ザイン、MIPI CSI-2 I/F直結型のV-by-One HS新製品「THCV241-Q」量産出荷

ザインエレクトロニクスは、MIPI CSI-2インターフェースに直結できるV-by-One HS新製品「THCV241-Q」を、6月より量産出荷することを発表した。

[09:22 6/19]

2016年のスマホの出荷台数トップ10のうち7社は中国企業 - IC Insights

米IC Insightsは6月15日(米国時間)、世界におけるスマートフォン(スマホ)メーカーの2016年における出荷台数ランキングトップ14(年間売り上げ台数2000万台以上の企業)を発表した。

[19:57 6/16]

XMOS、ボイス・プロセッサー「XVF3000」とスピーカー開発キットを発表

英XMOS(エックスモス)は、遠くからの音声入力を可能にするボイス・プロセッサーの新製品「XVF3000」ファミリーを発表した。

[15:40 6/16]

ウチヤマHD、九工大など、IoTを活用した介護・看護職員の行動認識実証実験

ウチヤマホールディングスは、九州工業大学、IDCフロンティアと共同で、高齢者介護施設においてIoTセンサーとビッグデータ分析を活用し、介護・看護職員の行動記録と機械学習による行動認識・業務分析の実証実験を実施したことを発表した。

[12:45 6/16]

日立造船・デンソー・日本無線など5社、「グローバル測位サービス」を設立

日立造船、日本政策投資銀行(以下、DBJ)、デンソー、日本無線(以下、JRC)、日立オートモティブシステムズ(以下、日立AMS)の5社は、新会社「グローバル測位サービス株式会社(英語名:Global Positioning Augmentation Service Corporation、以下「GPAS」)」を共同出資により設立したと発表した。

[12:23 6/16]

鉄道総研と日立AMS、上下制振制御システムをクルーズトレインに相次ぎ搭載

鉄道総合技術研究所は、同社が日立オートモティブシステムズと共同で開発した「可変減衰上下動ダンパーによる制振制御システム」がクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」および「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」に搭載されたと発表した。

[12:12 6/16]

アンリツ、LTEのRF試験とプロトコル試験を1台で行える「ME7800L」を販売

アンリツは、LTE端末のGCF/PTCRB認証で要求されているRF/プロトコルを1台で行える、シンプルコンフォーマンステストシステム「ME7800L」を開発し、14日より販売を開始した。

[10:16 6/16]

【特別企画】一般照明、ウェアラブル機器で市場が拡大 LED/レーザーの最新動向をつかむ! ――「オスラム オプトセミコンダクターズ LEDセミナー 2017」レポート

2017年5月23日、東京・竹橋のマイナビルームにて「オスラム オプトセミコンダクターズ LEDセミナー 2017」が開催された。同セミナーは、オスラム オプトセミコンダクターズの可視光LED、赤外LED、レーザー製品とその最新技術動向について幅広く解説するもの。同時進行する複数のセッションの中から、聴講者がそれぞれ関心のあるテーマを選んで参加する分科会形式をとった。本稿では、注目度の高い一般照明用LED、ウェララブル関連製品、光センシング/レーザーなどのテーマを中心に、セミナー当日の講演内容を報告する。

[15:27 6/15]

ADI、小型の低ノイズ昇降圧チャージ・ポンプ「LTC3246」を販売

アナログ・デバイセズ(ADI)は、小型・低ノイズ昇降圧チャージ・ポンプ「LTC3246」の販売を開始した。旧リニアテクノロジー国内販売代理店の各社経由で販売され、参考単価は3.25ドル~(1000個注文時)。

[08:00 6/15]

日本NI、無線通信端末のマルチサイト自動テスト向けソリューション最新版

日本ナショナルインスツルメンツは13日、ワイヤレス通信デバイスのマルチサイト(同時測定)自動テストに向けたソリューション「ワイヤレステストシステム(以下、WTS)」の最新版をリリースした。

[14:38 6/14]

ラピス、工作機械のIoT化を実現するシールド基板「CT Sensor Shield」発売

ラピスセミコンダクタは、工作機械の稼働状況モニタリングを容易に実現する電流検出用中継基板「CT Sensor Shield」を開発し、インターネットでの販売を開始したことを発表した。

[12:43 6/14]

タイププロジェクト、ソニーのコーポレートフォント「SST JP」の発売を開始

タイププロジェクトは、ソニーのコーポレートフォントとして開発した「SST JP」を発売した。[タイププロジェクトのオンラインショップ](https://shop.typeproject.com/)より購入することができる。

[12:27 6/14]

新日本無線、圧力計・流量計に最適なPGA内蔵AFE量産開始

新日本無線は、圧力計や流量計に最適な最大512倍のPGA内蔵アナログ・フロント・エンド(以降、AFE)「NJU9103」の量産を開始したと発表した。

[11:19 6/14]

IoTは本当に成長市場になるのか? - IC Insightsが市場見通しを下方修正

米IC Insightsは6月8日(米国時間)、2020年におけるIoT向け半導体の市場予測を2016年末に予測した320億ドルから、約311億ドルへと下方修正したことを発表した。同社によると、主に「Connected Cities」向けのアプリケーション(スマートメーターやインフラ整備)の売上高が以前の予測より低めになりそうなためであるという。

[11:47 6/13]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第37回 コンピュータビジョン分野で活躍する企業・フリーランサー インタビュー(3)

久しぶりのインタビュー記事です。今回は、コンピュータビジョン分野のエンジニアではなく、フリーのプロカメラマンとしてご活躍されている井出友樹さんに撮影に関してお話を伺いました。

[10:00 6/13]

OA研究所など、超高速PLZT光スイッチを採用した波長多重伝送切換装置を開発

NEDOのプロジェクトでOA研究所とエピフォトニクスは、高速切換性能と省電力性をもつ超高速PLZT光スイッチを採用することで、8K映像データの乱れない切換を実現するとともに、放送局向けのネットワークシステムの消費電力を約1/4に削減可能な波長多重伝送切換装置を開発したことを発表した。

[11:39 6/9]

パナソニック、0.4mmピッチ高電流対応の基板対基板/FPCコネクタ-最大5A通電

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、最大5Aの通電を実現した高電流対応0.4mmピッチ基板対基板/基板対FPCコネクタ(P4SPシリーズ)を製品化し、6月からサンプル対応を開始することを発表した。

[10:00 6/9]

アドバンテック×KCCS、「SIGFOX」普及のためのパートナーシップ締結を発表

アドバンテックと京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は7日、IoTアプリケーションにおける「SIGFOX(シグフォックス)」の普及に向けたセンシングプラットフォームの提供において戦略的パートナーシップを発表した。

[17:16 6/7]

東工大×NEC、悪条件下の視認性をAIで格段に高める画像融合技術を共同開発

東京工業大学は、同大学工学院の奥富正敏教授、田中正行特定准教授らの研究グループとNECが、一般カメラで撮影した可視光画像とサーモカメラなどで撮影した非可視光画像をAIを用いて合成し、それぞれの画像単独ではとらえにくかった対象物・状況の視認性を格段に高める「マルチモーダル画像融合技術」を共同開発したことを発表した。

[16:06 6/7]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>組み込み/IoT)

 トップへ
次世代家電や通信機器、電子工作などで活用される話題をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事