マイナビニュース | 旅と乗りもの | 車とバイク

イチオシ記事

フォルクスワーゲン新型「up!」5年ぶり刷新して発売、限定車も - 画像42枚

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは27日、コンパクトカー「up!」を5年ぶりに刷新して発売した。スマートフォンとの連携を強化したインフォテイメントシステムを採用したほか、安全・快適装備や内外装のデザインなど刷新した。世界的オーディオブランド「Beats」とのコラボレーション第2弾となる「up!」限定車2モデルも同時発売した。

[19:44 4/27]

新着記事

一覧

アストンマーティン、新型「ヴァンキッシュ S」国内発表 - 5月から納車予定

アストンマーティンは25日、東京でフラッグシップモデルの新型「ヴァンキッシュ S」を発表した。社長兼最高経営責任者(CEO)であるアンディ・パーマー氏が来日して同車の発表を行い、2017年第4四半期に新しいディーラー / ブランド・センターを開設することも明らかにした。

[11:37 4/27]

アルファロメオ「4C」に創業107周年記念の特別仕様車、5月から期間限定受注

FCAジャパンは25日、アルファロメオのミッドシップスポーツカー「4C」「4C スパイダー」の特別仕様車「4C 107th エディション」「4C スパイダー107th エディション」を発表した。全国のアルファロメオ正規ディーラー店舗にて、5月1日から6月30日までの期間限定で受注を行う。

[11:26 4/27]

人気中古車ランキング

新着記事

一覧

アウディ「Q2」新型コンパクトSUVを発表、都市でも優れた機動性 - 画像36枚

アウディ ジャパンは26日、アウディラインナップで最もコンパクトなSUV「Q2」の日本向けモデルの商品概要と価格を発表し、同日から受注を本格化すると発表した。「Q2」は「Q3」よりさらにひと回り小さいコンパクトSUV。全国のアウディ正規ディーラー(現時点で125店舗)を通じての発売は6月中旬となる。

[16:12 4/26]

日産「デイズ」「デイズ ルークス」特別仕様車、新カラーや人気装備を追加

日産自動車は25日、軽乗用車「デイズ」に特別仕様車「X モカセレクション」「ハイウェイスターX プレミアムセレクション」、「デイズ ルークス」に特別仕様車「Vセレクション」を設定して発売した。それぞれ新たなボディカラーや内装色の採用、人気の装備の追加などで魅力を高めている。

[21:45 4/25]

ホンダ「CBR250RR」発表後3日間で3,714台受注 - 年間販売計画台数を上回る

本田技研工業(ホンダ)は25日、新設計の水冷DOHC・直列2気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル「CBR250RR」の受注状況を発表した。ホンダ二輪車正規取扱店の受注状況は、4月18日の発表後、3日間で年間販売計画台数3,500台を上回る3,714台(4月21日時点)となっており、好調な立ち上がりとなった。

[21:28 4/25]

ポルシェ「パナメーラ スポーツツーリスモ」など上海モーターショーで公開

ドイツのポルシェAGは上海モーターショーにて、アジア市場向けのニューモデル5車種を公開したと発表した。5台の中で最も注目される「パナメーラ スポーツツーリスモ」はアジアプレミアとして公開された。同社取締役会長のオリバー・ブルーメ氏は、「中国は再びポルシェ最大の個別市場という位置づけになりました」と語っている。

[21:13 4/25]

ホンダ新型「シビック TYPE R」FF最速ラップタイム更新 - 7分43秒80を記録

本田技研工業(ホンダ)はこのほど、夏からの販売開始を控えた新型「シビック TYPE R」が、ドイツのニュルブルクリンク北コースでFFモデル最速となる7分43秒80(ホンダ測定値)のラップタイムを記録したと発表した。このタイムは、先代「シビック TYPE R」が記録し、従来のFF最速となっていたタイムより7秒近く速い。

[13:56 4/25]

マツダ「ロードスター」100万台達成記念車、世界9カ国での展示終えて広島へ

マツダは24日、2人乗りオープンスポーツカー「ロードスター」(海外名「MX-5」)の累計生産台数100万台達成記念車が、1年間にわたる世界各地のファンイベントでの展示を経て4月7日にマツダ本社(広島県府中町)に帰還したと発表した。世界9カ国、35のファンイベントで展示され、1万人を超える多くのファンのサインが記入された。

[19:37 4/24]

GLM「G4」想定価格4,000万円! 国産EVスーパーカーのコンセプトモデル初公開

京都大学発のベンチャー企業であり、電気自動車メーカーのGLMが4月18日、日本初のEVスーパーカー「GLM-G4」のジャパンプレミアを行った。想定価格は4,000万円で、2019年の量産をめざすという。都内の発表会会場にて、日本初公開となった「GLM-G4」のコンセプトモデルを見学した。

[17:00 4/22]

アストンマーティン、高性能ブランドAMRモデルを上海モーターショーで発表

英国のアストンマーティンは、上海モーターショーにて高性能ブランドAMRのモデルを発表した。AMRはレースの血統を反映した高性能モデルのブランド。あわせて「ヴァンテージ S」のスペシャル・エディション「V8 ヴァンテージ S グレートブリテン・エディション」も公開されている。

[19:07 4/21]

三菱自動車「デリカ D:5」改良し発売、特別仕様車「ACTIVE GEAR」を新設定

三菱自動車は21日、ミニバン「デリカ D:5」に一部改良を施して発売するとともに、特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を新たに設定して27日から販売開始すると発表した。携帯電話の充電や小型デジタル機器などの電源に便利な「ACパワーサプライ(AC100V)」を一部グレードを除き標準装備とした。

[18:37 4/21]

トヨタ、FC大型商用トラックの実証実験へ - 米国で今夏から開始すると発表

トヨタ自動車の北米事業体である「Toyota Motor North America, Inc.(TMNA)」は、FC(燃料電池)技術の大型商用車への応用可能性を検証するため、今夏から米国カリフォルニア州ロサンゼルス港でFCシステムを搭載した大型商用トラックの実証実験を開始すると発表した。現地時間19日、ロサンゼルス港のイベントにて実験車両を公開する。

[18:24 4/21]

ホンダ「CR-V ハイブリッド」&アキュラ「TLX-L プロトタイプ」中国で初公開

本田技研工業(ホンダ)の中国現地法人、本田技研工業(中国)投資有限公司は19日、中国・上海で開催されている「2017年上海モーターショー」(一般公開は4月28日まで)において、ホンダの新型SUV「CR-V ハイブリッド」、アキュラブランドの中国専用モデル「TLX-L プロトタイプ」を世界初公開したと発表した。

[18:07 4/21]

マツダ「デミオ」全機種に先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備して発売

マツダは20日、小型乗用車「デミオ」の全機種にマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備して発売した。日本国内で販売するほぼすべての新世代商品を対象に、「i-ACTIVSENSE」技術の標準装備化を2017年度中に行うという同社の取組みの第1弾となる。

[17:47 4/21]

アウディ、eモビリティ専用アーキテクチャー採用のコンセプトモデルを発表

ドイツのアウディAGはこのほど、多様な性格を備えた電気自動車のコンセプトカー「e-tron Sportback concept」を上海モーターショーで公開すると発表した。4ドアのクーペスタイルで、320kWの電気駆動システムを搭載。電気駆動テクノロジーと専用に開発されたアーキテクチャーによる数多くの先進的な技術を採用した。

[14:48 4/20]

フォルクスワーゲン「I.D. CROZZ」自動運転モード備えた電気自動車を初公開

ドイツのフォルクスワーゲンはこのほど、電気で駆動するフォルクスワーゲン初のクロスオーバーユーティリティビークル「I.D. CROZZ」を上海モーターショーで世界初公開すると発表した。「I.D. CROZZ」は自動運転モードを備えた電気自動車で、同時に4ドアクーペとSUVを融合したモデルとなっている。

[13:11 4/20]

日産「キックス」若々しいデザインの小型SUV、上海モーターショーにて公開

日産自動車は上海モーターショーに中国初公開の小型SUV「キックス」、ピックアップトラック「ナバラ」、コンセプトカー「Vmotion 2.0」などを出展する。「キックス」は中国市場に初めて投入され、エントリーSUVセグメントを強化する。中国で1990年以降に生まれた世代をターゲットとしている。

[12:12 4/20]

中古車購入時の確定申告

中古車購入時の確定申告

[00:00 4/20]

中古車購入時の仕訳・減価償却・勘定科目

中古車購入時の仕訳・減価償却・勘定科目

[00:00 4/20]

ホンダ新型「CBR250RR」スーパースポーツモデル発売、新設計のエンジン搭載

本田技研工業(ホンダ)は5月12日、新設計の水冷DOHC・直列2気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売する。エンジンは最高出力38PSを発揮しながら、同時にWMTCモード26.7km/リットルの低燃費を実現。「直感、体感、新世代"RR"」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計した。

[17:43 4/19]

レクサス「NX」マイナーチェンジ、上海で初公開 - 秋に日本発売、画像22枚

レクサスは19日、第17回上海モーターショーに、マイナーチェンジした新型コンパクトクロスオーバーSUV「NX」を出展すると発表した。エクステリアデザインをさらに進化させ、インテリアは一層の質感向上を図るとともに先進装備を充実させて快適性や利便性を高めた。新型「NX」の日本での発売は2017年秋頃を予定している。

[16:23 4/19]

メルセデス・ベンツ新型「GLA」発売 - よりSUVらしいデザイン・機能へ進化

メルセデス・ベンツ日本は19日、新型「GLA」を全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて発売した。ダイナミックなデザインをはじめ、走行性能や機能装備など、さまざまな面でより"SUVらしさ"が際立つ進化を遂げている。「GLA 220 4MATIC」をラインアップに追加し、9月以降に発売することも発表している。

[16:01 4/19]

GLM「G4」EVスーパーカー日本初披露 - 4,000万円想定、2019年の量産めざす

電気自動車(EV)メーカーのGLMは、日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産をめざす「G4」を日本で初披露し、価格・販売計画などを発表した。「G4」は540PS相当のパワーを発揮する電気モーターを搭載し、航続距離は400kmを達成している。想定価格は4,000万円、販売台数1,000台を予定している。

[11:42 4/19]

中古車購入が節税になるのか?

中古車購入が節税になるのか?

[00:00 4/19]

中古車購入時にガソリン満タンで納車してもらえるのか

中古車購入時にガソリン満タンで納車してもらえるのか

[00:00 4/19]

JR東日本「トランスイート四季島」バスも一部「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当

JR東日本は18日、クルーズトレイン「TRAIN SUITE(トランスイート)四季島」の立寄り先で使用されるバスの詳細について発表した。同列車用のバスを運行するバス会社は6社。一部バスについては、「TRAIN SUITE 四季島」と同じ「KEN OKUYAMA DESIGN」がデザインを手がけたという。

[19:15 4/18]

日野デュトロを改良、5/8発売 - 全車にプリクラッシュセーフティを標準装備

日野自動車は18日、小型トラック「日野デュトロ」を改良し、5月8日に発売すると発表した。今回の改良では、「PCS(プリクラッシュセーフティ)」を全車に標準装備し、平成28年排出ガス規制適合車もラインアップしている。平成28年排出ガス規制適合車の6速MT車は6月発売となる。

[17:47 4/18]

トヨタ、ダイナ・トヨエース一部改良 - プリクラッシュセーフティ設定拡大

トヨタ自動車は18日、商用車「ダイナ」ならびに「トヨエース」の2t積系を一部改良し、5月8日に発売すると発表した。今回の改良では、衝突回避や衝突時の被害軽減を支援するプリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付)や、車線逸脱による衝突事故の回避を支援するレーンディパーチャーアラートを標準装備(LPG車を除く)とした。

[17:36 4/18]

レクサス「LC」発売1カ月で1,800台受注、独創的デザインや優れた走りが評価

レクサスは18日、新型ラグジュアリークーペ「LC」の受注状況を発表した。3月16日の発売からおよそ1カ月にあたる4月16日時点で約1,800台(月販目標台数は50台)を受注し、好調な立ち上がりとなっている。受注台数のパワートレーン別内訳は、ハイブリッド車「LC500h」が約800台、ガソリン車「LC500」が約1,000台。

[17:24 4/18]

中古車は「買い替え」と「車検」のどちらを選ぶのが得か?

中古車は「買い替え」と「車検」のどちらを選ぶのが得か?

[00:00 4/18]

バックナンバー

このカテゴリーについて (旅と乗りもの>車とバイク)

 トップへ
自動車、オートバイやそのテクノロジ、モータリゼーションなどの情報を紹介。

人気記事

一覧

2017年4月27日の運勢

イチオシ記事

新着記事