マイナビニュース | 旅と乗りもの | 鉄道

関連キーワード

注目記事

一覧

JR西日本、鳥取県・島根県の山陰本線に「あめつち」2018年7月から運行開始

鳥取県・島根県とJR西日本米子支社は、2018年夏に共同で開催する「山陰デスティネーションキャンペーン」(山陰DC)に向け、山陰エリアで新たな観光列車を運行すると発表した。列車名は「『あめつち』~天地の初発……

[21:42 8/19]

鉄道トリビア 第418回 SL「大樹」14系客車の「バッタンシート」国鉄時代は不評だった

東武鉄道のSL「大樹」の客車に設置された座席は、特急列車のような2人掛けのリクライニングシート。肘掛けのスイッチを操作すると、背もたれが倒れ、座面が少し前に出て、楽な姿勢になる。体を起こすとリクライニ……

[08:00 8/19]

鉄道ニュース週報 第83回 SL「大樹」も直面しうる「乗車したら機関車が見えない問題」とは?

8月10日、東武鉄道のSL「大樹」が営業運転を開始した。先週の一般紙誌、テレビニュースなどでも大きく扱われた。蒸気機関車は鉄道関連の観光目的として強力だ。観光客の関心も高く、地域振興の期待も大きい。し ……

[07:00 8/16]

ラトビア鉄道歴史博物館で旧ソ連時代の車両と出会う - 迫力満点の機関車も

筆者は6月上旬から中旬にかけて、バルト3国のひとつ、ラトビアを訪れた。ラトビアの鉄道は、歴史的経緯からロシアと同じ広軌(軌間1,520mm)を採用している。ラトビアでは旧ソ連時代から数多くの鉄道車両が製造さ ……

[07:00 8/13]

鉄道トリビア 第417回 東武鉄道SL「大樹」の車掌車に、車掌は乗っていない

8月10日から東武鉄道でSL「大樹」の運行が始まった。列車の編成は蒸気機関車と車掌車、客車3両、ディーゼル機関車の順に並ぶ。車掌車は貨物列車に使われた車両だった。SL列車は蒸気機関車と客車だけで運行できる……

[08:00 8/12]

東武鉄道SL「大樹」営業運転スタート - 構想4年「SL復活運転」現実のものに

東武鉄道のSL「大樹」が営業運転を開始した。小雨降る肌寒い日となった8月10日、蒸気機関車C11形207号機は高く煙を上げ、強く汽笛を鳴らした。計画発表から約2年、社内での構想開始から約4年をかけた「SL復活運 ……

[21:01 8/11]

鉄道ニュース週報 第82回 黒字鉄道会社の被災路線復旧に光 - 国の補助へ法改正

東日本大震災で被災した鉄道路線のうち、三陸鉄道は国の補助があって復旧、JR東日本は国の補助が受けられず、BRTによる復旧となった。その運命の分かれ道となった法的根拠「鉄道軌道整備法」が改正される見通し ……

[07:00 8/8]

JR西日本287系「パンダくろしお」外観も車内もパンダだらけの列車デビュー

JR西日本は5日、天王寺駅にて「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」の出発式を行った。同列車は和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」とJR西日本のコラボによって誕生。京都・新大阪~……

[06:00 8/7]

鉄道トリビア 第416回 線路のバラストはどうやって作られる? 鉄道用に適さない石もある

鉄道線路で、レールやマクラギの下の部分を道床という。道床にはバラストと呼ばれる石が積み上げられている。バラストはどれも似たような形をしているけれども、少しずつ形が違う。似たような石を採取しているの……

[08:00 8/5]

相鉄20000系、新型車両の第1編成が到着 - 山口県から神奈川県へ約950km輸送

相模鉄道は4日、新型車両20000系の第1編成が車両センターに到着したと発表した。日立製作所笠戸事業所で製造された第1編成は、山口県から神奈川県まで約950kmを移動。JR相模線を経由し、厚木操車場から事業用車 ……

[20:55 8/4]

画像で見るニュース

新着記事

一覧

近鉄「青の交響曲」9月で1周年、懸賞プレゼントやお得なツアーなど記念企画

近畿日本鉄道は観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」運行開始から9月10日で1周年を迎えることを受け、懸賞プレゼントや記念入場券発売などの記念企画を実施する。9月中にお得な「青の交響曲」運行開始1周年記念ツアーも催行され、1周年を記念した車内販売メニューやグッズも登場する。

[19:10 8/18]

東急東横線90周年、5050系に旧5000系「青ガエル」塗装 - 欅坂46とコラボも

東急電鉄は東急東横線が8月28日で開通90周年を迎えることを記念し、8月27日から1年間にわたって「東横線開通90周年記念イベント」を展開する。東横線の昔の情景を懐かしんでもらうため、緑の塗装と丸みを帯びた外観で「青ガエル」の愛称で親しまれた旧5000系の塗装を5050系(8両編成)に再現する企画などが実施される。

[18:49 8/18]

JR各社、お盆含む夏季期間の利用状況は? 「山の日」含む3連休に多くの利用

JRグループ6社は18日、お盆期間(8月10~17日)を含む夏季期間(7月21日から8月17日まで)の新幹線・在来線の利用状況について発表した。JR北海道を除く5社が下りのピーク日を8月11日(東海道新幹線は8月10日)と発表するなど、「山の日」を含む3連休にとくに多くの利用があったという。

[18:23 8/18]

鉄道ニュース・プラス 第3回 JR東日本「トランスイート四季島」札幌にも来ている、ただし回送

今年5月にデビューしたJR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE(トランスイート)四季島」。月曜日に上野駅を出発する3泊4日コースでは、2~3日目に北海道へ乗り入れ、室蘭本線登別駅まで運行されることが公式サイトなどで紹介されている。鉄道ファンらの間では、札幌方面へ回送列車として走ることも知られている。

[20:00 8/15]

鉄道なんでもアンケート 第7回 新幹線・特急列車で移動、車内では何をして過ごす?

新幹線や特急列車を利用した鉄道の旅は、自分で運転する必要がなく快適だが、移動時間が長いと逆に退屈してしまうことも。皆さんは電車内でどんなことをして過ごしているのだろうか。今回はマイナビニュース会員852名のうち、「鉄道旅行をしたことがある」と答えた515名に、移動中どんなことをして過ごしているのか聞いてみた。

[07:00 8/14]

「JR総持寺駅」JR西日本、JR京都線新駅の駅名を決定 - 開業予定は2018年春

JR西日本は8日、JR京都線(東海道本線)摂津富田~茨木間で2018年春に開業予定の新駅の駅名を「JR総持寺駅」に決めたと発表した。総持寺は西国三十三所第22番札所として知名度があり、駅周辺の地名ともなっていることから、「場所がイメージしやすく、わかりやすい名称である」(JR西日本)として駅名に採用された。

[21:18 8/9]

伊豆急行「THE ROYAL EXPRESS」運行開始記念撮影会は8/27開催、100系も登場

伊豆急行は8月27日、新たな観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の運行開始を記念した撮影会を伊豆高原駅構内で開催する。100名限定の有料撮影会と、無料で誰でも参加できる撮影会の2部制で実施する。「THE ROYAL EXPRESS」をはじめ、「リゾート21」の各車両や100系電車も撮影できる。

[22:11 8/8]

相鉄、現役の事業用車モヤ700系を使用する「第2回電車運転体験会」9/16開催

相模鉄道は9月16日、相鉄厚木線の厚木操車場にて「第2回電車運転体験会」を開催する。5月に実施した第1回の運転体験会と同様、事業用車として現役で活躍しているモヤ700系を使用した運転体験ができる。乗務員と同じ上着と制帽を着用し、厚木操車場構内の構内線約300mを2度往復運転。運転体験終了後には修了証の授与と記念撮影を行う。

[21:53 8/8]

養老鉄道「ねこカフェ列車」即日満員に! 保護された猫たちが乗車、9/10運行

養老鉄道は9月10日、列車の中で子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」を運行する。「こねこカフェ Sanctuary」と提携した企画で、当日は同店が保護した猫のうち、乗り物や人に慣れた猫を厳選して乗車させる。列車の中を猫カフェとして開放するのは全国でも例がなく、初の試みだという。

[21:36 8/8]

JR北海道、石原裕次郎記念館閉館を前に収蔵品の一部を小樽市内3駅に展示へ

JR北海道は石原裕次郎記念館(北海道小樽市)が8月末で閉館するのにともない、小樽市内の3つの駅で8月24日から9月3日まで石原裕次郎ゆかりの品を展示する。小樽駅では「裕次郎ホーム」と名づけられた4番線ホームに直結する小樽駅ステーションギャラリーに同記念館の収蔵品の一部を展示し、「裕次郎メモリアルルーム」として公開する。

[22:43 8/7]

鉄道なんでもアンケート 第6回 新幹線の座席、一番人気は「指定席の2人席(窓側)」4割近くが選択

お盆が近づき、帰省や旅行で新幹線を利用するという人も多いのではないだろうか。新幹線の車内で快適に過ごすためには、座席選びも大事なポイント。窓側か通路側か、あるいは指定席か自由席かで悩む人もいるかもしれない。今回はマイナビニュース会員422名に「新幹線に乗車する際、最もよく選ぶ座席」はどこか聞いてみた。

[07:00 8/6]

JR東日本「上越新幹線開業35周年記念号」10/14運行、新潟駅から車両基地へ

JR東日本新潟支社は上越新幹線開業35周年を記念し、E2系による旅行商品専用団体臨時列車を10月14日に東京~新潟間で運行する。団体臨時列車は「上越新幹線開業35周年記念号」の列車名で、東京駅を7時28分に発車。9時35分に新潟駅に到着した後、ツアー参加者を乗せたまま当日一般公開している新潟新幹線車両センターまで走行する。

[18:30 8/4]

JR北海道「北海道新幹線ちょい乗りパック in 木古内」函館駅から気軽に往復

JR北海道函館支社は、函館~木古内間で北海道新幹線と道南いさりび鉄道の乗り比べができる旅行商品「北海道新幹線ちょい乗りパック in 木古内」を発売した。北海道新幹線と道南いさりび鉄道への乗車がセットとなり、「はこだてライナー」を利用すれば函館~新函館北斗~木古内間を三角形のようなルートで一巡することが可能だ。

[18:05 8/4]

JR東海、東海道新幹線の車両検修データ管理システムを2019年4月にも統合へ

JR東海は2日、東海道新幹線における車両検修データを管理する2つのシステム(仕業検査・交番検査・台車検査を管理するシステムと全般検査を管理するシステム)を2019年4月にも統合すると発表した。統合後は車両の走行中に得られるデータに加え、車両に関するすべてのデータも一元的に管理する。

[19:45 8/3]

JR東海、東海道新幹線の車内でヤマハ「おもてなしアプリ」実証実験を開始へ

ヤマハとJR東海はこのほど、ヤマハが開発したスマートフォン向けアプリ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証試験について、従来の東海道新幹線駅構内に加えて東海道新幹線車内でも開始すると発表した。自動放送を対象とした実験をN700系2編成で実施し、その他の一部列車で肉声放送を対象とした実験を行う。

[19:24 8/3]

JR東海が「総合研修センター」で親子向け1日体験研修特別ツアー - 10月開催

JR東海は「親子で楽しむ新幹線」企画の一環として、運転士や車掌の養成などを行う総合研修センター(静岡県三島市)での1日体験研修を10月28・29日に開催する。各旅行会社から旅行商品として発売される。総合研修センターでは、新幹線・在来線の両方に関する見学と体験が可能。参加者にはツアー限定の研修終了証をプレゼントする。

[19:16 8/3]

道南いさりび鉄道、冬をイメージした新塗色車両が登場「道南の四季」そろう

道南いさりび鉄道はこのほど、白を基調とした新塗色車両の運行を開始した。白色塗装車両は他のカラーリング車両と同様、側面の帯が函館山のシルエットになっているデザイン。冬をイメージしたカラーリングの登場で、同社が計画していた「道南の四季」をイメージした全5色の車両色が出そろった。

[18:01 8/3]

JR西日本「SLやまぐち号」9~12月はC57形・D51形・C56形が牽引、重連運転も

JR西日本は2日、「SLやまぐち号」を牽引する蒸気機関車について発表した。9~12月に開催される「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」(山口DC)期間中、蒸気機関車C57形を中心に、11月25日にD51形の復活運転、11月26日にC57形・D51形による重連運転も実現。12月にC56形の牽引による運行も予定されている。

[11:14 8/3]

JR西日本、ラッピング列車「ふるさとおこし8号」登場へ - 山陽本線など運行

JR西日本岡山支社は8月2日から、「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピング列車に新たな編成を加え、「ふるさとおこし8号」として運行開始した。「ふるさとおこし8号」は2018年7月末頃まで、山陽本線、赤穂線、伯備線、瀬戸大橋線、宇野みなと線、福塩線で運行されるという。

[11:10 8/3]

JR西日本、山陰本線観光列車「○○のはなし」運行初日におもてなしイベント

JR西日本と長州路観光連絡会は2日、山陰本線の新観光列車「○○のはなし」の運行開始にあたり、初日に開催するおもてなしイベントと、8~9月に実施予定の車内イベントについて発表した。8月5日から新下関~東萩間(下関経由)で運行開始。全車指定席の快速列車として、土休日に1日1往復の運行を予定している。

[21:28 8/2]

新京成電鉄・ふなっしーコラボ企画の第2弾、三咲駅が「みさっきー」駅に!?

新京成開業70周年とふなっしー地上降臨5周年のコラボレーション企画の第2弾として、8月1日から新京成線三咲駅をふなっしーで装飾し、一部看板など駅名表記も「みさき」から「みさっきー」に入れ替えた。駅や車内で「ふなっしー」による放送も始める。駅や看板の装飾、ふなっしーの音声放送はいずれも9月30日まで。

[19:15 8/1]

「東急線アプリ」に新機能、混雑時の入場規制情報や車両ごとの混雑度も表示

東京急行電鉄はスマートフォン向け「東急線アプリ」に入場規制や車両混雑度情報の表示をはじめとした新機能を追加すると発表した。入場規制情報は、荒天による大幅な遅延などが発生してホームなどが混雑し、駅への入場が規制されている場合、もしくは規制が予想される場合にアプリ内に表示する業界初のサービスだという。

[18:53 8/1]

「渋谷スクランブルスクエア」渋谷駅直結・高さ230m大規模施設の名称が決定

東京急行電鉄、JR東日本、東京メトロは1日、渋谷駅街区開発計画の施設名称を「渋谷スクランブルスクエア」に決定し、オフィス・商業施設のリーシングを開始すると発表した。第I期として2019年度に開業予定の東棟は高さ約230m、地上47階建て。高層部にハイグレードオフィス、中低層部に大規模商業施設を備える。

[16:27 8/1]

JR四国「鉄道ホビートレイン プラレール号」運転体験付きツアー、11月開催

JR四国はこのほど、予土線観光列車「鉄道ホビートレイン プラレール号」(キハ32形)の運転体験ツアーを11月に実施すると発表した。会社発足30周年と、伊予西条駅に隣接する「鉄道歴史パーク in SAIJO」の10周年を記念した企画で、愛媛県西条市とのタイアップにより実施される。

[14:39 8/1]

JR九州、久大本線は2018年夏めどに早期復旧へ - 日田彦山線の復旧は検討中

JR九州は「平成29年7月九州北部豪雨」による久大本線・日田彦山線の被害状況と今後の見込みについて発表した。久大本線は2018年夏をめどに早期復旧をめざすとのこと。日田彦山線については「復旧には相当の期間を要する見込み」とされている。久大本線・日田彦山線の8月1日以降の運転計画についても発表された。

[14:16 8/1]

JR九州「ななつ星 in 九州」久大本線不通でルート大幅変更 - 8/22運行再開

JR九州は31日、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の8月以降の運行および一部ルート変更について発表した。「平成29年7月九州北部豪雨」の影響で久大本線光岡~日田間が運転見合わせとなったことから、同列車が運行開始する8月22日以降、3泊4日コース・1泊2日コースともにルートを大幅に変更しての運行となる。

[12:39 8/1]

鉄道ニュース週報 第81回 引退間近のJR東日本107系は「サンドイッチ列車」…誰が言った?

JR東日本の通勤形電車107系が9月に定期運行を終える。報道発表では「『サンドイッチ列車』の愛称でも親しまれた」と紹介され、本誌を含む各メディアもそのまま報じた。しかしネット上では「初耳だ」「誰が言ったの?」との声も見かけた。なんだかモヤモヤする案件だ。はっきりさせたい。JR東日本高崎支社に聞いてみた。

[07:00 8/1]

JR土讃線トロッコ列車「志国高知 幕末維新号」坂本龍馬ら志士達をデザイン

JR四国は31日、土讃線トロッコ列車「志国高知 幕末維新号」のデザインを公開した。キハ185系・キクハ32形の2両編成に特別ラッピングを施し、坂本龍馬ら幕末維新を彩る歴史群像をデザインした車両となる。9月23日から土讃線高知~窪川間で運行開始し、同日に高知駅で出発式が行われる予定となっている。

[19:52 7/31]

京阪電気鉄道、快速特急「洛楽」の停車駅5駅で発車メロディをリニューアル

京阪電気鉄道は31日、快速特急「洛楽」の発車メロディのリニューアルを発表した。8月3日から淀屋橋駅・天満橋駅・京橋駅、8月5日から三条駅・出町柳駅で導入される。向谷実氏に制作を依頼し、「つなげて聞くと1つの曲になるコンセプトは引き継いだまま、『洛楽』が持つノンストップの快適性を表現しています」とのこと。

[17:26 7/31]

鉄道なんでもアンケート 第5回 新幹線・特急列車の移動、乗車時間の目安は? 9割が4時間以内選ぶ

旅行などで移動する際の交通手段として、新幹線や特急列車を利用する人も多いと思うが、乗車時間の目安はどのくらいだろうか。乗車時間が短すぎるとつまらないと感じてしまうし、長すぎても退屈してしまうかもしれない。今回はマイナビニュース会員422名に「新幹線や特急列車を利用する際の乗車時間」について質問してみた。

[07:00 7/30]

バックナンバー

このカテゴリーについて (旅と乗りもの>鉄道)

 トップへ
JRや、京急、西武、小田急、東武、京王などの私鉄も含め、最新車両や鉄道に関する耳寄り情報、さらにトリビアなどを徹底紹介。関東のみならず、阪急や南海など関西の鉄道会社や九州の或る列車やゆふいんの森などの観光列車のレポートもお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事