マイナビニュース | 旅と乗りもの | 鉄道

関連キーワード

注目記事

一覧

鉄道ニュース週報 第97回 JR北海道「単独では維持することが困難な線区」諦めムードも漂う

JR北海道が「当社単独では維持することが困難な線区」について報道発表を行ってから1年が経過した。そのせいもあってか、先週はJR北海道の路線維持に関する報道が多かった。北海道のリーダーシップへの期待も薄 ……

[17:00 11/23]

「拝島ライナー」西武新宿~拝島間、40000系で2018年春デビュー!

西武鉄道は20日、西武新宿~拝島間に有料座席指定列車「拝島ライナー」を導入すると発表した。新型通勤車両40000系のロング・クロスシート転換車両を使用し、夕方・夜間の下り列車として2018年春から運転開始す ……

[17:29 11/20]

鉄道トリビア 第431回 「キヨスク」は日本で作られた造語、JRグループのみ存在する

「キヨスク」といえば「駅の売店」として認知されている。しかし、近年は駅の売店にコンビニエンスストアが参入しているせいか、「駅売店」「駅のコンビニ」などの呼び方が広まっているようだ。もはや死語になり……

[08:00 11/18]

鉄道ニュース週報 第96回 JR日田彦山線の復旧費用70億円 - 廃止か上下分離か

今年7月の九州北部豪雨で壊滅的な被害を受けた日田彦山線について、JR九州は自力復旧しない方針を表明した。今後は他の交通手段に代替するか、鉄道復旧ならば沿線自治体に支援を求めていくという。鉄道復旧のカ ……

[07:00 11/16]

都営浅草線新型車両5500形を初展示「都営フェスタ2017」12/9開催

東京都交通局は14日、「都営フェスタ2017 in 浅草線」の開催について発表した。東京都交通局馬込車両検修場にて12月9日10~14時(最終入場13時30分。雨天決行・荒天中止)に開催され、車両撮影会では都営浅草線の ……

[20:34 11/14]

鉄道トリビア 第430回 伊予鉄道に、特典の大観覧車の正規料金より安い一日乗車券がある

鉄道事業者のフリー乗車券の中には、沿線施設の割引やちょっとしたプレゼントが付くサービスもある。おもに観光客向けに販売されるからだろう。複数の割引制度を活用すると、きっぷ代の元が取れる場合もある。と……

[08:00 11/11]

鉄道ニュース週報 第95回 小田急電鉄の新ダイヤ、種別ごとに変更点をまとめると…

11月1日に発表された小田急電鉄の新ダイヤは盛りだくさんの内容だった。代々木上原~登戸間の複々線化の完成で速達列車のスピードが上がり、各駅停車も含めて列車増によって混雑が緩和され、着席機会も増える。 ……

[07:00 11/9]

鉄道トリビア 第429回 線路が分断され、直通列車を運行できない路線がある

線路が分断された路線といえば、まず信越本線が思い浮かぶ。北陸新幹線が長野駅まで開業した際、難所だった碓氷峠区間が廃止された。線路が途切れてしまったから直通列車を運行できない。同一路線として扱い、路……

[08:00 11/5]

鉄道ニュース週報 第94回 「JTB時刻表」入社2年目の担当者が描いた"新しい地図"の出来は?

10月25日に発売された「JTB時刻表」11月号から、索引地図が新しくなった。なんと50年ぶりの全面刷新、白紙状態からの描き直しだという。私鉄も含めて全駅掲載、地形の変形ぶりも大胆だ。JTBパブリッシングによる……

[09:00 11/4]

小田急電鉄が新ダイヤ発表 - 通勤時間帯に大増発、2018年3月から

小田急電鉄は1日、都内で新ダイヤ発表の記者会見を行った。2018年3月の代々木上原~登戸間の複々線化工事完成を受け、各駅停車から特急ロマンスカーまで大幅な増発を実施。「大増発で混雑緩和」「所要時間短縮」……

[06:01 11/2]

画像で見るニュース

新着記事

一覧

名古屋モーターショー2017 - 会場に"水戸岡デザイン"連節バスも

「第20回 名古屋モーターショー」の同時開催企画「あいちITSワールド 2017」の「はたらくクルマの展示コーナー」に、岐阜バスの連節バス「OMNIBUS」(水戸岡鋭治氏リ・デザイン車)が展示されている。「第20回 名古屋モーターショー」「あいちITSワールド 2017」はポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)にて11月26日まで開催される。

[21:09 11/23]

近鉄、合格・恋愛・金運を願う3種類の特別な吊り革を車内に設置

近畿日本鉄道は12月1日から、合格・恋愛・金運の3つの願い事を祈願する特別な吊り革を取り付けた列車を運行する。「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」と銘打ったこの企画では、沿線にある8つの社寺の協力を得て、合格祈願吊り革77本、恋愛成就吊り革3本、金運招福吊り革1本の計3種類81本の特別な吊り革を列車内に設置する。

[19:41 11/22]

道南いさりび鉄道「夜景列車」電球の明かりで夜汽車の雰囲気を再現

道南いさりび鉄道は今月末から12月にかけて、照明を抑え、夜汽車の雰囲気を再現した車内から津軽海峡の漁り火や函館市街の横夜景などを鑑賞する「夜景列車」を運行する。2両編成で運行される定期列車のうち、後方の1両のみ上磯~札苅間で照明を蛍光灯から終夜灯の電球に変更。定期列車として運行されるため、通常の運賃のみで乗車できる。

[19:34 11/22]

JR九州「ガチきっぷ」年末年始&来年春に利用可能 - 18~24歳限定

JR九州は21日、18~24歳を対象とした割引きっぷ「ガチきっぷ」を好評につき期間限定で発売すると発表した。冬期の発売期間は2017年11月23日から2018年1月5日まで、利用期間は2017年12月23日から2018年1月8日まで。春期の発売期間は2018年2月1日から3月28日まで、利用期間は春期は2018年3月1~31日となる。

[19:23 11/22]

東急電鉄、池上線旗の台駅を多摩産木材で「木になるリニューアル」

東京急行電鉄は21日、池上線旗の台駅のホーム屋根を木造駅の雰囲気を踏襲したデザインに変更する事業「木になるリニューアル」に今月から着手すると発表した。あわせてホーム待合室などの改修も予定しており、2019年春頃の完成をめざす。着工時期は未定だが、今後は駅舎を改修する予定もあるという。

[19:06 11/22]

JR東日本205系改造「いろは」日光線に来春投入 - 車内は木目調に

JR東日本大宮支社は16日、日光線(宇都宮~日光間)で運行される205系のうち1編成を「観光でご利用されるお客さまにより快適な移動時間をお過ごしいただける車両」として改造し、「いろは」の愛称で「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンに合わせて投入すると発表した。2018年4月1日の運転開始を予定している。

[20:53 11/21]

JR九州、九州新幹線&在来線特急に元日乗り放題のきっぷなど発売

JR九州は21日、正月の初詣・初売りなどの外出に便利な乗り放題きっぷの発売を発表した。元日のみ乗り放題で九州新幹線や在来線特急列車も乗車できる「元日九州初旅きっぷ」、正月三が日の1日乗り放題となる「初乗り! お年玉乗り放題きっぷ」の2種類を用意し、12月1日からJR九州の駅や駅旅行センター、JR九州旅行支店などで販売開始する。

[20:02 11/21]

「元日・JR西日本乗り放題きっぷ 2018」指定席は6回まで利用可能

JR西日本は21日、「元日・JR西日本乗り放題きっぷ 2018」の発売について発表した。2018年1月1日のみ、JR西日本全線と智頭急行線、JR西日本宮島フェリーが乗り放題となる「少し足を伸ばした初詣や年始のご挨拶、日帰り旅行におトクで便利なきっぷ」で、普通車用・グリーン車用を用意し、発売期間は12月11~30日となる。

[16:13 11/21]

「シンカリオン」の声優キャストに佐倉綾音・沼倉愛美・村川梨衣

TBS系全国28局ネットで2018年から放送予定のキッズ向けアニメーション新番組『新幹線変形ロボ シンカリオン』のメインキャラクターを務める声優キャストが20日に発表された。主人公・速杉ハヤトの声を佐倉綾音さん、男鹿アキタの声を沼倉愛美さん、大門山ツラヌキの声を村川梨衣さんが担当する。

[22:45 11/20]

JR東日本、山手線・京葉線など首都圏の各線区で大晦日に終夜運転

JR東日本は20日、首都圏の各線区で大みそかから元旦にかけて終夜運転を実施すると発表した。山手線や京葉線、中央線、京浜東北・根岸線などで終夜運転を行い、年末年始のイベントや初詣、初日の出鑑賞に便利な臨時列車も運転する。首都圏の各線区は12月30日から1月3日まで休日ダイヤで運転するとのこと。

[18:28 11/20]

札幌市電に大泉洋&松田龍平主演『探偵はBARにいる3』ラッピング電車

札幌市交通局は15日から、映画『探偵はBARにいる3』(12月1日公開)のラッピングを施した路面電車の運行を開始した。大泉洋さん・松田龍平さんの写真のほか、映画のロゴやロケ全般を支援した札幌フィルムコミッションのロゴ、札幌市シティプロモート戦略のシンボルマーク「サッポロスマイル」のロゴを装飾。通常の車両と同様に定期運用される。

[21:05 11/19]

鹿児島市交通局、市電の定期運賃値上げ - 2018年1月から実施予定

鹿児島市交通局はこのほど、11月15日付で九州運輸局長宛に軌道事業の旅客運賃の変更認可申請を行ったと発表した。実施予定日は2018年1月1日。改定するのは定期旅客運賃のみで、通勤・通学ともに6.25%の値上げに。現行6,720円の通勤1カ月定期は6,720円から7,140円、現行4,800円の通学1カ月定期は5,100円にそれぞれ値上げとなる。

[21:02 11/19]

JR東日本・東急らベンチャー企業と連携、東北の訪日外国人誘客強化

JR東日本、東京急行電鉄、仙台国際空港の3社は16日、ベンチャー企業と連携し、東北エリアへの訪日外国人旅行者の誘客に向けた新たな取組みを始めると発表した。「Huber.(ハバー)」「WAmazing(ワメイジング)」の2社と連携し、仙台空港や仙台駅を中心とした東北エリアへの訪日外国人誘客強化を図る。

[17:35 11/17]

東京都交通局、都電荒川線と日暮里・舎人ライナーに駅ナンバリング

東京都交通局は16日、都電荒川線(東京さくらトラム)と日暮里・舎人ライナーに駅ナンバリングを導入すると発表した。対象となるのは、都電荒川線の全30停留場と日暮里・舎人ライナーの全13駅。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に備え、訪日外国人旅行者を含むすべての利用者にわかりやすい表示をめざす。

[17:18 11/17]

JR四国「鉄道ホビートレイン プラレール号」青いレールに乗って公開

JR四国は17日、「伊予西条 鉄道フェスタ 2017」の「鉄道ホビートレイン プラレール号」特別公開に関して、見学者がさらに楽しめる内容として「当社の線路をプラレールの青いレールと見なし、その上に鉄道ホビートレイン(プラレール号)を展示します」と発表した。特別公開は11月23日10~16時、伊予西条駅構内(7番線)にて実施される。

[17:09 11/17]

空港第2ビル駅「JR二重改札」解消など「魅力ある成田空港駅」へ

JR東日本千葉支社、京成電鉄、成田国際空港、成田空港高速鉄道は16日、「魅力ある成田空港駅への変身」プロジェクトの進捗状況(中間とりまとめ)を公表した。同プロジェクトのおもな「実施すべき事項」として「空港第2ビル駅のJR二重改札の解消」「成田空港駅及び空港第2ビル駅へのホームドアの整備(検討中)」など3項目が挙げられた。

[21:23 11/16]

神戸電鉄5000系「ハッピートレイン」でクリスマス装飾列車を運行

神戸電鉄は12月1~25日、「HAPPY TRAIN★」(5000系4両編成)に特別装飾を施した「クリスマス装飾列車」を運行する。クリスマスをイメージしたヘッドマークを掲出し、車内には沿線の幼稚園・保育園(所)の自動が書いたサンタクロースへの願い事やメッセージを記したポスターを掲出する。

[21:13 11/16]

東京メトロ24時間券3枚で270円「新春デパート巡り乗車券」特典も

東京メトロは特別デザインの「東京メトロ24時間券」3枚と銀座線沿線の9つのデパートで使用できる特典クーポンが付いた「新春デパート巡り乗車券」を270円で限定発売する。「東京メトロ24時間券」3枚は現行の東京メトロとその前身である帝都高速度交通営団・東京地下鉄道の字紋をそれぞれ取り入れた特別デザインとなる。

[18:25 11/16]

京都鉄道博物館、青函トンネルで活躍するEH800形を1月に特別展示

京都鉄道博物館とJR貨物は15日、北海道の物流を担う機関車と貨車・コンテナを京都鉄道博物館で特別展示すると発表した。展示する機関車は2016年3月に導入された交流電気機関車EH800形。あわせてコンテナ車両コキ107形2両と各種コンテナも展示する。展示期間は1月20~28日となっている。

[18:08 11/16]

黒部峡谷鉄道、旅客運賃・貨物運賃値上げ - 2018年4月1日実施へ

黒部峡谷鉄道は16日、国土交通省へ旅客運賃改定の申請を行ったと発表した。実施予定日は2018年4月1日。旅客運賃は値上げされ、宇奈月~欅平間は現行の1,710円から1,980円(ともに大人片道)に変更される。あわせて貨物運賃の変更も行い、現行の1区間1トンあたり2,600円から3,000円に改定される。

[17:56 11/16]

都電荒川線と京成線都内エリア1日乗り放題「下町おさんぽきっぷ」

東京都交通局と京成電鉄は、「都電一日乗車券」と京成線の都内エリアが1日乗り放題になる「下町日和きっぷ」をセットにした乗車券を12月9日に発売する。この日、両社局主催のイベントが同時に開催(東京都交通局のイベントは都内、京成電鉄のイベントは宗吾車両基地で開催)されることを受け、記念乗車券として企画された。

[17:37 11/15]

「IGR・青い森鉄道開業15周年記念フリーきっぷ」盛岡~八戸間乗り放題

IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道は、12月1日に盛岡~八戸間が開業15周年を迎えることを記念し、盛岡~八戸間が1日乗り放題となる「IGR・青い森鉄道開業15周年記念フリーきっぷ」を11月25日から販売開始する。D型硬券(縦30mm×横88mm)で発売され、12月1日に加え、12月2~31日の土休日にも使用できる。JR線や八戸~青森間は利用できない。

[17:02 11/15]

鉄道総研、鹿の接触事故防止に新手法 - 鹿・犬の鳴き声が効果あり!?

鉄道総合技術研究所は14日、走行する鉄道車両から鹿と犬の鳴き声を流すことで鹿との接触事故を防ぐ手法を開発したと発表した。音声は鹿が仲間に危険を知らせる際に発する甲高く規則的な声(警戒声)と犬が吠える声(咆哮音)を組み合わせたもの。鹿は犬を嫌うことから、約3秒間の警戒声に続いて約20秒間の咆哮音が流れる構成とした。

[16:34 11/15]

神戸電鉄「ディスコトレイン」12/16運行 - 全盛時代の熱気を再現

神戸電鉄は12月16日、ラッピング車両「HAPPY TRAIN」(5000系4両編成)の車内をディスコ風に仕立てた「神戸ディスコトレイン」を運行する。照明と音楽でディスコ全盛時代の熱気を車内に再現。地元FM局の人気DJ、ターザン山下さんを招き、1970~1980年代のダンスナンバーを中心に新感覚のディスコタイムを演出するという。

[20:22 11/14]

山陽電気鉄道「3000号」ラストランへ、引退記念入場券&グッズ発売

山陽電気鉄道は「3000号」(3000系)車両が11月23日で引退することを受け、記念入場券や記念グッズを発売すると発表した。「3000号」は1965年に営業運転を開始。53年間にわたって活躍したが、新型車両6000系の導入にともない3000系を順次引退させる方針により、11月22日をもって通常運転を終了。翌23日のラストランイベントをもって引退となる。

[17:31 11/14]

パナソニックら自動運転車両走行の実証実験 - 鉄道廃線跡を活用

福井県と永平寺町、パナソニックは共同で、旧京福電気鉄道永平寺線の廃線跡「永平寺参ろーど」にて、今年10月から自動運転車両走行の実証実験を進めている。11月17日まで「永平寺参ろーど」の一部で自動運転技術の検証を目的とした実証実験を行い、2018年度には「永平寺参ろーど」全線で自動運転車の走行実験を行う。

[16:26 11/14]

鉄道ニュース・プラス 第7回 JR武蔵野線にE231系が登場 - 4扉車のみ8両編成に

JR東日本が「東京メガループ」と呼ぶ路線のひとつ、武蔵野線では日中時間帯に約10分間隔で各駅停車を運行。府中本町駅から西船橋駅へ、さらに京葉線に乗り入れ(一部列車を除く)、東京駅または南船橋駅・新習志野駅・海浜幕張駅へ向かう。これまで205系・209系で運行されていた武蔵野線の各駅停車に、11月から新たにE231系が加わった。

[22:16 11/12]

東急電鉄6000系、大井町線急行の7両編成化が始まる - 輸送力増強へ

東急大井町線の急行用車両6000系のうち1編成に中間車1両が増結され、7両編成となって大井町線・田園都市線で営業運転を開始している。車体前面の貫通扉に「7CARS」のステッカーも貼られた。大井町線の急行用車両は7両編成へ順次変更され、全編成の7両編成化完了に合わせ、2018年3月にダイヤ改正を実施する予定となっている。

[18:24 11/11]

JR西日本、山口線D51形復活運転で「ナンバープレートを赤に塗色」

JR西日本は10日、山口線で11月25日に行われる蒸気機関車D51形の復活運転と、11月26日に行われるC57形・D51形の重連運転の実施概要について発表した。「本線への復活運転を記念いたしまして、25日・26日の両日は、いずれの機関車ともナンバープレートを赤に塗色して運転いたします」(JR西日本)とのこと。

[20:08 11/10]

都営新宿線大島駅からホームドア設置、都営浅草線で新技術の検証も

東京都交通局は10日、都営新宿線へのホームドア設置開始と、都営浅草線におけるホームドアの検証の実施について発表した。都営地下鉄4路線のうち、ホームドアが設置されていない都営新宿線・都営浅草線でも、ホームからの転落や列車との接触などの事故防止対策としてホームドア整備が進められることになる。

[18:37 11/10]

バックナンバー

このカテゴリーについて (旅と乗りもの>鉄道)

 トップへ
JRや、京急、西武、小田急、東武、京王などの私鉄も含め、最新車両や鉄道に関する耳寄り情報、さらにトリビアなどを徹底紹介。関東のみならず、阪急や南海など関西の鉄道会社や九州の或る列車やゆふいんの森などの観光列車のレポートもお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事