マイナビニュース | 旅と乗りもの | 鉄道

関連キーワード

注目記事

一覧

鉄道ニュース週報 第63回 2階建て新幹線、終焉へ - E4系に引退報道

JR東日本の新幹線車両E4系の全廃が報じられた。2018年以降、E7系へ置き換えられるという。共同通信がスクープし、配信先の新聞社が一斉に報じている。E4系は現役で唯一の2階建て新幹線として「Max(Multi Amenity……

[07:00 3/28]

北海道新幹線、1年目は229万人利用 - 函館市・木古内町など開業効果如実に

JR北海道は27日、北海道新幹線開業後1年間の利用人数が前年の在来線の1.64倍にあたる229万2,000人に上ったとする集計結果を発表した。1日平均では6,300人となり、想定の5,000人を上回った。利用人数の集計は新青……

[19:47 3/27]

東武鉄道、新型車両70000系「SL撮影会」で初公開 - SL「大樹」の試乗体験も

東武鉄道は26日、南栗橋車両管区にて「SL撮影会」を開催した。SL「大樹」の停車・走行シーンの撮影に加え、新型車両70000系や新型特急車両500系「リバティ」などの車両撮影会も実施。特別企画として、東武キッズ……

[18:56 3/26]

ニュートラム新型車両200系、7色すべてそろい「レインボー撮影会」写真44枚

大阪市交通局は25日、南港検車場にてニュートラム(南港ポートタウン線)の新型車両200系7編成による「レインボー撮影会」を開催した。ニュートラム新型車両200系は編成ごとに車体カラーが異なる。今回のイベント ……

[15:21 3/26]

鉄道トリビア 第398回 国鉄時代、旅客列車の時刻表に「お客さんが乗れない列車」も掲載された

書店で販売される月刊の時刻表には、おもに旅客列車が掲載される。鉄道ファンには年刊の貨物時刻表も有名で、通販や鉄道書専門店などで購入できる。つまり「お客さんが乗れる列車」「お客さんが乗れない列車」の……

[08:00 3/26]

東京メトロ日比谷線、新型車両13000系デビュー! 北千住発中目黒行で初運行

東京メトロ日比谷線の新型車両13000系が25日、本格運行を開始した。13000系の第2編成を使用し、「回送」の表示で9時55分頃に南千住駅2番線ホームへ入線。折り返して北千住駅へ向かい、北千住駅10時10分発の中目 ……

[12:20 3/25]

「S-TRAIN1号」元町・中華街駅を発車 - 西武鉄道の新型車両40000系デビュー

西武鉄道の新型通勤車両40000系を使用する有料座席指定列車「S-TRAIN」が25日から運行開始した。元町・中華街駅と飯能駅で出発式、西武秩父駅で到着歓迎イベントが開催される。運行初日の一番列車「S-TRAIN1号」……

[09:01 3/25]

東急大井町線急行、2017年度下期から7両編成に - 4/21ダイヤ改正概要も発表

東京急行電鉄は22日、田園都市線・大井町線・世田谷線で4月21日に実施するダイヤ改正の概要と、朝ラッシュ時における田園都市線・大井町線の混雑緩和施策について発表した。田園都市線は4月21日のダイヤ改正で、……

[20:58 3/22]

鉄道ニュース週報 第62回 JR豊肥本線と南阿蘇鉄道、復旧に向けた取組みが始まる

熊本地震の発生からもうすぐ1年。被災不通区間となっていたJR九州の豊肥本線と南阿蘇鉄道で復旧へ向けた取組みが始まるようだ。豊肥本線はまず肥後大津~立野の復旧をめざす。南阿蘇鉄道立野~中松間の復旧へ向 ……

[07:00 3/22]

JR九州、門司港駅を創建当時の姿に復原へ - 駅全体の供用開始は2019年春頃

JR九州は21日、門司港駅の駅舎復原方針と今後のスケジュールについて発表した。保存修理工事が完了した後の駅舎は創建当時の姿に復原することを基本とし、修理前と同様、駅として使用される。耐震補強工事の実施……

[18:21 3/21]

注目トピックス

画像で見るニュース

新着記事

一覧

あおなみ線、レゴランド・ジャパンの世界観を表現「デザイントレイン」登場

4月1日にグランドオープンを迎える「LEGOLAND Japan」の世界観を表現した「デザイントレイン」(愛称「LEGOLAND Train」)があおなみ線で運行開始し、3月26日に「デザイントレイン出発式」が行われた。あおなみ線では4月1~9日、名古屋~金城ふ頭間ノンストップの臨時列車が毎日運転(土休日は計15本、平日は計3本)される。

[21:00 3/27]

道南いさりび鉄道、キハ40形に濃緑色 - 今後は全5色で「道南の四季」表現へ

道南いさりび鉄道は開業1周年を迎えた26日から、新たなカラーリングを施した車両の運行を開始した。これまでに2両を濃紺色(ながまれ号)、1両を山吹色の塗装に変更しており、今回の濃緑色は3色目。今後、秋をイメージした茶系と冬をイメージした白系の新塗装を追加し、全5色のラインナップで「道南の四季」を表現するという。

[20:37 3/27]

JR九州「九州からありがとうパス」4月に発売 - 九州新幹線も1日乗り放題に

JR九州は九州新幹線を含む特急列車と普通・快速列車の普通車自由席が1日乗り降り自由となる割引きっぷ「九州からありがとうパス」を4月1~22日の期間限定で販売する。「九州からありがとうパス」の名称には、熊本地震の被災地に対し、各地から寄せられた支援や励ましへの感謝の気持ちが込められているという。

[18:03 3/24]

東武鉄道、東武日光駅の観光客向けサービスを拡充 - 手荷物配送サービスも

東武鉄道は23日、駅で預った旅行者の手荷物を宿泊施設に届ける「手ぶら観光サービス」を4月1日から東武日光駅で実施すると発表した。日光市観光協会ならびに東武バス日光との連携による、同駅での観光客向けサービス拡充の一環で実施され、国土交通省認定の常設カウンターとしては栃木県内初の本格実施となる。

[17:42 3/24]

道南いさりび鉄道が開業1周年、記念乗車券セット発売 - 記念の羊かんも発売

北海道の道南いさりび鉄道は、開業1周年を記念し、記念乗車券セットと記念の筒入り羊かんを発売する。道南いさりび鉄道は北海道新幹線の開業と同時にJR北海道から分離された旧江差線五稜郭~木古内間を引き継いだ第3セクター鉄道。北海道新幹線と同じく3月26日に開業1周年を迎える。

[17:28 3/24]

鉄道博物館、体験型の「科学ステーション」と「キッズプラザ」4/27オープン

鉄道博物館(埼玉県さいたま市)は昨年10月から休止していた「ラーニングゾーン」をリニューアルし、4月27日に「科学ステーション」「キッズプラザ」としてオープンする。「科学ステーション」は旧「ラーニングゾーン」の2・3階、「キッズプラザ」は「科学ステーション」の階下となる1階に新設される。

[18:54 3/23]

西武鉄道40000系のNゲージ鉄道模型を3/24発売、吊り革付き - KATOとコラボ

西武鉄道は新型通勤車両40000系の有料座席指定列車「S-TRAIN」が3月25日から運行開始することを記念し、40000系のNゲージ鉄道模型のセットを3月24日に発売する。鉄道模型はKATOから発売される「西武鉄道40000系10両セット 特別企画品」と同じものだが、このセット販売のみ西武鉄道オリジナル紙製スリーブケースが付く。

[18:33 3/23]

西鉄「新型観光列車の導入」「大橋駅への特急停車」など来年度の重点戦略に

西鉄グループは22日、観光・インバウンド需要の取込みや持続可能な公共交通モデルの構築などを柱とする2017年度の事業計画を発表した。新型観光列車の導入に向けた取組みを推進することが明記され、特急の大橋駅停車を実施するほか、福岡中心部におけるBRT輸送体制の構築、都心部・郊外部におけるバス路線再編などを掲げた。

[18:10 3/23]

JR東海、2017年度の重点施策など発表 - N700A(3次車)投入、地震対策も強化

JR東海は23日、N700A(3次車)の投入や地震対策の推進などを含む2017年度の重点施策と関連設備投資について発表した。9月末からサービス開始予定の新幹線の新しいネット予約・チケットレス乗車サービス「スマートEX」の利用促進、超電導リニア技術のブラッシュアップなどにも取り組む。

[17:40 3/23]

京成電鉄「男はつらいよ さくら銅像建立記念乗車券」20駅で2,000部限定販売

京成電鉄は、映画シリーズ『男はつらいよ』の登場人物「さくら」の銅像が柴又駅前広場に設置されることを記念し、設置当日の3月25日に記念乗車券を発売する。「男はつらいよ さくら銅像 建立記念乗車券」の名称で販売され、専用台紙と乗車券3枚のセットで1部1,000円。販売枚数は合計2,000部で、なくなり次第終了となる。

[18:42 3/22]

東京都交通局、都電荒川線の停留場2カ所に副名称 - 愛称案への投票も受付中

東京都交通局はこのほど、都電荒川線の2つの停留場に副名称を設定すると発表した。導入日は3月26日で、熊野前停留場に「首都大学東京荒川キャンパス前」、荒川二丁目停留場に「ゆいの森あらかわ前」の副名称が付く。都電荒川線では、愛称案への投票受付も実施している。

[18:20 3/22]

東急電鉄の新型車両2020系は「sustina S24シリーズ」総合車両製作所が製造

総合車両製作所(J-TREC)は21日、東京急行電鉄の田園都市線向け新型車両2020系の製造を担当すると発表した。同社製ステンレス車両「sustina(サスティナ)」の「sustina S24シリーズ」(車体長20mの4ドア車)の車両となる。2017年度に全30両(10両編成×3編成)を納入予定としている。

[10:57 3/22]

JR西日本、姫路駅「姫路城口(北口)」愛称名制定 - 兵庫県では初、3/27から

JR西日本は21日、姫路駅北口の愛称名として「姫路城口(北口)」を制定すると発表した。駅出入口への愛称名の制定は、兵庫県内では初とのこと。愛称名制定日は姫路城グランドオープンから2年の節目の日となる3月27日。あわせて姫路駅「みどりの窓口」への「Pepper」設置、駅構内案内サイン改良についても発表された。

[16:19 3/21]

北海道新幹線キャラクター、今年も大谷翔平選手を起用 - ラッピング列車も

JR北海道は16日、昨年に続き北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手を北海道新幹線のイメージキャラクターとして起用すると発表した。北海道と東北・首都圏を結ぶ北海道新幹線に大谷選手の力強い投球のイメージをかけた「GO STRAIGHT!」をテーマにビジュアル展開を行う。

[13:07 3/21]

「JR北海道日帰り周遊パス」日曜日限定で快速・普通列車乗り放題、3/26発売

JR北海道は北海道新幹線開業1周年を記念し、日曜日限定でJR北海道全線と道南いさりび鉄道線が1日乗り放題となるフリーきっぷ「JR北海道日帰り周遊パス」を3月26日に発売する。このフリーきっぷを利用できるのは4月9日から6月4日までの日曜日(ゴールデンウィーク期間中の4月30日と5月7日は除く)となる。

[12:56 3/21]

JR北海道、石北本線に臨時快速 - 旭川~北見間で運転、4~9月の週末に設定

JR北海道は17日、旭川発北見行の臨時快速列車を運転すると発表した。4~9月の金・土・日曜日に旭川駅20時0分発・北見駅23時4分着で運転され、途中停車駅は当麻駅・上川駅・丸瀬布駅・遠軽駅・留辺蘂駅・東相ノ内駅・西北見駅。旭川駅で特急「ライラック35号」と接続を図り、遠軽・北見方面から札幌・旭川での滞在時間が拡大される。

[12:29 3/21]

いすみ鉄道「青春28きっぷ」キハ28形にちなみ命名、青春18きっぷとは無関係

いすみ鉄道は19日、500枚限定の「いすみ鉄道開業29周年記念きっぷ」と、急行券付1日フリー乗車券「いすみ鉄道 青春28きっぷ」の2種類のきっぷを発売した。「いすみ鉄道 青春28きっぷ」は、1人で2回、または2人で1回使用できる急行券付1日フリー乗車券。使用日に限り、急行列車の自由席を含むいすみ鉄道の全線に乗車できる。

[17:57 3/20]

相模鉄道、事業用車モヤ700系で初の運転体験会 - 厚木操車場内約300mを往復

相模鉄道は5月3日、事業用車として現役で活躍しているモヤ700系の運転体験会を相鉄厚木線の厚木操車場(神奈川県海老名市)で開催する。モヤ700系は7000系電車を改造した車両で、2006年8月に登場。かしわ台駅にある電車基地内の入換えや架線観測などの作業用車両として4両1編成で運用されている。

[16:56 3/20]

「西武 旅するレストラン 52席の至福」乗車記 - 車内でおいしい食事味わう

西武鉄道の車両4000系をリメークし、昨年4月にデビューした「西武 旅するレストラン 52席の至福」。車内ではおいしいコース料理が食べられることが話題となり、予約客が殺到しているという。このほどプレス向けツアーが企画され、「52席の至福」に乗車することができたのでレポートしたい。

[10:37 3/19]

西鉄9000形、新型車両デビューを前に試乗会 - 西鉄福岡(天神)~筑紫間走行

西日本鉄道は18日、天神大牟田線に導入する新型車両9000形の試乗会を実施した。3月20日から運行開始する新型車両9000形は、2016年度に計10両(3両編成×2編成、2両編成×2編成)、2017年度に計8両(3両編成×2編成、2両編成×1編成)を導入。おもに急行・普通で運用される予定となっている。

[19:09 3/18]

JR九州783系「ハウステンボス」オレンジのリニューアル車両が博多駅を出発

JR九州は18日、博多駅にて特急「ハウステンボス」783系リニューアル車両の運行開始出発式を実施した。特急形電車783系を水戸岡鋭治氏のデザインでリニューアルし、オレンジを基調とした外観、ぬくもりのある木をふんだんに使用した内観が特徴の車両に。運行初日は下り「ハウステンボス91号」、上り「ハウステンボス96号」に使用される。

[10:16 3/18]

鉄道トリビア 第397回 駅の売店で販売された「路線図入りの回数券」で電車に乗れなかった理由

電車やバスの回数券は、私たちの暮らしに根づいた割引きっぷだ。毎日は乗らないけれど、通院や買い物などで週に2~3回、電車やバスを利用するときなどに使われている。しかし、1960年代の東京の駅で、電車に乗れない回数券が販売されていた。入場券でもなかった。どんな回数券かというと……。

[08:00 3/18]

鉄道博物館、3/18から春休みイベント - DD13形式ディーゼル機関車など展示

鉄道博物館(埼玉県さいたま市)は春休みのイベントとして、3月18日から「満喫! 春のてっぱく ~いよいよリニューアル、始まりました~」を開催する。DD13形式ディーゼル機関車の展示を開始するほか、3月19・20日は「リゾートしらかみ ブナ編成」が展示されるなど、多数の催しが用意された。

[19:58 3/17]

東急田園都市線2020系、新型車両は「これまでにない新しさ」2018年春導入へ

東京急行電鉄は17日、田園都市線に新型車両2020系を導入すると発表した。「2020年の東京オリンピック、さらに2020年の当社創業100周年に向けて、田園都市線により親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすることを目的に命名」したという。2018年春に30両(10両編成×3編成)導入し、その後も順次導入予定としている。

[19:37 3/17]

JR西日本、遠隔セキュリティカメラ運用拡大 - 西明石駅・天王寺駅などにも

JR西日本は15日、ホームにおける安全対策とテロへの警戒を目的とした「遠隔セキュリティカメラ」を西明石駅・天王寺駅・鶴橋駅の3駅に順次導入すると発表した。係員は画像を確認し、危険性があると判断した場合はその駅に連絡して現場対応を行うように手配する。あくまでも通常と異なる人の動きを検知するもので、個人の特定は行わない。

[06:30 3/17]

南海電鉄「コスプレおもてなしラピート」3/18運行 - コスプレイヤーら乗車

南海電気鉄道は3月18日、コスプレイヤーらが乗車する列車「コスプレおもてなしラピート」を運行する。3月19日に大阪・日本橋で開催される日本有数のコスプレイベント「日本橋ストリートフェスタ2017」のPRの一環で行われ、定期列車として運行される特急「ラピートβ36号」を使用する。

[23:33 3/16]

西武鉄道、マレーシア鉄道公社と姉妹鉄道協定を締結へ - 相互に誘客を図る

西武鉄道は14日、マレーシア鉄道公社(KTMB)と姉妹鉄道協定を結ぶと発表した。3月20日にマレーシアのクアラルンプールにて調印式を行う。西武グループが全国各地に保有している施設に、これまでにも増して訪日外国人旅行者を取り込むことで、グループ全体の企業価値向上をめざすねらいがあると説明している。

[20:38 3/16]

阪神電気鉄道、5700系ブルーリボン賞受賞記念スタンプラリーを3/17から実施

阪神電気鉄道は5700系のブルーリボン賞受賞を記念し、受賞記念看板のレプリカがもらえるスタンプラリーを17日から実施する。昨年10~12月にかけて実施した「JET-SILVER5700(ジェット・シルバー5700)スタンプラリー」が好評だったことから、第2弾として企画された。期間は3月17日から5月31日まで。

[20:24 3/16]

大井川鐵道「きかんしゃトーマス号」「ジェームス号」2017年は76日間運転!

大井川鐵道とソニー・クリエイティブプロダクツはこのほど、2017年度の「きかんしゃトーマス号」の運転スケジュールを発表した。「Day out with Thomas 2017」と銘打ち、6月17日から10月9日まで週末や夏休み期間を中心に76日間運転する。運転区間はどちらも新金谷~千頭間で、料金(片道)は大人3,000円・こども1,500円。

[19:29 3/15]

東京メトロは乗降ドア上部、都営地下鉄は天井 - 全車両に防犯カメラ設置へ

東京メトロと東京都交通局は14日、両者の地下鉄車両すべてに防犯カメラを搭載すると発表した。駅構内の監視カメラや駅係員・警備員による巡回などのセキュリティ対策にもかかわらず、吊り革の盗難や座席シートのいたずら、迷惑行為などの犯罪行為がたびたび発生。あわせてテロ対策強化の必要性もあることから、設置を決めたとしている。

[19:06 3/15]

バックナンバー

このカテゴリーについて (旅と乗りもの>鉄道)

 トップへ
JRや私鉄など鉄道に関する最新情報や耳寄り情報、さらにトリビアなどを徹底紹介。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事